September 2014

September 29, 2014

9月も残りわずか1日

 肝心の仕事は全くの暇…、それ以外は稀に見る忙しい年で、地域管理組合の副理事長の職を引き受けて、隔週末の理事会出席、その議事録作成、凡そ月刊の会報発行しなければなりません。加えて、地域内で発生する諸々の事案に対応しなければなりません。

 野良ネコに餌をやる人がいるらしいのですが、通報者の言うとおり、これは全く無責任な動物愛護…と、ここまではどこにでもありそうな話ですが、これからがこの管理組合ならではの出来事で、タヌキを餌付けしている人がいる、との報告には驚いてしまいます。実は、数ヶ月前、かみさんが大声で私を呼びます。駆け寄って、指さす方を見ると、前の棟をタヌキが横切って走り去って行くではありませんか。話には聞いていましたが、目の前十数メートルを過ぎ去ったのは、明らかに犬・ネコとは体型の異なる、タヌキでした。
小山田荘鳥瞰図_2
 過去に幾度か触れましたが、この管理組合(190世帯)の属する小山田桜台団地(1500世帯)は、いいように云えば里山が残る、当地方独特の呼び名である「谷戸」が多く見られる自然豊かな、悪く云えば単に開発の遅れた、取り残されたような、広大な丘陵地帯=私の云う「小山田庄」の中にあるのです。the-village 1ある意味、映画:『ビレッジ The Village (2004)』のような「小山田庄」、「2020東京オリンピック」誘致成功で俄然現実味を帯びてきた「小田急及び多摩モノレール」延伸の話、個人的にはモノレール延伸、新駅誕生が頭一つ先行しているように感じるのですが…、どっちでもいいから早くやれよ!…。

プランター_サルビア 通学途中の悪ガキどもの仕業か…、歩道に設置されたプランターに我々が植えたサルビアの花が何本も引きぬかれたり、悪気もなく、お年寄りが引き抜いて持って帰ったり、外部の不良どもが駐車してある車のモールを外したり、車のルーフに登ったり、他人ごとでもないが、高齢者が車を前進しようとして駐車場の後のフェンスにぶつけたり…と、いろんな事件・事故(?)の情報が寄せられます。ここで気がつくのは、「荒れる教室」など小中学校の授業崩壊が終息したのか、悪ガキ・不良による事件は減少、逆に高齢者による高齢故の事故・事案が増加している傾向があるということです。このような事件・事案の発生を抑止する目的で、防犯カメラ・システムが導入されました。プライバシー・肖像権の問題もあり、カメラの設置数・位置および撮影範囲には種々の制約・規制があり、そのシステム管理・運営規則を整備しなければなりません。

花壇_苗植えこみ準備 6月末、朝から雨の中、皆で団地内の花壇・プランターに苗を植えました。町田市の苗床に車で行き、苗を持ち帰り、予め計画された設計図に従っての植え付け…、もちろん、私にとっては初めての経験でした。そうそう、8月末、団地の夏祭りも忘れてはなりません。各管理組合の理事は1ヶ月も前から準備に駆り出され、何らかの形で実行委員のメンバーに組みこまれることになり、祭が終わった次の週末には、盆踊りの櫓、神輿を分解して倉庫にしまわなければなりません。祭が終わると、今年の夏も終わりです。あれから3ヶ月、水遣りなどのお世話の結果、花壇(秋)皆で植えた苗は見事な花を咲かせて目を楽しませてくれます。苗を植えた一人として参加した町田花壇コンクール、結果は残念でしたが、皆で協力してここまでやれたことには大いに満足です。

 月に最低3回のブログ更新を心がけているのですが…、9月も残りわずか1日、書く時間がないという言い訳がましいこの記事で何とか最低限の発行頻度を確保、ここは10月にご期待下さい。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Local

September 21, 2014

ノルウェイの森

 洋楽かぶれの私はラジオの深夜放送をよく聞きましたが、そのころはまだパーソナリティという職業(?)は未だなかったでしょうが、音楽評論家なる職業の人が現れた時代です。湯川れい子と同じく彼もその走りでしたが…、福田一郎(故人)がサイモンとガーファンクルを紹介するのに、彼等のデビューヒット:『Sound Of Silence』を、何を勘違いしたのやら…、『サイレンの音』」と訳したのには当時中学生(?)だった私も呆れてしまいました。似たような話で、『Bank Of Ohio』(古いバラッド ジョーン・バエズも歌っていた?)を『オハイオ銀行』」と訳した人がいたが、実は『オハイオ川の岸辺に』でした、とはバンドのNobuさんから聞いた話です。

 似たような話で、ビートルズの『Norwegian Wood』、邦題:『ノルウェイの森』は当時東芝でビートルズ担当のディレクターが意味をとり間違えて付けたそうです。私などは、6?の今日まで、『ノルウェイの森』の訳に何ら疑問を感じませんでしたが、語学的には全くおかしいそうで、「森」ではなく、正しくは「ノルウェイ産の材木、それで出来た家具(部屋)」だそうです。早い話が「ベニヤ板でできた家具(部屋)」、これでは詩にはならないでしょう。訳が正しい、間違いはともかく、断固として、「ノルウェイの森」でなければなりません。

 〜 禁煙のサインが消え,天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れ始めた。
それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの『ノルウェイの森』だった。 〜 

 同世代の村上春樹のベストサラー小説の一場面、学生時代より英語に接して来たそうですが、同じく、何の抵抗もなくその曲を『ノルウェイの森』と呼ぶだけでなく、小説のタイトルそのものに使っています。

 ビートルズの『Norwegian Wood』の一節…

 〜 Isn't it good, Norwegian Wood 〜 は当初 〜 Isn't it good, knowing she would 〜 だったそうです。

 「彼女がヤラせてくれるのが判っているなんてイイねえ」とは、未だアイドル色を色濃く残す彼等には極めて不適切、ということで音・響きのよく似たNorwegian Woodになった、という説に始まり、ボブ・ディランの影響、マリファナ、セックス、ジョンの浮気など…、枚挙に遑がありません。お好きな人は、どうぞSONGFACTSlyricinterpretationsを御覧ください。マニアックですよ。

TheBeatles-RubberSoul そんなことよりもビートルズが偉大だったのは、この『Norwegian Wood』も入っているアルバム:『Rubber Soul (ラバー・ソウル)』が従来のアルバムの概念を替えてしまったことでしょう。ボブ・ディランの『ブロンド・オン・ブロンド』に触発されたというこのアルバム、まず最初にこのアルバムタイトル、ビートルズ初めイギリスのバンドが、アメリカ黒人ミュージシャンから「Plastic Soul」、「まがいもののソウル、ソウルもどき」との酷評に対する彼等の皮肉を込めた自信の表れが感じられます。アメリカのアルバムといえば、員数合わせのような、単に10〜12曲の詩を何の脈絡もなく並べたものでしたが、『Rubber Soul (ラバー・ソウル)』はコンセプトアルバムであり、彼等が既にアイドルの域を抜け出し、バンドの各人がアーティストとして確立されています。ビーチボーイズのブライアン・ウイルソンはこれに大きな影響を受け、アルバム:『Pet Sound ペット・サウンズ』(1966)を制作します。

 Kunさんが皆さんの前で『Daydream Beliver デイドリーム・ビリーバー』を歌ったのが2010年9月23日、あれから早4年、久しぶりに彼が新曲?:『Norwegian Wood ノルウェイの森』に挑みます。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music 

September 11, 2014

さようなら、今年の夏

団地祭ポスター どうです、この賑やかなポスター。夏休みも残り少ない8月の週末、「第30回団地祭」と称する当団地全体のお祭でした。1984年に初代が入居して30年という記念すべきお祭で、その企画・実行、運営委員の皆さんの意気込みはすさまじいものがありました。祭にいたる一ヶ月間、毎週末は準備に費やされ、正直に言いますと、子供の時から、盆と正月に帰るべき田舎もなかった私は、祭には全く興味がありませんでしたが、参加するからには徹底して頑張らなければなりません。当初からの神輿も先輩諸氏の手作りとくれば、盆踊りの櫓も自前、その組立は一人の指示に従って巨大なプラモデルを組み上げていく、云わばガリバー旅行記。部品の一つ一つ、例えば柱、昔は一人で軽々と運んだものですが、今や3人がかり…、来年の開催は難しいのではないでしょうか。

 櫓の廻りを回る盆踊り、その太鼓とお囃子、繰り返されるリズムは、アフリカの土着宗教のように、あるいはブルースのリフのように、参加する人をある種、恍惚感と高揚感に導くのでしょう。電灯のない昔、満月の下ではなおさらの事だったことでしょう。現代では、盆踊りやお囃子が地元の保存会によって守られているかといえば…、ただそれだけでなく、政治団体と結びついている例が多いというのもうなずけます。調子のいい曲がかかり、太鼓やお囃子が入るのですが、主に輪になって踊っているのはこの辺のお祭を廻っている婦人会(今では死語?)の皆さん方のようです。

 団地の中には小学校があり、それこそこの祭の誕生した30年前には、東京都で最も大きな小学校だったそうですが、今は昔。「全戸駐車場付き」がウリでしたが、ここに来て、車を手放す住民が多く、駐車場が余りはじめ、団地内の路上駐車・駐車違反が激減、駐車場収入に大きく依存している修繕費の改定も考えなければならない事態がやって来ています。

 30年が過ぎた今、若かった親も今や老い、その子供たちはもう此処にはいません。子供たちの世代はこの街に戻って来るでしょうか…、それとも、私たちの高齢化が進み、その向こうにあるのは…限界集落…、と想像するのも恐ろしい話です。これは日本の多くの街が抱える問題であり、この小山田桜台も例外ではありません。解決のヒントは、如何に魅力のある街にするのか…、難題ですが、解決していかなければなりません。

多摩モノレール 初代に入居された住民の中には、「もし延伸されてこのモノレールの駅が小山田桜台の近くに出来れば…」、といううまい話に乗せられて…、早30年が過ぎました。その間、浮かんでは消え、消えては浮かんだこの話、生きているうちは実現しないだろうとは、つい最近までのもっぱらの話でした。過去に何かとうわさのあった、小田急と多摩モノレール、二つの延伸の計画でしたが、ここに来て多摩モノレール延伸が一歩先行、町田市が俄然積極的にモノレール延伸を推進し始めたようです。JR町田駅までの延伸は望みません。車輛基地を併設した小山田桜台駅始発で多摩・立川方面につながるだけでも画期的な話です。30年の悲願、体が動ける内に実現してほしいものです。これが小山田桜台再生の大きな起爆剤になるはずです。
さようなら、今年の夏。
 祭も終わり、夏は終わりました。

 さようなら、今年の夏

 …名残りのサングラス、西に傾いたが、まだまだギラギラの太陽、パラソルをたたんで帰ります。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 


express01 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Local
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search