April 12, 2007

「ラブハーツ, Love Hurts」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gram Parson 皆さんは「ラブハーツ」という曲をご存じですか。どこかの化粧品屋さんもその社名に使われていましたが、日本人的発想の「Love + Heart」は(ぺけ・バツ) 、「Love Hurts」が(まる)です。今の若い世代の方々には古いかも知れませんが、現代音楽が発展したのは60年代〜70年代(前半?)でしょう。ラジオ、それに続くテレビの世界的普及を背景に黄金時代を築きました。エヴァリーブラザーズに始まるこの曲は名曲の一つではないでしょうか。

 個人的にはその昔、The Byrds(ザ・バーズ)解散後、メンバーの一人であったグラム・パーソンとエミルー・ハリスがデュエットで歌う「Love Hurts」が好きです。
その直後にグラム・パーソンは事故で(?)亡くなります。

 YouTube を見ているとキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌って入るではありませんか。それもそのはず、舞台はグラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」、生前グラム・パーソンはキース・リチャードと親交があったとのことです。それにしてもキースの半分酔っぱらって(?)、ノラ・ジョーンズにしなだれかかりながら歌う様に、彼女が迷惑しているように映るのが気になりますが…。「ラブハーツ」が如何に様々な歌手にに歌われて来たかの記録がWikipediaにありましたので訳してみました。

 「Love Hurts(ラブハーツ)」はボードロー・ブライアントにより作曲され、1960年エヴァリーブラザーズによりレコーディングされ、その12月彼らのアルバム:「A Date With the Everly Brothers」でリリースされます。1961年3月、ロイ・オービソンは彼のシングル:「Running Scared」のB面で「Love Hurts(ラブハーツ)」をリリース、1962年にはアルバム:「Crying」にも収録。後にグラム・パーソンはエミルー・ハリスとのデュエットをアルバム:「Grievous Angel」で1974年にリリースされます。エミルー・ハリスは1988年のライブアルバム:「Spyboy」にもこの曲を収録。1975年秋、ハードロックバンド:ナザレスによりロックとして成功を収め、かれらのシングルヒットとなり、1976年始めには「ビルボード・ホット100」において8位に登りつめます。同じ頃、ジム・キャパルディのアルバム:「Short Cut Draw Blood」からのシングルカットはUKチャート5位、世界のチャート上位を占めます。「Love Hurts(ラブハーツ)」はシェールに依ってもアルバム:「Stars」に収録され、後に1991年リリースされたアルバムのタイトルトラックに再レコーディング、再リリースされ、ヨーロッパではシングルでのリリース、彼女の2000年代における再起を証明したもので、これが彼女のさよならツアーでした。1990年、ジョーン・ジェットはアルバム:「The Hit List」に収録。


省略

 2005年、グラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」でキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌う。2006年、ロッド・スチュワートがアルバム:「Still the Same... Great Rock Classics of our Time」にこの曲を収録。

 1975年のナザレスまでは、その歌詞は変わりなく歌われていましたが、以降、オリジナルにある「love is like a stove when it's hot(愛はストーブのようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」は奇妙なことに、「love is like a flame burns you when it's hot(愛は炎のようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」と少々非論理的なものに換えられているようです。その定義からして、「ストーブ」とは違い、「炎」は熱いもの以外のなにものでもなく、オリジナルの歌詞の方がより妥当と言えるでしょう。

Support Me: にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ
Visit Us
hkx brand 340-41


以下原文↓

Love hurts

Love hurts, love scars
Love wounds, and mars any heart
Not tough or stong enough
To take a lot of pain, take a lot of pain
Love is like a cloud, holds a lot of rain
Love hurts......ooh, ooh love hurts

Im young , I know, but even so
I know a thing or two, and I learned from you
I really learned a lot, really learned a lot
Love is like a flame, it burns you when its hot
Love hurts......ooh, ooh love hurts

Some fools think of happiness
Blissfulness, togetherness
Some fools fool themselves I guess
Theyre not foolin me

I know it isnt true ,i know it isnt true
Love is just a lie, made to make you blue
Love hurts......
Ooh, ooh love hurts,ooh, ooh love hurts

I know it isnt true, I know it isnt true
Love is just a lie,made to make you blue
Love hurts......
Ooh, ooh love hurts, ooh, ooh love hurts


"Love Hurts" is the name of a song written and composed by Boudleaux Bryant and recorded by the Everly Brothers in July 1960. It was released that December on the album A Date With the Everly Brothers.

Roy Orbison released Love Hurts as the B-side to "Running Scared" in March 1961. It would then appear as a track on the album Crying, released in May 1962.

The song was later recorded by Gram Parsons and Emmylou Harris for the Parsons album Grievous Angel, which was released in 1974. Emmylou Harris also recorded the song for her 1998 live album Spyboy.

In the fall of 1975, it would be transformed into a highly successful hard-rock ballad by Nazareth. This was the only rendition of the song to become a big hit single, reaching #8 on the Billboard Hot 100 in early 1976.

In October 1975 it was released as a single taken from the album Short Cut Draw Blood by Jim Capaldi, reaching number five in the UK chart, and also charted worldwide.

"Love Hurts" was also released in 1975 by Cher as an album track on Stars, then re-recorded and re-released as the title track for her 1991 album and released as a single in Europe. It was featured on appropriate legs of her three-year 2000s Living Proof: The Farewell Tour.

In 1990 Joan Jett recorded a version of the song on her album The Hit List.

In 1994 Guided by Voices front man Robert Pollard recorded a version of the song with Kim Deal of Pixies fame for the soundtrack to the film Love and a .45.

Swedish singer Stina Nordenstam recorded a 33-second-long version of the song on the 1998 album People Are Strange.

Damien Rice and Lisa Hannigan also recorded a version of this song.

Mexican band Yndio recorded a Spanish language cover of the song using Nazareth's musical arrangement.

Irish singer, Sinead O'Connor, recorded her own version of this song and it was released in the album She Who Dwells in 2003.

Keith Richards and Norah Jones sing the song on the 2005 DVD Return to Sin City, a tribute concert for Gram Parsons.

In 2006 Rod Stewart also recorded a version of the song on his album Still the Same... Great Rock Classics of our Time.

The lyrics of the song remained unchanged on all versions up until Nazareth's 1975 recording, where the original line "love is like a stove/burns you when it's hot" is curiously changed into the considerably less logical "love is like a flame/burns you when it's hot". (A flame cannot by definition be anything other than hot, as opposed to a stove -- hence the original wording makes a lot more sense)


トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by イサオ   November 03, 2011 10:20
あみゅさん コメントをありがとうございました。捜し物が見つかり良かったですね。
私は、ジョーンジェット か ナザレスが歌うこの歌をYoutubeでしか聞いたことがありません。Every Brothers あるいは Gram Parsons and Emmylou Harris、彼等のハーモニーが素晴らしいです。
1. Posted by あみゅ   November 02, 2011 21:15
何年かぶりに聞きたくなり、すごい知りたかった事がわかって 嬉しいです。この曲はジョーンジェット か ナザレスしか知らなかったけど 色んな方が歌っているのだな〜う〜ん知らなかった。 本当はラブハーツの日本語訳を探していたけど 全然英語でもいけますね〜。シンプルだ! 本当に教えて下さりありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search