October 06, 2006

和興「白花油」 〜 アロマセラピー編

このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説

伝説は1927年、シンガポールとペナンにおいて、創始者:Mr Gan Geok Eng(顏玉瑩)が最初の「薬用白花塗り薬」を開発したことに始まります。これが後によく知られる「白花油」です。

Mr Gan Geok Eng, the Founder & Mrs Gan Low Khoon Choo

当時、彼はケーキ屋、パン屋、食料品店を経営する商人でした。当初、「薬用白花塗り薬」はあくまでプライベートなものでした。しかし、親しい友人や近所の人々に人気が出てきたので、彼は商業ベースでの生産・販売を決意しました。「白花油」。文字通り「白い花の油」は彼の大好きな花:スイセンに因んで付けられました。商標である「白花油」は1935年Mrs Gan Low Khoon Choo(顏劉崑珠)によってシンガポールとペナンにおいて登録されています。

シンガポールとペナンにおける成功の後、1951年、彼は巨大な中国人市場と豊かな労働力を持つ香港進出を決意しました。当時としてはユニークな屋外広告を始め、有名オペラ俳優の起用、香港中国商品見本市への参加等、一連のマーケティング・キャンペーンが「白花油」の香港における地位を築きました。

自然が持つ治癒力

「白花油」は、ウィンター・グリーン(冬緑樹)、ユーカリ、ラベンダー、メンソール(はっか)、樟脳等、数種のエッセンシャルオイルをブレンドしたオイルです。ほとんどが天然成分で、フランス、中国、オーストラリアから輸入され、英国・中国薬局方基準に適合しています。

「白花油」の成分及びその効能
●ウィンター・グリーン(冬緑樹): 筋肉痛の緩和
●メンソール(はっか): 頭痛・リューマチ痛・神経痛の緩和。
●ラベンダー: 天然の消毒剤、防虫剤。 日焼けによる熱傷、傷の治癒を促進。

これら効能成分を持つ「白花油」は「手軽で多用途な」治療法として人気を確立しています。

用途:
●風邪による鼻づまりの改善
●消炎・殺菌効果
●頭痛の緩和
●筋肉痛の緩和
●虫さされによるかゆみ止め
●乗り物による酔い止め
●リフレッシシュ効果

〜〜 アロマセラピーについて 〜〜
アロマセラピーは8千年の歴史を持つ自然療法です。19世紀中頃までは、 慢性病、痛み、感染病等全ての治療薬は植物から得られており
、霊的で治癒効果のあるものと信じられていました。その魅惑的な芳香は肉体と精神の調和を再生し、苦痛を緩和し、快楽を強く刺激します。今日、我々はより即効性のある治療薬を使いますが、長い伝統のある天然薬草(ハーブ)には顕著な治癒効果がることが科学的に証明されています。アロマセラピーは古代治癒技術の現代版であるだけではなく、素晴らしい医学であるということでしょう。

近代アロマセラピーの誕生
フランスの化学者、リーン・モリス・ガトフォシーはラベンダーが火傷の治癒効果があることを経験したことを契機にエッセンシャルオイ
ルの持つ治癒効果の研究を始めました。彼はエッセンシャルオイルを皮膚外面に塗ることにより、脳及び神経システムと相互関係にある隣接器官に浸透することが出来るという理論を唱え、新陳代謝・神経・消化器官・内分泌腺に作用するエッセンスを分類しました。「アロマセラピー」という言葉は彼によって名付けられました。

カリスマ的な生化学者、マルガリート・モウリーはエッセンシャルオイルを用いたマッサージ方法を開発し、緊張緩和と皮膚の状態の改善に効果あることを明らかにしました。

パリの有名な医師、ジャン・バルネットは第二次大戦中、傷病兵を治療中にこの昔からあるエッセンシャルオイルの持つ治癒機能を再発見するに至ります。

同時期、ミシェラン・アーシャーはアロマセラピーを総合健康システムとして発展させ、アーシャー婦人は昔からある治癒機能を現代医学をさらに補強するものと信じていました。1950年代、この新しいフランス式マッサージ法は彼女によりロンドンへ移植され反響を呼びました。

古代におけるアロマセラピー
アロマセラピーの歴史ははオランダ人に始まります。考古学者は彼らが植物利用の治療を最初に行った人たちの一人であると信じています

約6万円前のの頭蓋骨がイラクで発見されました。シャーマン:シャンディア4世のもで、ノコギリソウの花粉、ノボロギク等の集積が発見されました。これらの薬草は今も生長し、今でもイラクの人々に使われています。

また、種や古代薬理学者の道具が中央アメリカや北アメリカで発見されています。これらは紀元前3千年前に遡ります。

初期エジプト象形文字による記述によると、古代エジプト人は芳香植物を医薬と宗教の両方の意味で使用しました。最も有名な古代エジプト人の発明は死体保存方法であるミイラ化で、バクテリア発生防止のために死体を溶けた松ヤニで塗り、そして古代神官により処方された防腐作用を持つフランキンセンス(乳香)に浸けた麻布で覆われています。

古代エジプト人が土器の中で薬草を煮沸してそのエッセンスを抽出する方法を考え出したのですが、蒸溜して芳香や治癒成分を抽出する方法を発明したのはギリシャ人でした。

ギリシャの医者、ガレンはその著書:「西洋1500年、医学スタンダードバイブル」において、治療に有効な処方を150種の植物・動物の部位・鉱物・貴石を系統立てて述べています。

ギリシャの哲学者、テオフラストスは真の意味で最初のアロマセラピストでした。彼は思考・感覚・健康におけるあらゆる芳香の効果・影響を分析しました。

ローマ人はギリシャ人から多くの医学知識を学び、彼らは娯楽のために芳香エッセンスを活用しました。紀元3世紀までにはローマは世界の「浴場の都」として知られ、街には1千もの芳香を加える給水施設が広がっていました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


The Legend
 
The legend starts in Singapore and Penang in 1927 when the founder, the late Mr Gan Geok Eng first developed the medicated oil of White Flower Embrocation, commonly known as Pak Fah Yeow. The late Mr Gan used to be a merchant operating confectionary, bakery and provision stores. White Flower Embrocation was initially developed for private use. However, the medicated oil proved to be so popular with family friends and acquaintances that Mr Gan decided to produce it on a commerical basis and offer for general sale. "Pak Fah Yeow", literally meaning "White Flower Oil", was named after his favourite flower, white "Narcissus" daffodil. Trademark relating to White Flower Embrocation was first registered in Penang and Singapore by Mrs Gan Low Khoon Choo in 1935.

Following the initial success in Singapore and Penang, Mr Gan decided to enter into the Hong Kong market in 1951 seeing it as both a potential major market and ideal manufacturing centre with its numerous Chinese inhabitants and readily available labour force. With a series of remarkable marketing campaign including extensive outdoor advertising which was unique in its day, endorsement by well known Chinese opera actors and active participation in the Hong Kong Chinese Products Exhibition (Industrial Trade Fair), White Flower Embrocation successfully built up its market place.

Natural Therapeutic Power 
White Flower Embrocation, commonly known as Pak Fah Yeow, is a blend of several essential oils including wintergreen, eucalyptus and lavender. Other ingredients include menthol and camphor. Most ingredients are natural and all, imported from France, China and Australia, are purchased in compliance with the standards and guidelines set forth by British Pharmacopoeia and Chinese Pharmacopoeia.

Ingredients of White Flower Embrocation Use and Indication

+ Wintergreen oil relieves pain and helps soothe sore muscle
+ Menthol has a cooling effect and is used for treating headaches, rheumatic pains and neuralgia. It may also relieve symptoms of bronchitis, sinusitis and similar condition.
+ Eucalyptus oil is antiseptic in nature. It can be used as a counter -irritant and also provides relief from cold and sinusitis
+ Camphor is a natural analgesic providing relief from pain. It also repels insects.
+ Lavender oil is a natural antiseptic and insect repellent. It is calming and speeds healing of burn and wound.

Owing to the properties of its various ingredients, White Flower Embrocation is positioned as a handy and multipurpose health remedy for minor complaints.

Applications :

+ Provide relief from the stuffed-up feeling associated with cold, catarrh or flu
+ Antiseptic
+ Relieve headache
+ Temporarily relieve muscular pain
+ Stop itching resulted from insect and mosquito bite
+ Good for travel and motion sickness
+ Refreshing 

About Aromatherapy
Aromatherapy is part of a natural healing tradition that is more than eight thousand years old. Before the mid-ninetheenth
century, all remedies for chronic ailments, pain, and infectious disease were derived from plants, which were believed to have spiritual and curative powers. The seductive scent helps restore the harmony between body and mind, mitigating pain and also inspiring pleasure. Though we nowadays tend to take the quicker-acting chemical prescriptions, scientific analysis has shown that natural, time-honored herbal medicines can be remarkably effective. Aromatherapy not only provide us with a contemporary version of an ancient healing art, but is also a significant medical science.

The Birth of Modern Aromatherapy
Rene-Maurice Gattefosee, a French chemist, from an experience in curing his burned hand with lavender, began his research in
the curative powers of essential oils. Gattefosse theorized that the oils would be able to penetrate adjacent organs by externally applying them to the skin which is interrelated with the brain and nervous system. He classfied the ways various essences affect the metabolism, nerves, digestive organs, and endocrine glands. aromatherapy was coined by Gattefosse in 1928.
 
A charismatic biochemist, Marguerite Maury, developed a unique series of massage methods with application of essential oils
and revealed much about its effectiveness to relieve tension and improve skin condition.
 
Jean Valnet, a famous Parisian doctor, had rediscovered the age-old healing properties of essential oils when treating
injured soldiers during World War II.
 
At about the same time, Micheline Arcier further developed Aromatherapy as a total health system and Madame Arcier believes
that the age-old healing techniques could join forces to enhance modern medical practices.

During the 1950s, this new French massage method was transplanted from Paris to London by Madame Arcier, becoming a discreet London sensation.
 
The Ancient Aromatics
The history of Aromatherapy begins with Neanderthal man and archeologists believe they are one of the first users of plant-
based medications.

A nearly sixty-thousand-year-old skeleton was discovered in Iraq, which was a shaman, Shanidar IV. Next to this ancient man some concentrated deposits of pollen from yarrow, groundsel, and grape by acinth were also found. These medicinal plants are still grown and used by Iraqi people today.

Also, some seeds and ancient pharmacologists's tools have been excavated in Central and North America, dating back to 3,000 B.C.

According to early hieroglyphic scripts, Egyptians used aromatic plants for both medical and religious reasons. The most well known Egyptian invention to preserve the dead body in anthropology is mummification whereby the body is covered with molten resin which suppresses bacteria and wrapped with linens soaked in frankincense and myth prescribed as an anti-inflammatory agent by Egyptian priests.

Even though Egyptians initiated the extracting method to collect essences from medicinal plants by heating in clay pot, it was Geek alchemists who invented distillation, a boiling or steaming method to preserve plants' fragrance and healing properties.

Greek physician, Galen, in his famous textbook honored as the Western world's standard medical bible for fifteen hundred years, provided a recipe for healing all ills, which is formulated by 150 plants, animal parts, minerals and precious stones.

Theophrastus was the first true Aromatherapist. He analyzed the effect of various aromatics on thinking, feeling and health.

The Romans actually borrowed medical knowledge from the Greeks, utilized the aromatic essences for pleasure. By 3 A.D., Rome had been known as the world's bathing capital, with one thousand fragrant watering spots spread throughout the city.

 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search