November 2014

November 19, 2014

黄色いハンカチとリボン

幸福の黄色いハンカチ 理由は定かではないのですが、申し訳ないけど・・・どうも、私は山田洋二監督の作品が好きではありません。『寅さん』シリーズなど、何故シリーズにするほど人気があるのか、全く解りません。ずーっと長い間、映画:『幸福の黄色いハンカチ(1977)』はドーンの『幸せの黄色いリボン(1973 DAWN, "Tie A Yellow Ribbon ('Round The Ole Oak Tree)"』が元ネタと思っていました。
 男は出所前に手紙を出していた。「もし、自分の帰りを望むなら、木の幹に黄色いリボンを結んでおいてほしい。リボンがなければ、そのまま行ってしまうから。」 男はバスに乗って故郷の近くに至るが、勇気がなくて、車中で知り合った男に木を見てもらう。果たして、木の幹にはたくさんのリボンが結ばれていた・・・、というのがグーッと来る、泣かせるところです。

 このドーンの大ヒット曲も、山田洋二監督の映画作品も、二つの元ネタは、1971年にニューヨーク・ポスト紙に掲載されたコラム、ピート・ハミル(Pete Hamill)作『Going Home』だそうです。ピート・ハミルは『幸せの黄色いリボン』の詩を書いたアーウィン・レヴィン(Irwin Levine)を訴えますが、ハミル以前からの伝承があるものとして退けられます。

新網走番外地ポスター 昭和の一時期、一世を風靡した「唐獅子牡丹」の映画はほとんど見ていませんが、多くの賞を総なめにした作品:『幸福の黄色い』だけはビデオで観ました。恥ずかしくはないか・・・、といつも自問している男、不器用で寡黙な男、高倉健。

健さん、ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Movie | Music

November 08, 2014

伊賀上野天神祭 2014年

伊賀上野天神祭_翁 京都で同じ下宿に暮らしたということで、伊賀上野天神祭のこの時期(10月23〜25日)、3人はそこに住む友人:Toshiさん宅に集まっているのですが、私も3年前からその同窓会(?)に参加させてもらっています。去年は、大きな台風が近畿地方を襲い、京都嵐山渡月橋辺りで桂川が氾濫するなどして、その影響でこの祭も中止となりました。去年は秋も深まって肌寒く感じたのですが、今年は一ヶ月、少なくとも数週間は、季節が後戻りしたような暖かさ…というより、暑さでした。

宵山 奥方:Junkoさんの実家が古くは、上野西町、大和街道というメインストリートの一角に小間物屋として栄えたそうです。ご夫婦はその跡地に家を建て、通常は大阪に住み、月に1〜2回はここにやって(帰って)来るという生活をされています。以前にも書きましたが、当地は古来より飛鳥、奈良、京都の都に接し、五畿七道の一つ、東海道の最初の国:伊賀国に在り(因みに、東海道の東端は常陸国)、倭武(ヤマトタケル)がこの道を東に向かったのか、大和街道は当初、幹線街道としての東海道の一部だったのか?…、壬申ノ乱の大海人皇子が、平安時代末期には源義経が、時代は下って、「天正伊賀の乱(1578-1581)」で信長が、「本能寺の変(1582)」で密かに服部半蔵が先導して家康を伊勢へ逃がす「伊賀越」、この辺りが舞台でした。

 浅井長政の足軽に始まって8回も主人を換え、戦国・江戸時代初期を生き抜き、築城技術に長けた藤堂高虎は外様にもかかわらず徳川家康始め三代の信任厚く、同じく築城技術に長けた加藤清正は息子の代に改易となったとは対照的に、藤堂家は別格譜代の厚遇を受け伊勢・伊賀二国にまたがる大大名(32万石)となり明治まで続きます。内政手腕だけでなく、文学や能楽、茶の湯を嗜む文化人でもあった高虎は天満宮の改築、寄進等にも力を注ぎます。上野天神祭は、二代目藩主:藤堂高次の時代(1660)に始まり、その後一時は倹約令で中止となったが、元禄(1688 綱吉の時代)に復活、三代藩主:藤堂高久は祭礼を城内假御殿より見物、田楽、能、狂言等が行われた。同地出身の松尾芭蕉だけでなく、井原西鶴、近松門左衛門とは同時代、商品・貨幣経済、前資本主義社会・前近代社会ともいうべき時代の文学であり、上野天神祭は正に勃興する商人・町人が作り上げた祭でした。
伊賀上野天神祭商店街_2

 AkiraさんはToshiさんの所属する上野西町の山車を引くために、遠く新潟からやって来るのです。町内の人からも当てにされているのは嬉しいが、出来れば山車を引くのは午前中だけにして欲しい、ここ数年は伊賀上野天神祭と言えば山車を引いているだけで、祭全体を見たことがないそうです。…というより、長時間山車を引っ張るのが辛い、体力がなくなってきた、というのが本音でしょう。午後、山車を抜け出し、私にはどうでもいいように映るのですが…、私と二人で観光客向けに用意されたスタンプラリーに参加、13ヶ所のスタンプ・ポイントを約1時間をかけて上がりのゴールへ、結果は残念ながら二人とも参加賞の山車をデザインしたクリアファイル、さすがは伊賀上野天神祭の大ファン、私の参加賞も差し上げると、満足気な彼は山車の牽引に復帰します。因みに、住民は祭に何らかの手伝いをしないとペナルティとして数万円を徴収されるそうで、Akiraさんの上野天神祭好きもToshiさん上野西町宅に十分貢献しています。すみません、何も貢献できず…。

Junkoさん、お世話になり、ありがとうございました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | History_Japan
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search