October 2015

October 31, 2015

俳聖殿

 上野天神祭_2「同窓会」と私だけが呼んでいますが、今年も「伊賀上野天神祭」が催される10月24日・25日にいつものメンバーが集まりました。メンバーの一人、新潟に住む彼は大学時代はワンゲル、京都でのOB会には必ず出席、全国に散らばるOBと共に山へ登っているそうです。彼の伊賀上野入りの目的は、同窓会に加えて、「天神祭」楼車(だんじり)の綱を引くことにあるのです。老い故の体力低下・故障・病気に悩む他の出席者からすればうらやましい彼です。

上野天神祭_5 「上野天神祭」は400年余りの歴史があり、神輿(みこし)・鬼行列・楼車(だんじり)が行列を組んで、上野の町衆街だけを巡行します。伊賀上野は戦国時代、織田信長に反旗を翻した「惣」と呼ばれる自治組織を持つ土地柄、豊かな町衆が自主的に始めた祭です。関ヶ原後に入封した藤堂家も慣例に従わい、むしろそれを楽しんだのでしょう。祭そのものは一回見れば済むもので、残念ながら、彼のように「祭=命」の感覚にはなりません。

 おそらく、芭蕉もこの豪華な「上野天神祭」を見たことでしょう。芭蕉は武士でも、農民・町民でもない、伊賀国では「無足人」と呼ばれる郷士、藤堂新七郎良清の長男:良忠(俳号は蝉吟)に仕えたが、その仕事は料理人でした。良忠とともに京都にいた北村季吟に師事して俳諧の道に入るが、良忠は若くして急死、最良の理解者・支援者を失います。西鶴が主流を占める大坂・京には新参者が入り込む余地もなく、芭蕉は一大決意をして藤堂家を離れ、1672年、句集『貝おほひ』を上野天神宮に奉納、江戸に向けて出立しました。

 既に戦国時代は過去のものとなり、平和と安定の世に変わりました。絶対的な立法権と行政権(軍事・警察権)を独占していた武士階級はその社会全体の富を独占できるはずなのですが…、そうとはならず、時の経過とともに貧しくなっていきます。農業生産力の飛躍的拡大、治水・治山・新田・鉱山開発が進み、道路・航路などの交通網が発達、物流が活発化、商品経済が発展、圧倒的に商人の時代、「元禄文化」が生まれます。「上野天神祭」の担い手も時代の主役、上野の町衆でした。

 芭蕉の人生の再出発を誓った江戸入りは大当たり、日本橋小田原町にて俳諧師として一定の成功を収めます。大坂の西鶴をも凌駕する人気をおさめるが、それもつかの間、芭蕉は今まで確立した俳諧師としての豊かな生活を捨て、深川に隠棲します。どうして…唐突に?一説には、彼の妾=内縁の妻:寿貞と甥の桃印との不義密通が理由だったといいます。因みに、〜 夜密かに虫は月下の栗を穿つ 〜とは不気味な、鬼気迫る一句です。彼の失意を救ったのは仏頂和尚、禅との出会いでした。ジェットコースターのような半生も終盤にさしかかります。
151028伊賀上野俳聖殿
 再び芭蕉を襲ったのが、1682年12月、天和の大火(「八百屋お七の火事」)でした。庵を焼失し、再び失意のどん底に落ちます。ここでまたもや這い上がるのが芭蕉で、彼は庵を捨て、「笠」を最小の「庵」と考え、侘び住まいの芭蕉庵も旅の笠も同じ、「旅」という新境地に到達します。結果から見ると、彼の「旅」は俳諧布教の旅であり、訪れた至る所に信者を作り、神格化され、崇められ、あちこちに句碑・記念碑が建っています。そんな芭蕉の旅姿をモチーフにした建物、その名も「俳聖殿」、伊賀上野城内に在り、ありがたいことに、近くに控えているボランティアが芭蕉の一生を語り聞かせてくれます。もちろん、信者の奉仕活動です。

 「年寄りのアイドル」と呼ばれているそうですが、我が同窓会では体力低下・故障・病気そして年金に関して話題に上ることがあっても、芭蕉の話には至りませんでした。来年を楽しみにすることにしましょう。

※参考:永田龍太郎「人間芭蕉記 」 司馬遼太郎「十六の話 ・文学から見た日本歴史」 嵐山光三郎「悪党芭蕉
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | Travel

October 14, 2015

大久保長安_その

 音楽を語る資格など私にはありませんが、バンド仲間の一人が曰く、ジャズが好きな(あるいはクラシック好きな)人はどこかでカントリー、ブルースを馬鹿にしているように感じると言います。カントリー、ブルースは基本的には3コード、多くても4〜5つか…、複雑なコード展開のジャズやクラシック音楽に比べれば極めて単純、原始的な音楽です。しかし、コード展開とリズムが単純だからこそ、アフリカのブードゥー教や櫓の周りを回る盆踊りのように、人を狂わせ、恍惚・トランス状態に没入させるのです。

阿国(?) 芸能とは、踊る・舞う・歌うこと、人間の身体をもって表現する技法にて、その起源は「神々との交流」するシャーマニズムの儀礼でした。大和朝廷は歌舞を芸能化し、これが神楽のもととなったと考えられています。神楽は大陸から渡来の散楽・雑楽であり、神楽の旁:「申」をとって「申楽」とは世阿弥の言の由。平安・鎌倉時代には、朝廷・貴族、後には幕府と結びついた力のある社寺専属の芸能集団を形成、社寺・仏像建立の為の寄付を募る「勧進」興行が行われ、室町時代には観阿弥・世阿弥が現れ、「猿楽」=「申楽」を大成します。この室町時代を境に、鉄の利用が拡大して森林開発・農耕生産力が増大、社会分業が進み、商品市場・交通が活性化します。米を作る農民は「良民」、その下に商業・工業者を、生産に従事しない芸能民はさらに低い身分に置かれました。安土・桃山時代には、信長・秀吉の宗教政策によって社寺勢力は衰退、社寺の持っていた芸能の興行権も大幅に制限され、社寺に管理されていた芸能活動が各地の芝居小屋で観られるようになります。「かぶき者」と呼ばれた「出雲の阿国」が登場するのはこの時期、ご存じの通りです。

大久保長安_1 お待たせしました。ここで、大久保長安が登場します。1545年、長安は春日大社に奉仕する金春流猿楽師:大蔵大夫の次男として誕生します。金春流は、観世流と同じく、秦姓を名乗る猿楽師で、祝宴の席などで、歌謡・楽器を演奏する音楽とともに、奇術・曲芸などを演ずる軽業師・芸能者でした。猿楽師は、山師・金堀・踏鞴師・鋳物師・鍛冶師・木地師・塗師・炭焼、さらには傀儡師・白拍子などの芸能者、ある時は隠密活動を請け負う、「一畝不耕」「一所不在」の「漂泊の民」あるいは「道々の者」の中の一職能集団でした。

 大蔵大夫率いる金春家は甲斐国武田家に猿楽師として仕え、長安は蔵前衆(代官衆)として、武田氏の富の源泉:黒川金山の経営に参加、猿楽衆もその一員である「道々の者」、山師・金堀などの鉱山・土木・建築・治水・治山技術者との関係をつくり上げます。武田氏滅亡後は、家康に仕官、譜代の大久保忠隣の庇護を受け、大久保姓を名乗り、八王子に陣を構え、佐渡・石見・院内・伊豆銀山を経営、その生産量を飛躍的に増大させます。彼は従来の「灰吹き法」ではなく、ポルトガル領ボリビアの銀山で開発された「アマルガム法」を採用したことが飛躍的な増大に繋がったと言われています。

 因みに、国家安泰・五穀豊穣を祈願して建立されたのが東大寺大仏(752)、大仏の金めっきは、アマルガムを加熱すると水銀だけが気化するという性質を利用しました。蒸発した大量の水銀が地下に沈殿、この井戸水を飲むことにより水銀中毒が発生、当時は「得体の知れない」病気が発生、遷都せざるを得なかったという説もあります。これを応用、金鉱石を細かく砕いてこれを水銀でアマルガムにすると不純物は水銀に溶けないので、アマルガムを加熱・蒸発させると効率的に金を精錬できるようになります。南蛮人からの情報をもとに長安の配下の者(金山衆)が考えたのでしょう。
 
 甲州街道の目的は江戸城の搦め手、脱出ルートを確保することにあり、新しい宿場=新宿の北側に鉄砲百人隊が住んだ百人町、さらに進むと八王子には「千人同心」が住んだ千人町があり、甲府城のある幕府の天領につながり、さらには、天竜川を南に下ると駿府につながります。長安は卓越した能力で「道々の者」を采配して都市・道路建設を行います。江戸城の搦め手は半蔵門、この服部半蔵は「伊賀者」の長、元はといえば「道々の者」でした。

 1613年、長安死去。死後、生前に不正蓄財を理由に、長安の7人の男児は全員処刑され、姻戚関係にあった諸大名も連座処分で改易となります。さらには、埋葬されて半ば腐敗していた長安の遺体は掘り起こされて斬首、首は晒されました。長安の権勢・蓄財というよりも、彼の背後にあるもっと大きな力を恐れたのではないでしょうか。

 時代は幕末、八王子「千人同心」の末裔(?):近藤勇率いる甲陽鎮撫隊は甲州街道を西に向かったものの、彼が到着する前に、甲府城はすでに板垣退助の新政府軍に占領されており、遅れてやってきた甲陽鎮撫隊はあっけなく壊滅してしまいす。

※ 参考資料:沖浦和光「『芸能』の起源」 世阿弥「風姿花伝

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | Music

October 04, 2015

大久保長安_その

東京都といっても西の端、町田市に住んでいます。明治初期には、神奈川県に入ったり東京都に編入されたり、どっちつかずの、早い話が、どうでもよい地区だったのでしょう。南に横浜市、西に相模原市という2つの政令指定都市に、北には武蔵野国多摩郡の面影を色濃く残す八王子市に隣接しています。横浜、相模原は幕末・近代以降の町ですが、八王子は、ここを統治していた後北条氏滅亡し、家康の関東移封を契機に大いに発展しました。すぐ北に隣接、関東地方の天気予報では、東京都内と並んで、八王子市の天気が表示されることもあって、近すぎる・身近すぎるのか、古いですが…、かといって、洗練された古さでもなく、あまり興味の持てる街ではありませんでした。

 そんな八王子を、ウォーキングが趣味のIkeさんを誘って歩きました。JR八王子駅の北側を甲州街道に平行して歩きます。 そこで見つけたのがこの、イメージ通りの八王子の風景です。
八王子街中の風景_2

産千代稲荷 元へ。20分ぐらい歩くと産千代(うぶちよ)稲荷神社に至ります。
 1590年、後北条氏が滅亡、関東に入封した家康の命を受け、大久保長安(ながやす)は江戸城を守る重要拠点として八王子に陣屋を設けて、関東十八代官の代官頭として関東全体の統治を行いますが、その際に創建されたのが「産千代(うぶちよ)稲荷」です。実は大久保長安という人間を知りませんでした。八王子、甲州街道そして千人同心を作った人…、それ以上の興味を持つこともなかったのですが、彼の出自、もう一つの側面を知って興味が沸き、今回の八王子行きに繋がりました。

大久保長安_1 長安は、大蔵流猿楽師の子として大和国(奈良)に生まれ(1545)、祖父は春日大社で奉仕する金春流の猿楽師で、父の信安の時代に大和国から播磨国に流れて大蔵流を創始した。「能・猿楽」は観阿弥・世阿弥父子により南北朝時代から室町時代にかけて大成されますが、戦国時代になると将軍家や寺社の勢力が低下、座は分裂、各流派は勃興する各地の武将を頼って地方へ流れて行くことになります。観世流は駿河へ落ちたために、 今川義元の人質だった家康が観世流に親しむことになり、 江戸開幕以降も観世流が筆頭の地位が与えられることになります。同じように、大蔵流の父兄とともに甲斐国に落ち、武田信玄に父は猿楽衆、長安と兄は同見習いとして仕えました。武田家滅亡(1582)の後、長安は家康家臣となり、大久保忠隣(1553-1628)の与力に任じられるが、この際に名字を賜り、姓を大久保に改めます。驚くべき事に、長安の本当の姓は、観阿弥・世阿弥と同じく「秦(はた)」で、その先祖は秦川勝に繋がるというのです。

 信玄の配下、長安は猿楽衆見習いだけでなく、治水・治山・鉱山・設計・工事を行う蔵前衆となり、黒川・湯の奥金山の経営に参加、戦時には後方支援・兵站を担当した。武田家滅亡の後、家康家臣となり、交通・産業など広範囲に渡り徳川幕府創業期に大きく貢献する。見地を全国的に展開して財政力を高め、東海道・中仙道に里塚・宿駅を設け、甲州街道を新設、紀州新宮から佐渡までの航路を整備し、石見・佐渡・院内・伊豆金山を開発・経営、「アマルガム法」と呼ばれる南蛮精錬法を導入して生産力を飛躍的に拡大した。八王子を領地とし、敗れた今川・武田・後北条の浪人対策・治安維持・西の重要地点守備を目的に開発・整備され、それを担ったのが旧武田家家臣からなる「八王子千人同心」でした。 超人的な活躍です。

 浄土信仰が大流行した平安末期・鎌倉の再来か、戦国時代から江戸時代にかけて人々は明日の命も知れず、浄土真宗は一向宗の門徒集団として政治力を持つようになり、伝来のキリスト教が大名から庶民まで、身分に関係なく浸透、日本は史上最大の宗教の世紀を迎えます。農業中心の世界から商業・工業重視する世界への移行、それに付随して芸能の発展、「非農民」=「芸能人」=「道々の者」の興隆が見逃せません。長安の超人的な才能は猿楽師、いや、その先祖としての秦氏に関係するものでしょうか…、次回はこのあたりを探ってみることにしましょう。

※ 参考資料:川上隆志「江戸の金山奉行 大久保長安の謎 」 村上直「千人のさむらいたち 〜八王子千人同心〜」
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 

I appreciate YOUR SUPPORT.  ▼ 皆様のご支持をお願いします。
 にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 19:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | Recent Event
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search