December 18, 2007

ドライスキン 乾燥肌 △修梁从

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカで人気のサイト:Holistic-online。「ドライスキン」、今回はその対処方法を訳してみました。舞台はアメリカですから日本の事情とは異なる部分があるのは仕方がないことでしょう。冬本番の今、乾燥肌にお悩みの方も多いことでしょう。ご参考にしてください。

<<訳文>>
ドライスキンのクレンジングには水道水の使用は避けて下さい。水道水の使用を続けるとお肌をより乾燥させることになります。そして、決してお湯を使ってはいけません。お顔のクレンジングにはミネラルウォーターを使って下さい。ウオッシュクロスを使ってはいけません。その粗い繊維がお肌をヒリヒリ刺激することになります。朝、ミネラルウォーターを植物用スプレーでスプレーして下さい。軽く叩いて乾かして下さい。

ドライスキンにはまんべんなく、そして、やさしいクレンジング、マッサージによる定期的な刺激、豊富な脂分と水分が必要です。加えて次のような注意も必要です。ドライスキンを石けんと水で洗うことは、表面の汚れを落とすだけではなく、お肌を保護する皮脂さえも落としてしまいます。モイスチャライザーは外皮層の水分量を高めることによってお肌をソフトにします。

クレンジングには中性天然石けんを使用して、やさしく洗ってください。一般的に出回っている石けんは使用してはいけません。

入浴やシャワーの後にはマイルドなベビーオイルを塗ってください。お休み前には栄養クリームをでマッサージしてください。小じわ、カラスの足跡が生ずる目の回りには十分にクリームを塗ってください。

強アルカリ性の石けん、洗濯用洗剤(強アルカリ性で乾燥しやすい成分含有)との接触は避けて下さい。

ミネラルウォーターをスプレー、そして薄い皮膜で外気を遮断するモイスチャライザーを使えばお肌の柔軟性も回復します。

朝の洗顔/お肌の若返り
毎朝、入浴前の15分間、以下の材料を混ぜてお使い下さい。
卵黄:1
オレンジジュース:1さじ
オリーブオイル:1さじ
ローズウォーター:数滴
ライムジュース:数滴

ドライスキンの為のビューティマスク 以下の材料を混ぜてお使い下さい。
卵:1個
ハチミツ:1さじ
オリーブオイル:1/2さじ
ローズウォーター:数滴

夜のモイスチャライジング
洗顔後、ミネラルウォーターをパシャパシャと手でかけるか、スプレーしてください。柔らかいタオルで軽く叩いて余計な水分をとり、胸から額のはえぎわまでモイスチャライザーを延ばします。吸収に5分ぐらいかかり(浸透を促進するために暖かいウオッシュクロスを顔やのどの部分を覆うと良いでしょう)、そしてティッシュで余分な水分をとってください。

昼のモイスチャライジング
洗顔後、あなたの(自家製)モイスチャライザーをのど、ほお、目のまわり塗ってください。男性の場合は、シェイビング後すぐにモイスチャライザーを塗り、10分後、もう一度繰り返します。

ミルクバス
1週間に1度ミルク浴をしましょう。お肌に栄養を与えなめらかにします。ほどよい温度の浴槽に250gmのミルクパウダー(粉末乳)を溶かし、1/2さじのアーモンドオイル、数滴のお好みの香水を加えます。ただ浴槽につかり、その健康的な泡があなたのドライスキンに驚くべき効果をはたしている間、ボヤッーとしているだけでよいのです。

唇が荒れたり、剥けたり、ひび割れした場合は、毎夜就寝前、数滴のローズウォーターとライムジュースを加えた少量のミルククリームを付けてマッサージすることが最善策です。口紅を使う前に、柔らかいタオルで剥けた部分を取り除き、生のビートルート(赤かぶ)の一片でこすっておきます。口紅を塗った後に少量のワセリンを塗っておくと、あなたの唇は柔らかくかわいく保つことが出来ます。

お肌の乾燥を防ぐために水分補給に心がけましょう。栄養天然成分のリキッドタイプのモイスチャライザーあるいはフェイシャルオイルを使いましょう。個体あるいはワックス性のモイスチャライジングクリームの使用は避けて下さい。

特に冬場は、あなたの居る環境の加湿に心がけ、加湿器野使用やストーブ(ヒーター)の近くに洗面器一杯の水を置くのがお奨めです。

暖房のすぎた部屋、温度の急激な変化、風や太陽光を避けて下さい。あなたの肌が壊れやすいことをよく覚えておいて下さい。

冷たい風の強い冬場は、効果的な、強力なモイスチャライザーがない場合は外出はだめ。寒気はお肌の水分を蒸発させる原因になります。

風はその進行を加速させるだけです。

夜、クリーミーで泡立ちの良いクレンザーあるいはオイル(ベビーオイルならば完璧)をお使い下さい。ミネラルウォーターでスプレーして付着した汚れを除きます。次いで、少なくとも就寝30分前にナイトクリームを使ってください。もしクリームを塗ってすぐ横になってしまったら、目のまわりのデリケートな組織を膨張させることになります。

週に一度、お肌を清浄化して、くすんで乾いた表層皮膚細胞を除去するためにフェイシャルマスクをお使い下さい。グリーンクレイパウダー小さじ1杯と生ハニー1さじを混ぜ、目の部分を除いて顔全体に塗ります。15分間その状態を保ち、ぬるめのお湯で洗い流します。まだ湿気のある間に天然スキンオイルあるいは液体モイスチャライザーを塗ってください。

もしお肌が荒れていたりひび割れしている場合は、水や必須脂肪酸の摂取を増やしてください。荒れている部分の保湿に心がけ、乾燥の諸要素から保護してください。

指のひび割れ、乾燥には、カレンデュラ(キンセンカ)のクリーム、あるいは、コンフリ(ヒレハリソウ)、ビタミンE、アロエを混ぜたオイルを使ってください。就寝時、手に塗り、その上にビニール製の手袋をはめてお休みください。

タバコを吸ってはいけません。喫煙はいくつかの理由でお肌に有害です。ニコチンは皮膚に張り巡らされた毛細血管血管を含めた全ての血管を収縮させます。それは健康なお肌に不可欠な酸素や栄養素を奪うことになります。

きつい石けん、コールドクリーム、クレンジングクリームを使用してはいけません。クレンジングクリームは硬化油を原料としており、お肌への活性酸素によるダメージを与え、乾燥肌やシワの原因となります。代わりに、ピュアなオリーブオイル、アボカドオイル、あるいは、アーモンドオイルをクレンジングにお使い下さい。そのオイルを軽く叩くように塗り、お湯で洗い流し、柔らかいクロスで拭き取ってください。

入浴やシャワーのお湯は熱すぎてはいけません。

出来るだけ日光を避けて下さい。太陽はお肌へのダメージの多くに関与して、乾燥、シワ、発疹、水疱の原因となります。太陽の下に出なければならない時は、いつも肌が露出するところを全てサンスクリーンで保護するようにして下さい。

HKXからのお知らせアルプスの天然素材から作られたAlpure ハイドレーションシリーズをご紹介します。スキンタイプによって選べる3種類。

Alpure Hydration Seriese 3 itemsエナジャイジングフルード
エナジャイジングクリーム
リソーシングマスク

* リソーシングマスクは【香港BEAUTY PRO AWARD 2007】を受賞しました。

Alpure ハイドレーションシリーズのテスターサンプルのプレゼントを実施しています。ぜひこの機会にお試し下さい。詳しくは → アルプスの源からの水分補給、ALPUREハイドレイション

merry xmas from HKXPdiscount couponHong Kong Expressクリマス・クーポンプレゼント実施中!

原文





How To Care for Dry Skin
Avoid the use of tap water when cleansing dry skin. The deposits are too drying on the skin. And never, ever use hot water.

Use mineral water to freshen your face. Don't use a washcloth-a rough texture can irritate. In the morning, apply a spray of mineral water on your skin misted on with a plant sprayer. (Do not use a sprayer that had been used for spraying
insecticides.) Lightly pat dry.

Dry skin needs plenty of thorough but gentle cleansing, regular stimulation with massage and generous quantities of oil and moisture. It also needs extra careful protection. Washing dry skin with soap and water not only removes  but also the natural oils protecting the skin. A moisturizer increases the water content of the outer layers of the skin and gives it a soft, moist look.

Use nondetergent, neutral-pH products to cleanse your skin. Avoid using any commercial soap. And always touch your face gently. Double-cleanse with a cream, leaving a light, thin trace of it on the skin after the second cleansing.

Follow a bath or a shower with a mild application of baby oil. Massage your face with home-made nourishing cream every night before retiring. Be generous with the cream in the areas surrounding the eyes where tiny lines and crows feet are born.

Avoid coming in contact with highly alkaline soaps and detergents like washing sodas and powders which contain highly alkaline and drying ingredients.

Moistening with water, then applying a thin film of air-excluding moisturizer, restores the suppleness of the dry skin.

Morning Skin Cleanser/Rejuvenator
Every morning 15 minutes before taking your bath

    1 egg yolk
    1 teaspoon orange juice
    1 teaspoon olive oil and
    few drops of rose water
    few drops of lime juice

Mix the above ingredients together and apply on your skin.

Beauty Mask for Dry Skin
    1 egg
    1 teaspoon of honey,
    1/2 teaspoon of olive oil and
    few drops of rose water

Mix the ingredients thoroughly and use as a mask.

Night Moisturizing
After you clean and tone your skin, apply a splash of water or a water-misting. Pat almost dry with a soft towel, then smooth moisturizer from bosom to hairline. Allow five minutes for immediate absorption (cover your face and throat with warm washcloths to hasten penetration), then blot off any excess moisturizer with a tissue.
Men can skip the toner but should moisturize the delicate skin around the eye area.

Day Moisturizing
Apply a touch of your natural moisturizer over the freshly cleansed, toned, and dampened skin on your throat, cheeks, and around your eyes. Men should follow a two-step process. Apply moisturizer immediately after shaving. Wait ten minutes. Then moisturize again.

Milk Bath
Once a week take a milk bath. It will nourish and smoothen your skin. Warm your bath water and put in 250 gram of powdered milk, half tablespoon of almond oil and a few drops of your favorite perfume. Then just lie in it and let your mind wander while the wholesome foam works wonders on your dry skin.

If your lips chap, peel or crack then the best remedy is to massage them with a little cream of milk to which a few drops each of rose water and lime juice has been added every night before going to bed. Before applying lipstick, use a soft piece of towel for removing rough bits of chapped skin and rub a piece of raw beetroot gently on them. After applying lipstick add a little vaseline to keep your lips soft and pretty.

Moisturize your skin after cleansing to keep it from drying out. Use a liquid moisturizer or facial oil that contains nutrients and other natural ingredients. Avoid solid, waxy moisturizing creams.

Use a humidifier (or even a pan of water placed near a radiator) to humidify your environment, especially in winter. This helps to reduce the amount of moisture lost from the skin through evaporation.

Stay out of overheated rooms; avoid sudden changes in temperature; protect yourself from wind and sun. Remember, your face is fragile.

If you don't have a good, strong moisturizer on your face on a cold, windy winter day, don't go out! Cold will cause any moisture on your skin to evaporate. The wind will just accelerate the process.

At night, use a very creamy cleanser or oil (baby oil is perfectly all right). Remove residue with a spray of mineral water.

Follow up with a night cream applied at least a half-hour before retiring. If you lie down immediately after applying cream, it will "puff-up" delicate tissues around the eyes.

Once a week, use a facial mask to clarify the skin and remove dull, dry surface skin cells. Blend together well 1 teaspoon

green clay powder and 1 teaspoon raw honey. Apply the mixture to your face, avoiding the eye area. Leave it on for fifteen minutes, then rinse well with lukewarm water. While your skin is still slightly damp, apply a natural skin oil or liquid moisturizer.

If your skin is chapped or cracked, increase your consumption of water and essential fatty acids. Keep any chapped areas well lubricated and protected from the elements.

For cracked, dry skin on the fingers, use calendula cream or oil with comfrey, vitamin E oil, and aloe vera. Apply the mixture to hands at bedtime, then wear plastic gloves overnight.

Do not smoke. Smoking has a harmful effect on the skin for several reasons. Nicotine constricts the blood vessels, including the tiny capillaries that serve the skin. This deprives the skin of the oxygen and nutrients it needs for good health.

Smoking also can make the skin dry and leathery.

Do not use harsh soaps, cold cream, or cleansing creams on your skin. Cleansing creams are made from hydrogenated oils, which can cause free radical damage to the skin, resulting in dryness and wrinkles. Instead, use pure olive, avocado, or almond oil to cleanse the skin. Pat the oil on, then wash it off with warm water and a soft cloth.

Do not use very hot water when bathing or showering.

As much as possible, stay out of the sun. The sun is responsible for most of the damage done to the skin. It causes dryness, wrinkles, and even rashes and blisters. Always apply a good sunscreen to all exposed areas of skin if you must be in the sun.



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search