January 2019

January 21, 2019

この曲<25> "Rainy Night in Georgia"

 最近、この曲『Rainy Night in Georgia』をよく耳にします。去年10月、高校時代の4人BJ Thomasと久しぶりに再開したのですが、そのうちの一人が当時、この曲を好きだったというのを思い出し、誰が歌っていたのかを尋ねました。BJトーマスの由で、今でもそのアルバムを持っているらしく、写真を送ってもらいました。私も、同じ頃にこの曲を聴いたのですが、BJトーマスではなかったように思います。

 カントリー歌手のクリス・ヤング(Kris Young)、少し古くてコンウェイ・ツウィティ(Conway Twitty 1933-93)がカバーしているのは知っていますが、実は恥ずかしながら…、この曲を作ったTony Joe Whiteの存在を知ったのはつい最近のこと、高校時代から50年以上もたっていました。

Tony Joe White トニー・ジョー・ホワイト(Tony Joe White 1943 - 2018)はルイジアナ州の綿花農家の7人兄弟の末に育ちました。彼が初めて演奏したのは高校のダンスパーティ、卒業後はテキサス、ルイジアナのナイトクラブで演奏します。1967年、ホワイトはモニュメント・レコードと契約、ロックン・ロール、カントリー、R&Bなど多種にわたる音楽をプロデュースしました。次の3年間に、彼は4枚のシングルをリリースするも、アメリカでは商業的に失敗でした。1969年7月、『Polk Salad Annie』がUSチャート入りし、8月にはTop10に入り、最終的にはNo.8に達し、ホワイト最大のヒットになりました。私はエルビスの歌う『Polk Salad Annie』をよく覚えています。彼が、ドーナツの穴を食べ過ぎて…、今でいうメタボになる前の話です。1967年、彼は『Rainy Night in Georgia』を書き、1969、年自らの手でリリースしますが鳴かず飛ばず、1970年、エルビスが『Polk Salad Annie』をヒットさせていた頃、R&B歌手、ブルック・ベントンによって本格的なヒットとなりました。ホワイトが若干24歳の時に書いた『Rainy Night in Georgia』がその後、その後50年、100人以上の歌手に歌い継がれているのは驚くべきことです。

 同窓生から『Rainy Night in Georgia』の入ったBJトーマスのアルバムの写真を受け取った同じ月、ホワイトは2018年10月、75歳でこの世を去ったと報道されています。


"Rainy Night in Georgia" by Tony Joe White

スーツケースの周りをうろうろしながら
夜を過ごせる暖かい場所を探す
ひどい雨が降っていて
お前の声が「大丈夫よ」と呼んでいるように聞こえる

ジョージア、雨の夜
ジョージア、雨の夜
きっと、世界中で雨が降っているのだろう
世界中で雨が降っているみたいだ

ネオンサインが眩しく
タクシー、トラック、バスが夜通し過ぎ去る
遠くに聞こえる列車のうなりは
夜への悲しいリフレインの演奏

ジョージア、雨の夜
ジョージア、こんな雨の夜
きっと、世界中で雨が降っているのだろう
世界中で雨が降っているみたいだ

何度思ったことだろう
答えはいつも同じ
お前がどんな風に見ていようと考えようと
人生、これでやって行くしかないのさ

貨車の中に居場所を見つけ
ギターを手に暇をつぶす
眠れない夜は
お前の写真を胸に抱きしめる
おれは大丈夫

ジョージア、雨の夜
ジョージア、こんな雨の夜
世界中で雨が降っている


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 21:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Music 

January 15, 2019

遅ればせながら、本年もよろしくお願い致します

 この10年以上?、だましだまし使ってきたパソコンがとうとうクラッシュ、お店に持ち込み診断してもらいました。覚悟はしていたのですが…、店員の「ボロボロです」には思わずムッとしてしまいました。MicrosoftのWord、Excel、Power Point 2003を今まで使っていたということは、Windows XP、いや、それ以前のWindows 2000だったような気がします。ということは、15年以上もこのパソコンと付き合ってきたことになります。もちろん、「博物館行き」の感があったこれらMicrosoftのアプリも、今回はダメかとほぼ諦めましたが、その都度Winndowsのバージョンアップを乗り越え、最近(2015年)のWindows 10の関門もクリア。以来、フリーズの現象は見られるものの、なんとか使用に耐えて、昨年12月の年賀状の作成も無事完了して年を越したのでした。気が付いたのは、パソコン本体だけでなく、年代物のディスプレーの上部1/4部分に斑模様が現れるようになりなり、これは明らかに経年劣化、私の皮膚と全く同じで、ディスプレーの寿命です。私の先輩で、去年、心不全で入院した友人曰く、心不全になった人の多くは5年以内に死亡するそうで、彼はパソコンの新規購入を躊躇しているそうです。診断の結果「ボロボロ」は覚悟していましたが、一瞬、彼の言葉が頭をかすめました。十数万円を出費して、私は後何年パソコンを使うことができるのでしょうか?

 プリンターはドライバーをネット上で入手するまでは良かったのですが、設定にてこずってしまいました。スキャナーは古く、それ相応の古いドライバーしか手に入りませんでしたが、いずれも問題なく動くようです。写真の加工、そして、数年前から始めた水彩画・線画をパソコンに取り込むためにPaint Shop Pro(v6からv9へupgrade)というアプリを使っているのですが、これも何とか新しいパソコンにインストールすることが出来ました。新しいパソコンには最新のWord、Excel、Power Pointがプレインストールされており、基本的には昔と同じ、ただその使い方に慣れれば済む話です。今になって思うと、Mailing SoftをMS OutlookからGoogle Gmailに換えたのは正解でした。Gmail、連絡先、カレンダー、Google drive、Google PhotoなどWeb上で動く主にGoogleアプリはパソコンの入れ替えに全く関係なく動作します。それでも、あれやこれやで、設定・調整に丸2日もかかってしまいました。

 時代はかつてのMicrosoft、パソコン内部、性能(速度・容量)の時代からとっくの昔に、モニター画面の向こう側、インターネット、Google、Amazon、FacebookなどのWeb上の巨人の時代に入っています。パソコン、スマホも使いやすい適当な重量・サイズとデザイン、しかも高性能であれば残るは価格競争力、勢い、パソコン、スマホのメーカーは中国に移行せざるを得ません。私の住む団地も、65歳以上が住民の30%を超え、限界集落に近づいており、団地内の商店街の半数はシャッターが閉まっています。この歳になると、食料品以外の買い物は少なくなり、30分(290円 往復1時間580円のバス代)をかけて町田の中心地に出かけることもありません。若い時にはステレオに凝って、CD、レコードを買い集めましたが、いつごろからかこのコレクションを売り払い、好きな音楽はインターネットからダウンロード、歌詞もジャケットも無料です。今日のミュージシャン、日本の彼らはまだ著作権でまだ守られているようですが、世界の彼らがお金を稼ぐ方法はライブしかありません。ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン等の大物ミュージシャンは、彼らの大ファン層、比較的裕福とされる団塊の世代が存命中に、ミュージシャンとて同じですが…、もう一稼ぎとばかりに来日します。本は昨年でも数冊しか買ったことがなく、それもAmazonで購入の中古本です。大半は近くの桜美林大学が忠雄地区の図書館で借ります。残念なことに、本屋さんで立ち読み、偶然見つけた本に感激、それを買うこともなくなってしまいました。

181231_Lafcadio Hearn 半数がシャッターの降りた商店街の一角、どう若く見ても…60代(?)に人気のお店、「嵐が丘」で、昨年クリスマス・イブ・イブの12月22日『Rock'n Roll Christmas』と題するミニ・コンサートをやらせてもらいました。ご参加の皆さん・お店の方の反応も上々で次の機会、できれば次回は夏…、につながったように思います。世の中の流れ、寄る年波はどうすることもできませんが、どう考えても余生の方が短いはず、もし機会に恵まれるなら、色んな事をやってみようと思います。
 
  同じ「嵐が丘」を会場に、2月、190114_A man waiting for a train私の絵画展をやってもらうことになっています。開催まで1か月もないのですが、まだ明確なテーマも決まっていません。10月に訪れた近江鉄道・伊賀鉄道、漠然と「鉄道、旅」のようなものにしたいと考えています。島根県松江カラコロ広場に小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)像があると聞きます。やはり、旅には彼が似合います。


Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search