February 2016

February 25, 2016

熱海MOA美術館

前回のブログで書いた『逢魔が時』、私の風邪の症状はあれだけでは終わらず、いや…、タンの絡んだ咳は2週間以上続いたのではないでしょうか。食欲も戻り、体重も戻ってきたようで、自分の快気祝い(?)に、年末から考えていた熱海MOA美術館に行ってきました。二月にもかかわらず、伊豆半島の東の付け根、熱海と聞いただけで、そこにはもう春がやって来ているように錯覚してしまいます。「四月、春のような暖かさ…」という天気予報士の言葉に背中を押されたのです。小田原でJR東海道線に乗り換え、車窓に相模湾を望む小旅行でした。

ファサード JR熱海駅に降りるのは初めて、これほどまでに山が海に迫っているとは…、現に熱海駅は山の中腹にあり、駅からは見えませんが海はすぐ前、MOA美術館は後ろの山の中腹にあり、歩いて登るには坂が急すぎてしんどそうです。迷わず…、バスに乗ること10分、MOA美術館に到着します。山の中腹にファサード、MOA_Time Tunnel入ると大きなトンネルが上に伸びておりエスカレーターで登っていく、薄暗いトンネルの色が徐々に変化して、異次元、美の世界へ入って行く導入部分の仕掛けです(昔、『タイムトンネル』というTVシリーズがありましたが…)。

 この3月7日から約11ヶ月、改修工事のために休館の予定にて、それまで開かれている『大名品展』を見逃すことは出来ません。訪れる前からの疑問に思ったのですが、この美術館の名前:『MOA』とは何でしょうか。 人によって「エム・オー・エイ」、あるいは「モア」とも呼ばれるのを耳にし、私などは「Museum Of Art」であれば美術館の意味、これでは「美術館・美術館」と「馬から落ちて〜」になってしまうのでは…、館内の説明では取って付けたように「Mokichi Okada Association」の由にて、岡田茂吉(1882-1955)は、書家、画家、歌人、華道流祖、造園家、建築家、美術品収集家、そして宗教家、いわゆる時代を代表する文化人の割には名付け方のいい加減さが気になるところです。

 後で「秀吉の金の茶室」が有名と聞きましたが、私自身が興味がないのか…、その存在自体を全く気がつきませんでした。教科書で見た国宝、光琳の『紅白梅図屏風』と野々村仁清の『色絵藤花文茶壺』、そしてお目当ての重文、岩佐又兵衛、『山中常磐物語絵巻 第4巻』、『浄瑠璃物語絵巻 第4巻』、彼の自画像に辿り着きます。
山中常磐物語絵巻第4巻

 本物の絵を目の前にして感激、その余韻を楽しみながら敷地内の庭園を散策、やって来たバスに乗って熱海駅前に帰りました。日はまだかなり高く、物見遊山の観光客で賑わう駅前の商店街を抜け、海岸につながる坂道を下ります。

 その途中で見つけたのがこれ、路地裏の急な階段です。遠くに海が見えればもっと良いのですが、残念ながら高層のマンションに遮られています。スケッチはわずか10分、残りは家に帰って写真を見ながら、珍しく集中力も途切れず、この絵を一日かけて描き上げました。数カ所、おかしなところもありますが、許容の範囲としましょう。こんな風景が好きです。
160223熱海路地裏

金色夜叉 熱海とは陳腐ですが、MOA美術館で『山中常盤物語絵巻』を見ることが出来、好きな絵を描くことが出来、もちろん両者には大きな落差はありますが…、大仰に云えば、復活を確かめた旅でした。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 

express01 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Drawing | Travel

February 11, 2016

散歩の途中<12> 逢魔が時

 愛犬、ももとの散歩、彼女の歓心を引こうと、その日は広大な緑地の「あさざ池」から「とんぼ池」に向かっています。冬至はかなり前に終わり、昼間の時間が長くはなってきていいるのですが、注意してみると、朝昇った太陽はほとんど上昇せず、南の空の低い位置を西に移動、後1〜2時間で山陰に没しようとしています。そんな時、ただならぬ何か、一瞬の寒気を感じたのが一週間前でした。
夕暮れ時
 大人になって久しくこの感覚に陥った事はないのですが、子供の頃、時間の経つのを忘れて友達と遊んでいのですが、気がつくとうっすらと夕闇がせまり、今日、一緒に遊んだ友達と明日もまた遊べるはずなのに、ふと、もう逢えないのでは…、夕暮れ時はもの悲しく感じてしまいました。夕暮れの時間帯は「たそがれ時(語源は「誰そ?彼…」から、黄昏時の漢字を当てる)」、「かわたれ時(「彼は誰?)」とも呼ばれ、あるいは「逢魔が時」とも云われ、魔物と遭遇してしまう時間帯とされています。夕闇が次第に暗さを増し、昼間の明るさが次第に絞られてくる、人間の時間である明るい昼間と魔物の時間と陰り暗い闇の夜との間に横たわる、曖昧な時間、子供の敏感な感受性は物陰に魔物が潜み、次第に空中に見え隠れして飛び交うのを見ることになります。「人さらい、サーカスに連れて行かれるよ!」
  
 過去に1〜2日寝込むことがあっても、今回のように1週間近くにも続くものとは思いませんでした。不思議なことに…、朝起きて調子が良くても、太陽が西に傾き、もう後1〜2時間で没しようとする夕暮れ時、「誰そ?彼…」、魔物が見え隠れする「逢魔が時」、咳が…、熱が出始めるのは魔物が活動を始めた証拠、私を真っ暗闇の魔界に誘導するのでしょうか。

 病気になると気が弱くなるもので、急性肺炎で即入院の可能性もあり…とは医学・健康知識豊かなかみさんの意見、3ヶ月に1度の高血圧・痛風の投薬治療を受診している多摩丘陵病院へ行ってきました。 体力・抵抗力が衰弱しているので、お互い様とは云え、病院内はあらゆる病原菌・ウイルスの高密度集積地、何十年ぶりかでマスクで顔を覆って(まるで不審者)行って参りました。

 受付にて受診の目的を告げると、さすがにシーズン最盛期、インフルエンザ専門の待合場所にて待機することになりました。待つこと10分、私が初診らしく看護師が綿棒のようなもので、「ちょっとつらいですが…」とか何とか云う間に、鼻の奥の粘膜のサンプル採取します。さらに待つと、私の主治医が顔を出し、挨拶している暇もなく、「1週間は長いですね。念のために、レントゲンを…」と、思いがけず主治医に往診してもらいました。最悪、肺炎即入院も覚悟するほど弱気になった私は「ごくごく初期の気管支炎」との診断でした。現金なもので、だるさはまだ残っているのですが、インフルエンザの嫌疑も晴れ、肺炎の心配もなくなった今、気分は爽快です。
多摩丘陵病院内科待合室
 英語でTwilight Time、「人生のたそがれ」の意味があり、昔『「ミステリー・ゾーン "Twilght Zone"』と云うアメリカTVシリーズがありましたが、これには「睡眠と覚醒の間の意識=まどろみ」の意味があるそうです。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 

express01 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Drawing | Recent Event
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search