June 2018

June 26, 2018

この曲<21> "Chevy Van"

 その車のブランド自体を知らない人もおられるかもわかりませんが、アメリカのGM( ジェネラル・モーターズ)のブランドの一つに『シボレー』があります。 では、この『シボレー』を英語で書いて、あるいは発音して下さい、 と云われてさっと出来る人は少ないことでしょう。正解は『Chevrolet   [ʃɛvrəˈleɪ]』、 フランス語に由来し、英語圏の人にも発音が難しいそうで、『シェビ−(Chevy)』と略されています。  このブランドで、1964年から1995年、発売されていたキャブオーバータイプのバンは2回のモデルチェンジがあり、特に第三世代(1971〜1995年)がシェビー・バン(Chevy Van)と呼ばれています。

chevy van ストリ−ミング・ラジオ(Winamp)でカントリー・ミュージックを聞き流していると、懐かしい曲が流れてきます。 サミー・ジョーンズ(Sammy Johns)の『シェビー・バン(Chevy Van )』は1975年、ビルボードチャートで最高5位、年間でも46位を記録した大ヒット曲で、彼の曲は後にも先にもこれしか知りません。1975年とは、サイゴンが陥落してベトナム戦争が終結し、1960年代から続いたヒッピー・ムーブメントが急速に衰退に向かう時期でもありました。当時、フォルクスワーゲン・トランスポルター(ワーゲンバス)と並んで、ヒッピーのアイコンとしての役割も担っていたのがシェビー・バン(Chevy Van )でした。時代は、自然回帰・反体制・ドロップアウト・放浪・反抗・女性解放を濃厚に引きずっていました。

 私にとって、好きな曲の一つであることは変わりないのですが、曲のイメージがどうも今まで持っていたものと違います。 歌詞の一字一句をを吟味すれば、今日で言えばとんでもない歌になってしまいそうなので、それは止めるとして…、一番で「僕の手を取って 僕を誘った シェビー・バンの中で 僕もそうしようと思っていたのさ」そして三番で「彼女を小さな町で降ろした 石を投げれば端から端まで届く様な小さな町 未舗装のメインストリート 裸足で立ち去っていく彼女 これを横目に 通り過ごす事なんて出来はしない」と歌う。

 如何に放浪・自由・フリーセックスの時代であろうが、「少女(a girl)に誘われたと言え、終わった後は、裸足で車外に追い出した」とは、極めて「反道徳的」であり、ましてやこの曲が全米No.5の大ヒットとなったことにシェビー・バンを製造するGMは頭を痛めたことでしょう。現にYoutubeでは、この曲の「健康的」なイメージのミュージックビデオが多い多く、もしかすると、「反道徳的」イメージを払拭しようとする、GMの意向あるいは操作があったのでしょう。sammy johns_2

 見知らぬ人の車なんかに乗ってはいけません。

 その後はカントリ−のソングラーターとして、ウエイロン・ジェニングス(Waylon Jennings)、サミ−・カ−ショウ(Sammy Kershaw)、コンウエィ・トゥィッティ( Conway Twitty)に曲を提供、2013年没、66歳でした。 

Sammy Johns -  "Chevy Van"

女の子を僕のワゴンに乗せた
彼女は這い上がって 運転しようとした 
彼女は疲れて 何故って 最悪の気分だったから
僕は言った 少し眠ってロックンロールの夢でも見たら

だって 女王のように 彼女はそこに横になって
彼女の髪の辺り 月の光が踊っている
彼女は起きると 僕の手を取って
僕を誘った シェビー・バンの中で
僕もそうしようと思っていたのさ

彼女の若い顔は天使の様
彼女の長い脚は茶色に日焼けして
道路の方を見ていなきゃ
車のスピードを落とさなきゃ

だって 女王のように 彼女はそこに横になって
彼女の髪の辺り 月の光が踊っている
彼女は起きると 僕の手を取って
僕を誘った シェビー・バンの中で
僕もそうしようと思っていたのさ

彼女を小さな町で降ろした
石を投げれば端から端まで届く様な小さな町
未舗装のメインストリート 裸足で立ち去っていく彼女
これを横目に 通り過ごす事なんて出来はしない

だって 女王のように 彼女はそこに横になって
彼女の髪の辺り 月の光が踊っている
彼女は起きると 僕の手を取って
僕を誘った シェビー・バンの中で
僕もそうしようと思っていたのさ

だって 女王のように 彼女はそこに横になって
彼女の髪の辺り 月の光が踊っている
彼女は起きると 僕の手を取って
僕を誘った シェビー・バンの中で
僕もそうしようと思っていたのさ

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 22:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music 

June 13, 2018

伊豆韮山へ小旅行 その3 江川英龍邸

江川邸玄関外
 新政府軍は三島で本道、足柄越え、韮山の三方に別れて関東に入り、小田原で合流する手はずになっています。本道、箱根関所を守備する小田原藩兵は終始、先鋒隊長:渡辺清左衛門(大村藩)の気迫に押されっぱなしで、既に恭順せよとの藩命があったにせよ、全くの拍子抜けする引き渡しでした。一方、韮山往還を南下した別働隊も、いち早く官軍の降伏恭順の意を伝えていた江川代官所を、何の問題もなく接収します。小田原藩大久保家と韮山代官江川家はどちらも関東を守る要、しかし、新しい時代への対応は大きく異なります。

江川英龍像(顔)_1 幕末近く、異国船が沿岸各地に出没した時代、江川英龍(担庵 1801-1855)は36代当主、代官として就任します。長崎で蘭学を、そして高島秋帆から砲術を学び、渡辺崋山や高野長英らと交流、日本の置かれた国際情勢を憂慮、沿岸警備、近代的兵制(農兵制度)、西洋砲術の訓練、お台場(砲台)の建設、そしてこの韮山反射炉の建設を幕府に献策、実行しました。教育にも力を注ぎ、佐久間象山・大鳥圭介・橋本左内・桂小五郎・伊東祐亨などが彼の門下で学びました。「蛮社の獄(1839)」で追求されることもなく、善政を敷き、領民からは「世直し江川大明神」と敬われていたそうです。剣は神道無念流の免許皆伝、詩作・書画・工芸品など多くの作品を遺し、「担庵」は雅号の由で、多才なだけでなく、一つ一つの才能・知識そして何よりもその実行力が人並みではなかったのでしょう。彼が自惚れぬように、母親が「忍」をきつく強制したそうです。民政と海防に尽力した彼は、尊皇攘夷から尊皇倒幕に世の中の潮目が変わる時代が到来する前、1855年、あまりの激務に体調を崩し没します。どこか薩摩の島津 斉彬(1809-1858)と似ています。

 英龍の献策した農兵制度(1839)は、「兵農分離」という幕府の根本政策に抵触する訳で、身分社会の否定にもつながり、幕府は当初これを却下します。 次第に外国船の来訪が頻繁となり、幕府の鎖国政策が次第に手詰まりとなっていきます。英龍の五男、38代目当主、代官江川英武(1853-1933))の代、1863年、韮山代官領に限り農兵の設置が認められ、その後、韮山代官領以外の幕府領や諸藩にも農兵制度が広がりました。町田の韮山代官支配地、木曽・根岸・山崎に「木曽農兵隊」が作られたのは1865年のことでした。

 既に江戸城の無血開城がなり、 慶喜は上野寛永寺に謹慎します。 幕府降伏を潔しとしない、人見勝太郎・伊庭八郎率いる遊撃隊と上総請西藩の藩主林忠崇率いる脱走藩兵たちは相模真鶴に逆上陸、譜代の大藩:小田原藩十一万石に協力を求めます。小田原藩内は佐幕・勤皇派に別れ、藩主大久保忠礼も腰がふらついて、上野彰義隊決起とそのあっけない敗北の報に振り舞わされ、藩論は二転三転どころか四転。右往左往、混乱の極みは箱根関所明け渡しに始まります。「堂々たる十一万石中また一人の男児なきか」とは小田原城を去る伊庭八郎の言。

 韮山代官、 英龍の諸施策・江川塾の運営・幕府との交渉など、 英龍をよく理解し補佐したのが手代柏木忠俊でした。忠崇と遊撃隊一行は韮山代官役所を訪れて同盟を申し入れます。英龍の五男、38代目当主、代官江川英武(1853-1933)は当時16歳、既に新政府の出頭命令を受けて京に在り、不在。留守を預かる手代柏木総蔵が冷静に対応、「当主江川太郎左衛門(秀武)は未だ少年にして、太政官より召され京都に在り、不在中なり。農兵、銃器等、先代太郎左衛門没後多くの星霜を経た今日、ほとんどその痕跡なし」(「人美寧履歴書」)と同盟を断り、彼等を落胆させますが、他方では、軍資金1千両を提供、彼等を饗応して韮山を穏便に退去させます。一方では朝廷側に恭順して、佐幕中の佐幕のはずなのですが、手代柏木忠俊は江川家を明治の世にも存続させることに成功します。
江川亭玄関邸内部

 江川邸の玄関、NHK大河ドラマ『篤姫』、『西郷どん』で島津久光邸の場面に使われたそうです。

※参考文献:『脱藩大名の戊辰戦争
Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 21:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | Travel

June 08, 2018

この曲<20> "I Know A Heartache"

Jennifer Warnes 昔好きだった曲に再び出会うのは嬉しいことです。ましてや、好きだった曲を最近の歌手が歌っているのを聞くと、単に昔に比べて音が良いと言うことだけでなく、私に比べれば若い…、その歌手の歌う最近の曲はもちろん、その彼女が古い私の好きな曲を歌っているのは余計に嬉しいことです。昔から同じ傾向の曲、カントリーぽぃロックを聴いていおり、もうこの歳になれば、こんな事が在るのは当然でしょう。

 ジェニファー・ウォーンズ(Jennifer Warnes)の『I Know A Heartache When I See One』がヒットしたのは1979年でした。今から39年前の話で、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、リンダ・ロンシュタット以降、久しぶりの好きなタイプの曲だったように思います。ジェニファー・ウォーンズ(1947年生まれ)はカントリー、フォーク系の歌手でしたが、レナード・コーエンのバック・ボーカルで活躍しました。確かアルバムを持っていたはずですが、この一曲しか覚えていません。

  BS放送で観たのですが…、リチャード・ギアの主演の、ちょっとアホらしい…青春映画『愛と青春の旅立ち An Officer and a Gentleman(1982)』の主題歌『Up Where We Belong』をジョー・コッカーとデュエットしたのを知って驚きました。1987年には『ダーティ・ダンシン グ Dirty Dancing』の主題歌が再び全米No.1の大ヒットの由で、一般的には80年代の青春映画の主題歌を歌った女性ボーカリストとして有名なようです。

   この曲をカバーしているのがジョージ・ディ・メッシーナ( Jo Dee Messina1970年生まれ)です。
 

I Know A Heartache (When I See One)

見てご覧 台無しにしてしまった誰かさんを
北極星みたいに輝いて
私の願いの全てに応える様なふりして
だけど わかってるわ 貴男が本当はどんな人だか

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

本当の信者 そんな時もあったわ
貴男の愛が唯一の道だった
全ての甘い言葉はとっておいてあげなさい
誰か他のおバカさんの為に
おバカさんだけが貴男の言うことを信じるのよ

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

時は教師 よく教えてもらったわ
敗者は泣く人間の事よ
貴男が赤ん坊みたいに泣いた時 地獄に落ちたのを感じたよね
顔つきからして 悪魔がわかるでしょう

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

じゃ 私のドアをノックしてみない
私は家にはもう居ないから
私が日の光を浴びて歩いているのがわかるはず
貴男はそれをうまく隠している
言うのは簡単じゃないけど
心の痛みを知っているわ
人と出会う時には

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 21:12|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music | Recent Event

June 04, 2018

伊豆韮山へ小旅行 その2 韮山反射炉

 あくまで個人的な感想ですが、市名が「伊豆の国市」とは、もう少し名前の付け方があったのではないかと首をひねってしまいます。現に、2005年、伊豆長岡町・韮山町・大仁町の3つの町が合併、新市が誕生するのですが。南隣の「伊豆市」にその名前を先に取られてしまい、新市名は一般公募によって募集されることになりました。協議会による投票では「伊豆北条市」がトップでしたが過半数に及ばず、「伊豆の国市」との決選投票となり、 「伊豆の国市」が逆転勝ちとなったそうです。頼朝流刑・旗揚げ、鎌倉幕府執権北条、戦国小田原後北条5代、徳川幕府韮山代官という歴史を考えれば当然「伊豆北条市」のはず、もしこの名前が採用されていたのであれば、もっと早い時期に訪れていたかも知れません。

 伊豆長岡駅に到着、駅前発車の名所巡りのバスは1時間後、観光案内所に入り情報収集です。レンタサイクルが面白そうとも思ったのですが、借りた場所に返却しなければならず、そもそもレンタサイクルの係員が居ません。季節は初夏…と云うのかどうかも知りませんが、「伊豆の国」のイメージ通り日差しもまだ穏やか、道案内に沿って踏み切りを渡り農協の横を歩きます。

 五畿七道の時代、伊豆は都より遠く、辺境、流刑の地でした。平治の乱(1159)に敗れた義朝父子と家来八騎は京を脱出、源氏の本拠地、東国(関東)へ逃げようとするのですが、一行にはぐれた頼朝(13歳)は平氏側に捕まり、死一等を減じられてこの地伊豆韮山に流されます。1180年、頼朝が挙兵、伊豆韮山の豪族、北条時政は、娘北条政子が頼朝の妻となったことから頼朝の挙兵・鎌倉幕府の創立(1192)に尽力、頼朝が征夷大将軍に任じられると、その有力御家人となります。頼朝もその可能性大なのですが、続く頼家、実朝を暗殺して執権政治を確立、時政嫡流は得宗家と呼ばれ、一門で執権、六波羅探題などの要職を独占します。

 二度の元寇を遠因に、後醍醐天皇の令旨(1333)に足利尊氏、新田義貞等が呼応、 結果、  鎌倉幕府は倒れ、北条氏(得宗)は滅亡します(1333)。  長期に渡る南北朝内乱(1336-1392)で、守護はその権限を拡大し、守護大名に成長、足利尊氏が開いた室町幕府(1336-1572)は末期には山城一国のみを支配するだけの守護大名のごとき様相を呈するようになります。

 早雲(伊勢新九郎盛時)は備中(岡山県)荏原荘で生まれ(1461-1519)、後に9代将軍足利義尚に仕え、駿河に下り、興国寺城主となり(1487)、次は11代将軍足利義澄の命で伊豆堀越公方足利政知の子茶々丸を滅ぼし(「伊豆討入り(1493)」)、これが戦国時代の幕開けとなったとされています。   伊豆韮山を拠点に伊豆を平定、後に相模一国を従え、嫡男氏綱(1487-1541)の時、小田原城に本拠を移し、かつて鎌倉幕府を支配した執権北条氏の名跡を継承して「北条」を名乗り、家紋も執権北条の「三つ鱗」(正三角形)に似た「北条鱗」(二等辺三角形)としました。「四公六民」を実施して善政を敷き、商工業・海運を振興して、関東一円を支配しました。小田原城の総構えは9kmにも及ぶ空堀と土塁で城下町全体を囲む長大なもので、上水道も備わっていました。1590年、秀吉に依る小田原攻めは3ヶ月あまりに及びますがついに開城、5代に及んだ後北条氏は滅亡します。
 
 秀吉に警戒された家康は関東に移封され、関ヶ原で勝利し(1600)、江戸に開幕した家康は総構えの江戸城を構築、加えて海岸を埋め立てた江戸に飲料水を確保する目的で上水道網を建設するなど、後北条の小田原を模して江戸の街を建設します。
韮山反射炉_2
 そんな事を考えながら、…ウソです…、案内に沿って歩いて行くと、背にした山が韮山なのでしょうが、世界遺産、韮山反射炉に辿り着きます。江川家36第当主江川太郎左衛門英龍が幕府に建言、建設されたものです。   江川家は多田源氏の流れをくみ、保元の乱(1156)を避けて韮山に移住したと伝えられ、この地に流罪となった頼朝の挙兵(1180)に応じて参戦したと云われる。  その後、頼朝・北条の鎌倉幕府、 室町時代には伊豆の豪族としての地盤を固め、苅野川の支流の名に因んで、姓を江川と改めます。早雲(伊勢新九郎盛時)の「伊豆討入り(1493)」にあたり、自分の土地を提供して、韮山城を築城させ、その後5代にわたって後北条の家臣となります。   家康は関東に入るに際して、後北条小田原の市街地建設の技術だけでなく、後北条・武田の遺臣を引き継いで関東支配・経営にあたります。

 江川家江川英龍もその一つで、 伊豆が幕府の天領(直轄地)となり、以降江戸時代の全期間を通じて代々世襲の代官 (幕臣)を務め 、 江川太郎左衛門を名乗りました。途切れることなく、代々の最高権力者に仕えたのはそれだけ民政・支配能力が高かったのでしょう。伊豆・駿河だけでなく、文字通り箱根の関を越えて遠く関東を、相模・武蔵(多摩川以西)を幕府代官として支配したのは驚くべき事です。

 ざっと関東の歴史を振り返ると、面白いことに気がつきます。関東の豪族が結集して京から追放された頼朝を担ぎ上げて鎌倉幕府という半独立国家を関東に作るのですが、源頼朝は京の貴種、簒奪した北条は伊豆韮山の人、戦国時代の後北条は備中(岡山)・京・駿河を経て伊豆韮山、後に小田原にやって来た人、家康も三河出身で、旧武田・旧後北条の遺臣を引き連れて関東を経営・支配します。旧武田の遺臣と云えば、甲州街道・八王子・千人同心を作った大久保長安、代々世襲の韮山代官、江川太郎左衛門は旧後北条の遺臣でした。   関東の歴史を見ると、関東の豪族は数十や数百の単位を結集する指導者は存在するが、それ以上数千や数万単位になると、全て関東以外の出身者が指導者になります。歴史を見る限り、残念ながら、関東からは社会を動かすような指導者は輩出されていません。

 青空に向かって立つ反射炉、日本の産業革命はここに始まりました。

Appreciate Your Support▼皆様のご支援をお願いします



express01 at 21:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | Travel
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search