July 30, 2007

ミー・アンド・ボビー・マギー

このエントリーをはてなブックマークに追加
久しぶりに、正確には30年ぶりに押し入れの奥からギターを引っ張り出しました。ギターを弾くと言っても、ストロークのみ、早い話が、中途半端な伴奏しか出来ません。私の友人はギターが趣味、イントロ→間奏→エンディングと上手く弾きます。ギターの技量には大きな差があるものの、二人の年齢、音楽の嗜好はほとんど同じです。かくしてデュエットは結成されました。…が、しかし、練習はどうするの? 2人の住む場所は全く離れています。そこで、お互いに車で1時間半の、中間点に在るカラオケ店をスタジオ代わりにすることになりました。ボックスに入ると、まず最初にカラオケ装置の電源を切ることから始まるのが不思議なところです。好きな曲はたくさんあっても、自分で演奏出来る曲と出来ない曲があります。その一つにクリス・クリストファーソンが1969年に作った「Me and Bobby McGee」という、皆さんもご存じの(?)曲があります。歌詞が素晴らしく、そのままロードムービーになるほど視覚的です。

クリストファーソンの歌うBobbyはもちろん女性ですが、ジャニス・ジョップリンはこれを男性に変えて歌っています。ジョップリンの「Me and Bobby McGee」は1971年には全米シングル、アルバム両チャート1位に輝きます。その前年、彼女はそのレコーディングを最後に麻薬中毒が原因でこの世を去っています。彼女は圧倒的歌唱力を持つブルース・シンガーでした。残念ながら、彼女の曲を歌うことは不可能です。



オリジナルであるクリストファーソンの曲はあくまでカントリー。彼が一人で歌うのは少々退屈ですが、これなら何とか出来そうです。↓



彼は、ジャニスの死に際し、曲の一節を彼女に捧げたそうです。「サリナス近くの何処かで、彼女を失ってしまった。( "Somewhere near Salinas, I let her slip away." )」 彼女はビッグ・ブラザー & ホールディング・カンパニーのメンバーとして、「サリナス近くの」、南西に20マイルのモンタレーでデビューしたのでした。

〜ケンタッキーの炭坑から カリフォルニアの太陽まで〜
二人の旅は、ロレッタ・リンへの敬意を込めてケンタッキーの炭坑に始まり、スタイン・ベックが生まれ育った地、彼の「エデンの東」の舞台:サリナス近くで終わります。

我々デュエットは今年の暮れまでにはこの曲を含めた何曲かをモノにしようと意気込んでいます。もちろん、ジャニスを目指しているわけではありません。

Support Me: にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ

Visit Us
hkx brand 340-41



ミー・アンド・ボビー・マギー  (ジャニス・ジョプリン)

Busted flat in Baton Rouge, waitin' for a train
And I's feelin' near as faded as my jeans
Bobby thumbed a diesel down just before it rained
It rode us all the way into New Orleans

打ちのめされ バトンルージュで列車を待っていた。
私は元気なく 色あせたジーンズのようだった。
ボビーは親指を立ててトラックを止め 危なく雨から逃れた。
乗せてもらって行く先は ニュー・オリーンズだった。


I pulled my harpoon out of my dirty red bandana
I was playin' soft while Bobby sang the blues, yeah
Windshield wipers slappin' time, I w's holdin' Bobby's hand in mine
We sang every song that driver knew

私はハーモニカを 汚い赤いバンダナから引っ張り出した。
私がそれを低く吹いて ボビーはブルースを歌った。
ワイパーが拍子を取る。 私は片手でボビーの手を握ってた。
私達はいろんな歌を歌った。 ドライバーの知っている歌を。


Freedom's just another word for nothin' left to lose
Nothin',I mean, nothin', hon', if it ain't free, no no

「自由」って 「失うものは何も残ってない」ってこと。
何も 何もなくなってしまう もし自由でなければ。


And feelin' good was easy, Lord, when he sang the blues
You know, feelin' good was good enough for me
Good enough for me and my Bobby McGee

気分が良くなるって簡単なこと 彼がブルースを歌えば。
ねえ 気分が良ければ それで十分 私には。
それで十分だった 私と 私のボビー・マギーには。


From the Kentucky coal mine to the California sun
There Bobby shared the secrets of my soul
Through all kinds of weather, through everything we done
Yeah, Bobby baby kept me from the cold

ケンタッキーの炭坑から カリフォルニアの太陽のもとまで
ボビーに分かち合ってもらった 私の心の秘密を。
いろんな天気もあったし いろんなこともした。
そう ボビーは私を寒さから守ってくれた。


One day up near Salinas, Lord, I let him slip away
He's lookin' for that home and I hope he finds it
But I'd trade all o' my tomorrows for one single yesterday
To be holdin' Bobby's body next to mine

いつか サリナスに近づいたら ボビーが去るのを許すことになる。
ボビーが探し求めているあの家を 私も見つかればいいと思う。
でも取り換えたい 私の明日全部と たった一つの昨日を
そしてボビーの体を私の傍らに寄せていられたら。

(※クリストファーソンの歌では…
The somewhere near salinas, lord, I let her slip away,
She was lookin for the love I hope she'll find,…)


Freedom's just another word for nothin' left to lose
Nothin', that's all that Bobby left me, yeah

「自由」って 「失うものは何も残ってない」ってこと。
「何もない」 ボビーが残してくれたものはそれだけ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search