October 2019

October 28, 2019

2019年関西の旅 神君家康伊賀越え<1>

 姉が大阪府枚方(ひらかた)市に住んでいます。桂川(鴨川)・宇治川・木津川の三川が集まって(巨椋池)淀川となり大阪湾にそそいでいます。喫水の浅い千石船(物資運搬船)が大阪湾河口から山崎・石清水、これを経由して木津川まで帆走遡行が出来たのは非常に珍しく、他に例がないのではないでしょうか。大宰府から入った文化・産物は瀬戸内海・淀川という大運河を通って明日香・藤原・平城・平安の都に繋がっていました。枚方は、紀貫之(? - 945)が淀川をさかのぼり、京に向かう途中、「渚の院」のかっての姿をしのんで『土佐日記』にその風景を記しています。

180830_枚方京街道 枚方は淀川の左岸、大阪から京都へ向かう「京街道」の中間地点に位置し、陸上及び河川交通の宿として栄えました。姉は旧街道筋に住む地元のお年寄りから、「本能寺の変(1582)」の時、京から急ぎ帰って来る茶屋四郎次郎と堺から京へ向かう家康一行とが、この辺りで出会い、変事を知った家康の逃避行(「神君家康伊賀越え」)が始まった、という話を聞いたと云います。話としては面白いが、泉州堺から約30キロ、物見遊山の旅にしては家康一行の歩くのが速すぎるし、関連の書物を見ても枚方を家康一行が通ったと記述は何処にも見当たりません。古老の話と史実との矛盾をどう解決すべきか…、解決されないまま、頭の中でくすぶっていました。

 今回も姉弟の話題が「本能寺の変」に至りました。泉州堺に滞在していた家康は、6月2日に京本能寺に参集するようにとの命を受けており、家康と行動を共にする御用商人(戦時には補給・調達を専門とする)茶屋四郎次郎(ちゃや しろうじろう)はその前日、6月1日に家康の堺での日程が終了した旨を信長のもとに報告すべく京へ向かっていました。6月2日、京で変事(2日早暁に発生)を知った茶屋四郎次郎は急遽引き返し、当日、一行に先行して京に向かう本多忠勝(ほんだ ただかつ)と京街道、枚方光善寺辺り(京本能寺から30キロ)で遭遇したのです。古老の伝え聞いていた話とはこれだったのです。
神君伊賀越え
 飯盛(堺から30キロ、枚方光善寺から15キロ)で茶屋四郎次郎の報告を聞いた家康は即刻領地三河への帰国を決意、一行は往来の激しい京街道を迂回して山城国宇治田原に入り、3日には近江国信楽・甲賀、4日には北伊賀から柘植・亀山を抜け、伊勢国白子から舟で、5日には三河大浜に無事帰還したとされていますが、GoogleMapで堺から白子まで153キロ、一日36キロ歩いたと仮定して、4日間で白子に到達することは不可能ではなかったかも知れませんが、白子からさらに三河大浜までの海路50キロがあります。「神君伊賀越え」と称し家康の生涯最大の危機とされていますが、茶屋四郎次郎、服部半蔵手配の伊賀・甲賀忍者の活躍だけでこの難局を乗り切ったとは考えにくいのですが、いかがでしょうか。次回はその核心に迫りたいと思います。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 20:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 09, 2019

ボスポラス地峡決壊そして「ノアの箱舟」<1>

 町田市主催の学習支援教室にアルバイトとして参加して1年が過ぎました。小学生高学年及び中学生を対象に主に英・数・国を教えるもので、先生役は将来教職を目指す近隣の大学生です。教室の目的は、小学生に関しては第一に「居場所」、中学生になると「学力向上」、これが中学3年生、中間テストも終わると「受験勉強」になります。我々高齢者の仕事は、主に教室の設営、バス停、迎えに来た父兄の車までの付き添いなど教室開始前・終了後の一時に集中しています。大学生が忙しくて、先生役が不足した場合に、私は中学生の「英語」に限り代行教員を務めています。しかし、そうではない場合、授業中は教室の様子を見ているだけで、ほとんどやるべきことはありません。

 そんな授業中に、自分の好きな小説・歴史関連の本を読むわけには行きません。そこで読みだしたのが「英語」に関連する本です。これなら、英語を教えるために勉強をしている、という言い訳が立ちます。

 こと中学生の「英語」に限って言うならば、学校のように同じレベルの生徒を前提に、同じテキストを使うならともかく、わざわざこの支援教室に来ているのであれば、その生徒のレベルに合わせたマンツーマンの指導をすべきです。支援教室で英単語(あるいは漢字)を覚えるというのは、先生役としては楽ですが、あるいは心地よい「居場所」、勉強した気になる時間が必要な生徒もいるかも知れませんが…、本来、丸暗記は一人でやるものです。先生は覚えるコツを教えてあげれば良いのです。先生の役割は、自分の中学生時代を振り返ると…、如何に英語に興味を持たせるか…、に尽きます。

 昔、私が高校1年生の時?、『赤尾の豆単』というのがあり、やみくもに「A」から順番に覚えようとしたことがありました。その最初に「abandon」という単語が出てきました。【他動】諦める、放棄する、捨てる、【名】自暴自棄の意味ですが、その後の人生で「abandon」の単語に出くわしたのは1回か2回、「(沈む)船から離れる、船を放棄する」という意味でした。今でも思い出すのですが、クラスメートの稲田君は自分の名前に近い音の響きの「inadequate」を手始めに覚えましたが、その意味「【形】不十分な、不適切な、無力な」は気に入らなかったようです。「赤尾の豆単」は使い物にならず、人気は『試験にでる英単語』に移った記憶があります。

  丸暗記のコツは単語を声を出して読み(音読、音声を発し、それを聞きながら…)、それを書き、できるだけ長い句あるいは節として繰り返すことに尽きます。英単語の丸暗記はただそれだけ、先生は要りません。別に英語学を勉強した訳ではなく、単に英語を使ってきた経験から、英単語には一定の規則みたいなものがあることがわかります。ということで、昨年読んだのが『英単語の語源図鑑』、その年のベストセラーです。英単語を<<方向・位置・時間関係、協調・否定を表す[接頭辞]>>+<<意味の中核を成す[語根]>>+<<機能や意味を付加する[接尾辞]>>、の3っに分解するものです。

 「abandon」は<<「a」古フランス語(ラテン語の「to、at」から)>>+<<「bandon」(=control 古フランス語)>>、本来「制御下に置く」、後に「制御に屈し、降伏する」、同じく「inadequate」は<<「in」ラテン語「〜でない・否定」の意味>>+<<「ad」(ラテン語の「to」から)>>+<<「aequus」(=equalラテン語)>>、「〜でない」+「十分な、適切な」、「不十分な、不適切な」という意味になった、と云うことになります。しかし、いずれの英単語も使用頻度は減少傾向で、当時も、差し迫って覚える必要はなかったようです。

 今読んでいるのが山並陞一著『語源でわかった!英単語記憶術』。驚くのは、著者山並氏は工学博士。英語教育関係者でもなく、かといって工学(エンジニア)の英語でもなく、即物的・受験勉強的な『英単語の語源図鑑』をより語源をラテン語、ギリシャ語に遡って解き明かす、より普遍的な読み物に思われ、世界の地理・歴史も踏まえ興味深く読んでいます。

 英語はインド・ヨーロッパ(印欧)語族の一つであることは誰でも知ってますが、彼らが何者で何処からやって来たのかは多くの人は知りません。因みに、日本語は[ウラル・アルタイ語族(モンゴル人、満州人、トルコ人)]で中国語は[シナ・チベット語族(チベット人、ミャンマー人)]。

black & caspian sea ユーラシア大陸は現在のトルコに位置するボスポラス海峡(及びダーダネルス海峡)を境に、西をヨーロッパそして東をアジアと呼ばれています。地名Bosphorus(ボスポラス)はギリシャ語。Bosは雄牛で、Beefの原音は同じ、phorusは英語のport, ford, と同じくpor(通す)が語源。よって、Bosphorus(ボスポラス)は「牛を通す場所」の意味で、黒海南岸を東西に行き来する横に細長い地形だったのではないかと云います。

 ここからが面白いのですが、黒海はかつては淡水湖で、地球温暖化で徐々海水面が上昇、BC7500年(一説にはBC5600年)ボスポラスが決壊して、地中海の海水が流れ込んで現在の黒海が出来上がった(「黒海洪水説(Black Sea deluge」)。それまでは淡水湖であったことに意味があり、その淡水湖の周りには多くの野生動物が生息、その野生動物を追って狩猟牧畜民族がいくつもの集落を作った。部族間の争いが絶えず、きわめて人間臭い土地だったので、言語の発達がなされました。インド・ヨーロッパ語の発祥はこの黒海(及びカスピ海)北部の東西に広がる一帯(現在のウクライナとロシア南部)と考える言語学者は多いと云います。※ボスポラス決壊(「黒海洪水説」)は旧約聖書「ノアの箱舟」伝説にもつながるが、ここでは割愛します。

 英語は、語形が似ているラテン語やギリシャ語を語源として解説するのが手っ取り早いが、それらの祖語であるインド・ヨーロッパ(印欧)語を語源に英語を眺め直してみると、さらに広い範囲の言葉を整然と理解することができると云います。
 
 インド・ヨーロッパ(印欧)語は大型の野生動物を求めて生活した狩猟牧畜民族が使い始めた言語で、家畜に関する言葉が多いのは当然です。例えば、子牛はラテン語でvitellus(ウィテルス)、英語のveal(子牛肉)の語源と同じ、その複数形vitellia(ウィテリア)の語頭viを短くiと発音するようになり、vitelliaがItalia(イタリア)になった由。

 インド・ヨーロッパ(印欧)語族は、BC2000年頃から寒冷化を割けて大移動、西を目指した多数派は中東からヨーロッパへ、南を目指した少数派はインドへ侵入します。中東地域に侵入した彼らはイラン、小アジアに定住、長い年月をかけてアラブ化されて行きます。インド・ヨーロッパ(印欧)語族は「アーリア人(Aryan)」とも呼ばれ「高貴な」という意味であり、ペルシャ語(イラン語)で「ariia」、サンスクリット語で「arya」と表記されます。「イラン」とはアーリア人が作った「アーリアの国」、「高貴なる者の国」なのです。ヨーロッパ方面に侵入した彼らは地中海沿岸を中心に定住、ヨーロッパ世界を形成します。一方、南下してインドに入った彼らは、長い年月の間にアジア系民俗と混血し、暑い気候により肌が黒くなり、インド人になっていきます。これが後の「カースト制」にもつながります。

 英国人の東洋学者(言語学者)ウィリアム・ジョーンズ(1746-1794)はカルカッタで古代インドのサンスクリット語を研究、サンスクリット語がヨーロッパの諸言語と類似していることを発見したのが始まりでした。人類学の分野では、インド・ヨーロッパ(印欧)語族という共通の祖語族から派生した民族の分類が一般化して行きます。

 英単語の覚え方から始まり、英単語の語源、英語の祖語(母語)であるインド・ヨーロッパ(印欧)語族の発祥、大移動と支配、それに関わるボスポラス海峡決壊、黒海洪水説と旧約聖書にある「ノアの箱舟」まで出てきました。ここまで来ると、英単語を覚えることとはあまりにもかけ離れてしまいます。

 英語の語彙を勉強して、これが他の学問分野への興味につながれば、これもまた嬉しいことではないでしょうか。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search