February 2019

February 28, 2019

「渡り鳥」、「寅さん」、もうすぐ「徘徊老人」?

男鹿半島 東北を旅行中の友人からLINEメッセージ(?)をもらいました。伊賀上野(伊賀市)に住む友人(大学時代、同じゼミ)が共通の友人で、彼らは京都で同じ下宿に居た間柄の由。毎年上野天神祭り(10月最後の土・日曜日)に合わせて友人宅で催される同窓会(?)に途中から私が参加させてもらうようになり、今やこの同窓会は、場を提供してもらっている友人宅には大変ご迷惑をおかけしているのですが…、参加者の年中行事となっています。そこで知り合ったのが彼で、同じ大学でしたが、在学中は互いに知る由もありませんでした。出身は新潟、もっと近い東京にいくらでも大学があったはずなのですが…、ワンダーフォーゲルに4年間を費やし、卒業後は将来故郷に帰るべく、東京の企業に就職したそうです。

 私が上野天神祭り同窓会に初めて参加したのが2012年10月、6年前。何処の祭り上野天神祭_2も、それを担う若者が都会へ出て行ってしまい、山車を引く人すらも満足に集まらない状況は上野天神祭りも同じです。家族を小田原(南足柄)に残し、世話をするために彼は新潟で両親と同居、新潟からはるばる車でこの同窓会に参加するだけでなく、上野天神祭りにも山車を引いて参加。今や、『越乃寒梅』を土産に、山車を引き、地元の住民からも大いに当てにされる存在となっています。

軽四4WD_1 去年10月の同窓会の帰りに、彼の車に同乗させてもらったのですが、お父さんは亡くなり、お母さんは新潟に住む彼の妹さんに任せて…、彼は小田原(南足柄)に帰ってきたそうです。長年の両親の世話、新潟と小田原の二重生活から解放されたからか、『ワンダーフォーゲル(=Wandervogel ドイツ語で「渡り鳥」の意)』になりきることを宣言、軽四の4WDワゴンを購入、日本各地を訪ね、夏は登山、冬は見知らぬ土地を訪ねる。もちろん車中泊、地元の温泉・銭湯に浸かり、地元の食事と地酒…、と私には出来そうもない夢を語ります。以前は、月の終わりの10日間だけでしたが、今は逆、10日間が在宅で、20日間は「渡り鳥」の由。あるいは「寅さん」、悪く言えば「徘徊老人」…。

 2月初めから私の絵画展が開かれていますが、10日(日)の夜、6時ごろだったでしょうか…、彼から電話「近くまで来てるんだけど…」。「何処?」と聞くと、「家の前」。外に出てみると、長い旅路を物語る汚れた軽四ワゴン、同道の静岡から来た彼の友人に初対面の挨拶。「今日は日曜日で閉店」、小田原経由で静岡まで帰らなければならず、二人は団地内のスーパーで食品を買い込んで、あわただしく出発していきました。予定通り、15日に彼は現れ、喫茶店『嵐が丘』では、馬子にも衣装の額装された私の絵を見てもらうことが出来ました。店内では、私がまだ紹介していないのに、店の人・お客さんに親し気に話しています。ちょうど、上野天神祭りの山車を引いているように…。
第2回絵画展案内状+遼太郎記念館

 22日、彼が、前回、挨拶だけに終わった静岡の友人とともに『嵐が丘』に現れ、私の絵を楽しんでもらうことが出来ました。感心した様子で、「こんなに臨場感のある絵が実況見分で使われたら楽だったろうに…。」 後で聞くと、ワンダーフォーゲルの同期、元静岡県警捜査官(?)、どうも絵手紙の展示会と思っていたようです。わずか30分の滞在でしたが、再び北へ向かう二人がわざわざ時間を割いて寄ってくれたことに感謝、「はなむけ」にコーヒー代は私がごちそうすることにしました。

 彼らは小山田の『嵐が丘』を発ち、多摩の横山を超え、武蔵野(関東平野)鎌倉街道を北へ、上野国田沼から下野国日光に入り、鬼怒川温泉から陸奥国、現在の福島県会津若松、大内宿、喜多方、米沢、羽州街道(?)を北上すると云います。何やら、イザベラ・バードが踏破したルートとほとんど同じです。

Isabella Bird_1 大英帝国に生まれたイザベラ・バード(Isabella Lucy Bird, 1831 - 1904)は脊椎に難病を抱え、医者の勧めで、世界旅行をするようになり、紀行作家として活躍します。1878年と云えば、「西南戦争」が終了して1年、政府側を率いた大久保利光が暗殺された年、内戦の火種がまだ冷めやらぬ時、戊辰戦争で敗者側に落ちた陸奥国・出羽国を縦走、海峡を越えて、北海道まで走破、のちに『日本奥地紀行("Unbeaten Tracks in Japan"』を著した。如何に「太陽の沈まぬ」と喩えられるビクトリア王朝時代の大英帝国の後ろ盾あるにせよ、47歳の女性が成し遂げたことに驚嘆せざるを得ません。金谷Cottage Inn
 
 季節が良くなったら、彼女ゆかりの日光「金谷ホテル(Kanaya Cottage Inn」を皮切りに、じっくりと、彼女の道程を辿ってみようではありませんか。

※参考資料:日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
      イザベラ・バードの東北紀行[会津・置賜篇]: 『日本奥地紀行』を歩く


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 16:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Travel | Recent Event

February 17, 2019

第2回絵画展の様子

 昨年末までは、他に用がない限り、ほとんど毎朝、散歩を兼ねてMACにコーヒーを飲みに行っていましたが、今年に入り、例年に比べて寒いためか…、朝の散歩に出かけるこめっきり少なくなりました。散歩に行かない理由は寒さだけではありません。

絵画展の私 今回の絵画展、2回目ということもあり、気持ちにどこか余裕があります。内容はともかく、見栄え・展示をプロっぽくしようと、キャプション・ボード(絵の説明書き)を自作しました。前回は、住民の多くが散歩の途中などで目にしている小山田周辺の風景を題材に選んだのですが、今回は遠く、近江国、湖東の「近江鉄道」、伊賀国上野を走る「伊賀鉄道と、皆さんの知らない風景で、地理上の位置、そこにまつわる歴史の説明が必要と考えたのです。絵画展開催間際に買い換えたパソコン、長い間何ら問題なく使ってきたWordやPower Point「2003」は「365」に代わり、この使い方に慣れるのに四苦八苦しています。下は、キャプション・ボード制作中の写真。厚手の印刷物をスチレンボードに貼り、それを切っていきます。厚みがあって立体的に見えるボードは軽く、接着剤(商品名:「ひっつき虫」)で漆喰の壁caption board_1に接着します。位置が違ったら、自由にに剥がしたり、接着したり、また剥がした跡もの残らない優れモノです。

 という訳で、夜なべまではしませんでしたが、作品(単なる私の絵なのですが 気取ってこう呼びます)のタイトルだけでなく、絵に描いた風景にまつわる地理・歴史を説明するキャプション・ボード作りに明け暮れてしまいました。

 会場「嵐が丘」の常連さんだけではなく、遠く、横須賀や小田原等から、多くの友人に見に来て頂き、関西の友人からは激励のメッセージをいただき、ありがとうございます。
絵画展_4

絵画展_1

絵画展_2

絵画展_5

DSC04733

 長らく、MACやコンビニの百円コーヒーが当たり前と思っている私ですが、開催期間中は、訪れる友人からコーヒーを誘う電話があります。 以来、 不本意ながら…、見栄を張って…、350円のコーヒーを飲んでいます。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 22:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Drawing

February 09, 2019

この曲<26> "Desperados Waiting For The Train"

  友人の一人、大学時代はワンゲル部員、その彼が軽四をネグラに全国を放浪、津軽海峡冬景色いや計画的に旅行しています。あれは3年前(?)…、箱根の峠を、最初は三島から東へ、二回目は箱根湯本から西へ越えようとして、いずれも時間切れで踏破出来ませんでしたが、その箱根峠に連れて行ってくれたのが彼でした。その彼からLINEメッセージ、「ご覧あれが竜飛岬北のはずれと〜♪」。厳寒の中、彼はワンゲル時代の友人と二人で東北地方を旅行中で、本州の北端、竜飛岬に到達したのです。

 「上野発の夜行列車降りた時から〜♪」の『津軽海峡冬景色』もそうですが、「汽車を待つ君の横で僕は〜♪(ここまで一気に…」の『なごり雪』等の楽曲は「鉄道ソング」と呼ばれるそうですが、アメリカでは「トレイン・ソング Train Song」と呼ばれます。私の好きなトレイン・ソングと云えばグラディス・ナイト(Gladys Knight)の『夜汽車よジョージアへ Midnight Train to Georgia(1974)』、R&Bの最高傑作の一つですが、これには元歌があります。 ジム・ウェザリー(Jim Weatherly)の『The Midnight Plane To Houston(1972)』、ペダル・スチールの入ったれっきとしたカントリーでしたが、残念ながらヒットしませんでした。

Guy Clark もう一曲、昔、『ミスター・ボージャングル Mr. Bojangles』『L.A. フリーウエイ L.A. Freeway』とともにジェリー・ジェフ・ウォーカー(Jerry Jeff Walker)が歌った『Desperados Waiting For The Train』です。ガイ・クラーク(Guy Clark)が書いた曲です。



"Desperados Waiting For The Train"written by Guy Clark

僕がレッドリバーバレーを歌うと
彼は台所に腰掛けて一緒に演奏し、そして泣いた
七十年の人生を振り返って指を走らせ
「神よ、俺が掘った井戸はどれも枯れるのか?」
二人、僕と老人は友達
汽車を待つならず者のよう

かつて彼は放浪者そして石油掘り
そして世界を教える年寄りの先生
酔っぱらって運転できなくなると、運転の仕方を教えてくれ
片目をつぶって、女の子と遊ぶ金をくれた
二人の日々は古い西部劇映画のよう

僕が歩けるようになると、彼は僕を連れて
グリーン・フロッグ・カフェという名の酒場に行った
そこにはビール腹の年寄り達と、そしてドミノ
彼らが遊んでいる間、辺りをゴロゴロ寝そべる
僕はまだ子供で、彼らは僕を爺さんの「相棒」と呼んだ

ある日、僕が見上げると、彼はもうすぐ八十
そして、タバコの茶色いシミがあごまで広がっていた
そう、僕にとって彼はこの国のヒーローの一人
名のある老人のように彼は全身をドレスアップして
ビールを飲み、「ムーン&42」で遊んだ

彼が亡くなる前日、僕は彼を見舞った
僕は大人になり、彼は間もなく逝ってしまう
二人は目を閉じ、あの日の台所を思う
あの古い曲の違う歌詞を歌った
「しっかりしろ! ジャック! ヤツがやって来るぞ」
二人は汽車を待つならず者のよう
汽車を待つならず者のよう
汽車を待つならず者のよう

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 08:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music 

February 02, 2019

第2回絵画展のご案内 

190201_絵画展案内状

 見慣れたと云うか、最近、少々見飽きた小山田荘の風景を後に旅に出ました。見飽きたとは言いすぎ…、見る目を変えてみようと、リフレッシュを目的に関西に行ってきました。芭蕉は150日をかけて「おくのほそ道」を歩いたと云います。それに比べれば、私の4泊5日の旅行はつましいものです。

181026_司馬遼太郎 初めて、東大阪にある司馬遼太郎記念館を訪れました。館内は写真撮影禁止。訪問者は数えるほど、安藤忠雄設計の地上1階から地下2階まで吹き抜けの館内を、無謀にも2時間以上もかけてスケッチ、建築を志す学生気分に浸ることが出来たのは幸運でした。

 多くの近江商人を輩出した東近江、西武グループの創設者 堤康二朗も近江鉄道愛知川(あちがわ)出身でした。このこともあって、近江鉄道はれっきとした西武グループの一員です。米原からJR東海道線の内陸側を平行して、彦根・多賀神社・愛知川・五箇荘・近江八幡・日野そして貴生川(きぶがわ)でJR草津線に連絡します。

沿線の日野は信長・秀吉時代のキリシタン大名、 洗礼名 レオン、利休七哲の一人、蒲生氏郷(がもううじさと1556 – 1595)が生まれています。

彼の5代前の当主 蒲生貞秀(さだひで1444 – 1514)は武将としてだけでなく、日野菜歌人としてもすぐれた人物でした。 日野の地に発見された根が淡紅色の野菜(カブ)を漬けたところ非常に美味で、京に住む公家に献上すると、その美味であること天皇にまで知られるようになりました。このカブは「日野菜」、日野菜の漬物は「日野菜・桜漬け」と呼ばれ、蒲生氏上洛の際は必ず献上したそうです。

私を、貴生川駅で拾ってくれた友人は京都人、近くで畑を借りて、日野菜を育て、日野菜漬けを作るのが彼の趣味の一つ、頂いてみると、なるほど…、ご飯がすすみます。

もう一つは伊賀鉄道、城下町 伊賀市中心部とJR関西線 伊賀上野・近鉄大阪線 伊賀神戸(いがかんべ)を結ぶ、全長16.6kmの第三セクター鉄道です。駅名にもある「四十九(しじゅうく)町」は奈良時代、行基(668 – 749)に由来、修験道の開祖 役行者(えんのぎょうじゃ =役小角 7 – 8世紀)の弟子にて、この地に山伏の修験道場 「四十九院」があり、伊賀流忍術発祥の地でした。

芭蕉は、最大のパトロン 藤堂新七郎 良忠(俳号 蝉吟 せんぎん)を亡くします。彼は、処女作 「貝おほい」を故郷 上野菅原神社に奉納、決意を新たにして、当時、新興の江戸に向けて出発しました。

「おくのほそ道」への旅立ちは、それから14年後のことです。
第2回絵画展画像
楽しんで頂ければ幸いです。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Drawing | Travel
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search