October 29, 2014

October 29, 2014

ありがとう!SUBARU

 一昔前までの車の新聞広告、どれを見ても品川ナンバーでしたが、関西からやって来た人間にとっては「品川ナンバーの何処がいいの?」、品川ナンバーにはよそ者には計り知れないステータスがあるようです。世田谷区の住民が「世田谷ナンバー」創設に反対の訴訟を起こしたとか…、私にとってはどうでもいい話です。以前、金沢に車で行った人からの話で、路上駐車をしてしまい、パトカーの拡声器から「そこの、横浜ナンバーの車」の声、すると、廻りの人達が一斉にその車を見たとか…。私を含めた関西人は、港町:横浜・神戸ナンバーに憧れるようです。

 ナンバー・プレートついでに…、その形状が「ヨーロッパのように横長の方がスタイリッシュ」との声があって検討されたが、「見直すだけの正当性やメリットに乏しい」ということで見送られたそうです。40年ほど前、輸入車が「外車」と呼ばれていた時代、その「外車」と「国産車」、見た目の大きな違いはミラーの位置で、「外車」はドア、「国産車」はフェンダーに付いていました。ミラーはデザインには入っていないそうで、国内で見る日本車フェンダーにニョキッとミラーが付いてデザインが台なし、日本車を海外で見ると、国内で見るそれとは全く違い、格好良く見えたものです。後方視界という安全面から見れば断然フェンダーミラーなのですが、その証拠に多くのタクシーがフェンダーミラーです、デザイン的には断然ドアミラーです。デザイン上、古代の遺物がナンバープレートで、こんなどでかい、いわんや軽自動車には…、ほんとうに日本の役人はダメですね。単に大きすぎるだけではなく、「品川・多摩」はしかたないにしても、ひらがなはいけません、アルファベットにすべきでしょう。あくまでもデザインの一環です。基本的には、数字ごときはどうでも良い話で、さすがにいなくなりましたが「光るプレート」など論外です。つまるところデザインとは、好きか嫌いか…、ということです。

Subaru Leone Estate Van 先日、10年間乗って来たSUBARU Outbackを手放しました。「団塊の世代」の末席に位置する私は、同世代の皆さんと同じく、車への憧れが強く、SUBARU FF1の中古車に始まり、次に買ったのがSUBARU Leone 1600 4WD エステート・バンでした。当時まだまだ日本の車社会は未成熟…、バンとは商用車で4ナンバーでした。本来ならばステーション・ワゴンなのですが、ワンボックスカー(もはや死語、今はミニバン、ミニバスでしょう?)がワゴンと呼ばれており、仕方なく付けた名前だったのでしょう。日本で唯一の…、水平対向エンジン、4WD、独立懸架サスペンション…等々、自慢の車でしたが、このネーミング:「レオーネ エステート・バン」だけは堪忍できず、購入と同時に、「Leone 4WD」のエンブレムを外してしまいました。一言で言えば、センスの悪い車でした。アルミホイールはそれほど普及しておらず、ましてや、PCD・オフセットが異なる、少数派のレオーネのホイールを製造しているメーカーはほとんどありません。よく出張で訪れたオーストラリアで8スポーク・ホイールを購入、船会社に頼んで、日本まで運んでもらい、これを履いて得意になったものです。

SUBARU + Wagon R
 任意保険の保険料をやっとのことで払い、12月にやって来る車検の費用が重くのしかかって来ます。人間と同じく、経年疲労故か、去年には旅行中にドライブシャフトのカバーが破れ、バッテーリーも交換、次の部品交換はどうなる…、重量税は?、一方ではガソリン価格も高止まり、と悩ましい毎日でした。これをきっかけにかみさんと大げんか、勢いで…「車を手放す」と宣言してしまいました。すると、「仕事で使うので私が買う」とばかりに、彼女が購入したのが軽自動車:SUZUKI Wagon R、今までは私の部屋に置いてあった車のキーは、彼女の意向で玄関ドアの近くに移動、当然の事ながら、私の許可もなく…、自分の車を使っております。

 バンドの練習日にはギター、アンプその他を車で運ぶ必要あり、「車をお借りします」、その立場は逆転しました。経済上だけでなく、暗雲が垂れこめたような憂鬱が今や一掃され、精神衛生上の負担も軽減されたのですが、近所・知人からは「代車、長いですね」、「カワイイですね」…の皮肉?、笑って聞こえていないようなふりをして過ごしています。 そう言えば、かみさんのこの言葉にも答えていません。「車の大きさが2/3じゃ、洗車場に行かなくても、ここで洗えるでしょう。」 

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search