January 19, 2009

イギリスの「アーツ & クラフト」と日本の「民芸運動」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Blackwell 1312月24日湖水地方、ウィンダミア湖畔に立つ「ブラックウエル館(Blackwell)」を訪れました。産業革命で財をなしたエドワード・ホルトがM.H.ベイリー・スコット(Mackay Hugh Baillie Scott 1865-1945)に設計を依頼、1900年に完成した館です。

ベイリー・スコットは世紀末を背景とする芸術潮流:「アーツ & クラフト運動」の一翼を担う建築家でした。

Blackwell design.ウィリアム・モリス(William Morris, 1834 - 1896)は、産業革命で大量生産された商品があふれ、一方ではかつての職人は工場労働者に没落、彼らの手仕事に依って創り出されたものが衰退して行く状況を危惧、「生活と芸術の統一」を目指す芸術運動を興します。

M.H. ベイリー・スコットも彼の意志を建築分野で継承、後にフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright 1867 - 1959)にも大きな影響を与えることになります。建築分野にとどまらず、あらゆる生活用具において「アーツ & クラフト運動」が見られ、その後の「アール・ヌーボー」に引き継がれることになります。

一方の日本。日清戦争(1894 - 1895)に勝利したものの、来るべき日露戦争(1904 - 1905)に備えねばならず、芸術運動どころではなかったのでしょう。やっと余裕が出て、落ち着いてきた時代、1926年(大正15年)、柳 宗悦(やなぎ むねよし 1889 - 1961)は民衆の生活に欠かせない、陶磁器、漆器、木工品、織物等の日用雑貨、朝鮮李王朝時代の白磁、家具を評価、純粋芸術(Fine art)でもなく高価な古美術でもない、無名職人による工芸品に美を発掘、「民芸運動」という彼独自の芸術運動を興します。

その協力者の一人が、イギリス人陶芸家:バーナード・リーチ(Bernard Howell Leach 1887 - 1979)で、1909年日露戦争直後、日本の産業革命のまっただ中に、版画家として来日、以降、陶芸を学び、陶芸を純粋芸術ではなく、「日用品としての用を満たす器の形状や触覚」ととらえるに至ります。1920年、彼は日本を離れ、イギリスに製陶所を設立、工房活動に入ります。彼の活動は正に、ウィリアム・モリスの「アーツ & クラフト運動」継承し発展させたのでした。

イギリスの「アーツ & クラフト運動」、そして日本の「民芸運動」、時間差こそあれ、ともに産業革命=大量生産へのカウンター(対抗運動)でした。

柳 宗悦やバーナード・リーチと白洲 正子(1910-1998)との関わりは知りませんが、彼女の夫:白洲 次郎(1902 -1985)はケンブリッジ大学に学び、二人が結婚後、1940年、対米英戦を予期して、東京から離れた田舎(現在の町田市)に古い農家を購入、「武相荘(ぶあいそう)」と名付け、カントリー・ジェントルマンを実践したのは面白いことです。


HKXからのお知らせ


Alpure Hydration Seriese 3 items【お肌にたっぷり水分補給、スイスアルプスの自然派コスメ:ALPURE(アルピュア)!うれしい価格で登場】
【ALPURE(アルピュア)1週間分のお試し用のサンプルをご提供中】


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search