January 18, 2016

January 18, 2016

数奇者二代目 岩佐又兵衛

 摂津伊丹有岡城で信長に反旗を翻して籠城していた荒木村重は毛利方に遁走(1579)します。落城後、置き去りにされた家臣・人質122人は尼崎七松にて処刑され、信長の逆鱗に触れた村重とその家臣の一族郎党36人は京都市中を引き回された後、六条河原で斬首されます。…と、村重の謀反の様子が『信長公記』に記されているそうです。

 奇跡が起こります。落城寸前に、村重の息子:数え年2歳の又兵衛(1578年生まれ)だけが乳母に救い出され、石山本願寺に保護されたのです。

 時代は急変、「本能寺の変(1582)」を経て豊臣政権が成立しますが、村重は堺に戻り、武人ではなく、今度は茶人として復活、「利休の七哲」の一人に数えられるまでになります。芸術家として大成した村重は1586年、畳の上で死去、享年52歳でした。

 成人した又兵衛は母方の姓:「岩佐」を名乗り、信長の息子:信雄に「御伽衆」として仕える一方、絵師としての才能を発揮します。織田、豊臣、「関ヶ原」そして家康が江戸に開幕と時代は移り、岩佐又兵衛(1578-1650)は福井に居住、藩主:松平忠直・忠昌に仕えます。60歳の頃、幕府の招請を受け、江戸に上った又兵衛は江戸初期を代表する大和絵絵師と評されることになります。江戸で没しますが(1650)、遺言により、墓所は妻子と暮らした福井に在るそうです。

 中仙道、美濃国と近江の境の山中宿を幾度も往来した信長が「本来、乞食とは住所不定のはず。この者はいつも変わらず、この場所に居るのは何故か」と問うに、村の住人答えて「当所、常磐御前を殺してしまいました。その因果により、子孫の者は代々乞食となっています。山中の猿とは、この者の事でございます。」…と、同じく、『信長公記』に記されているそうです。
 
 常磐御前は何処で没したのか…、群馬県前橋、埼玉県飯能、実は私の住む東京都町田市にも「常磐」という地名があり、常磐御前に関係する地所と聞きますが、今回は関ヶ原の「山中宿」です。信長の時代(戦国時代)から4百年前の平安末期の話、物語が作られたのは2百〜3百年前の室町時代に入ってからの話、日本人の誰もが知る貴種流離譚:義経伝説、その母:常磐御前の最期が、既に今から4百年以上も前、信長の時代に一般庶民まで広く流布していたことに今さらながら驚いてしまいます。
 
 又兵衛最高傑作の一つ、『山中常盤物語絵巻』、おどろおどろした、血染めの常磐の姿は強烈、信長に惨殺された彼の母の姿でした。
山中常磐物語絵巻_2

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search