September 2012

September 23, 2012

逗子田越川の畔

祖父、藤原成親は、平家一門を滅ぼさんとした「鹿ケ谷の陰謀(1176)」の主犯の一人として、備前国に配流、後に殺されます。、平維盛は、その父は重盛(その妻は成親の妹)、祖父は清盛に繋がる平家一門の嫡流、「富士川の戦い(1180)」で頼朝に、「倶利伽羅峠の戦い(1183)」で義仲に敗れ、京、六波羅を後に都落ちします(1183)。一門の中で苦しい立場の維盛は、「自分が死んでも出家などせず、再婚して子供たちを育てるよう」と告げ、追いすがる妻子(若君10及び姫君8歳)を京に残して西国に逃れますが、妻子への強い愛情を振り切ることが出来ず、とうとう屋島の戦線を離脱して京に戻ろうとします。…が叶わず、滝口入道を頼って高野山へ逃れ、最期は、熊野にて入水自殺を遂げます。六代御前まえバス停(看板)_2

「六代」、正盛から数えて六代目、維盛の幼名が「五代」だったので子供を「六代」と呼んだという、本名は「高清(たかきよ)」、一般的には「六代」と呼ばれます。もちろん一門の嫡流です。親子は、平家が「壇ノ浦の戦い(1185)」に滅んだ後も、嵐山に密かに隠れ住んでいましたが、鎌倉の代官:北条時政の残党狩りの探索の網に捕まり、愛しい我が子さえも捕らえられたことに気が狂わんばかりに悲観してしまいます。「六代」の命も風前の灯火…、そこに文覚上人が現れ、「六代」助命の為に猶予を申し出ます。挙兵を奨めた文覚に恩を感ずる頼朝に 助命 を直訴に鎌倉へ向かいます。すでにその猶予期間も過ぎ、足柄の峠の手前、駿河国で今まさに処刑が執行されようとする、その時、文覚の弟子の僧が馬にむち打って駆けつけて来ます。頼朝の赦免状が届き、間一髪のところで救われます。悲観のどん底から希望へ、と思ったら、悲観のどん底へ、と思ったら、希望へ…、まるでジェットコースターに乗っているようなテンポの速い舞台回しです。

1189年「六六代御前 墓標代」は剃髪して妙覚と号し、1194年には頼朝に謁見、異心無く出家したことを伝えます。僧として、まずは高野山に滝口入道を訪ね、父:維盛出家の様子を聞き、父の最期の地:熊野へ、諸国を訪ねて父:維盛の菩提を弔っていました。1199年頼朝死去。文覚が謀反を企てたとして隠岐国に流罪となり、「六代」も捕らえられ、鎌倉への護送の途中、今度は足柄の峠を越えて相模国、逗子田越川の畔にて斬首、「六代」=妙覚26歳でした。

「それよりしてぞ、平家の子孫は絶えにけり」の一文は「平家物語」冒頭の、「諸行無常」、「盛者必衰の理」を実感させる重要な結びとなります。

父を、夫を、息子さえも失った女、維盛の北の方は夫の遺言通り吉田経房(つねふさ)と再婚、娘と共に経房の屋敷に住んでいましたが、1193年、娘を18歳で藤原実宣に嫁がせます。

源頼朝の血統は、「壇ノ浦」から50年後の1234年、「竹御所(たけのごしょ)」、母子共に死亡をもって断絶しますが、平清盛のそれは花山院(かさのいん)家、四条家、宗家に、そして、後深草天皇、亀山天皇を通じて今日の皇室に伝えられているそうです。

男達は、絶望から自殺する人も含めて、次から次へと死んでいきますが、どっこい、女達は、入水自殺しても海中から救い上げられたり、子孫を残しながら、しぶとく生きて来たようです。

そんなことを思いながら「六代御前」の墓を逗子田越川に訪ねました。源氏ファンが圧倒的な関東、いわんや鎌倉の隣の逗子…、とは全くいらぬ心配、きれいに整備されており、お参りの方も多いようで、地元住民により手厚く守られています。
六代御前の墓_2

※ Amazon: 「平家レクイエム紀行」中石孝著 新潮社
                 「平家後抄」〜落日後の平家 上・下 角田 文衛著 講談社

 
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング



express01 at 14:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | History_Japan

September 19, 2012

行ってしまった夏

この2〜3日、久しぶりの雨です。昼夜を問わず、あれだけうるさかった蝉の鳴き声も、涼しげな秋の虫の音に変わりました。さすがに、9月も残り10日余り、というよりは…、今年一年自体が「余すところ」3ヶ月…、愕然とする私です。

この辺で、行ってしまった夏を振り返ってみることにしましょう。

ランキングサイト:日本ブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ に参加していますが、最近、音楽に関する記事を書いていません。Youtubeで自分のお気に入りの曲を探してきて、これに私の話を被せればよいよいのですが、どうも私のブログ作りではないように思えてしまいます。このブログ作りは既に多くの方々がやっておられ、バンドでの新曲発掘を目的に日本ブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ におけるライバル諸氏のサイトをおじゃまします。例えば、『愛はそよ風 Let Your Love Flow』『More Than I Can Say』はライバルのサイトで取り上げられた曲を我々のバンドでも演奏したものです。如何にいい曲、気に入った曲でも、それを我々が演奏できなければ意味がない、とは自明のこと。

そんな我々のバンド、唯一アコースティックであった私のギターをエレクトリックに替え、ついでに老眼鏡も作り…、次のステージに向けて準備を進めています。30分間のステージをこなすには、一曲3分と見て、10曲は必要。今までのように、漫然と好きな曲を練習するのではなく、我々既存の曲に集中して、曲がりなりにもそれらを完結(Complete)しようと練習して来ました。『Bluemoon Of Kentucky』『Bye Bye Love』『Green River』『Let Love Flow』『Lodi』『Memphis』『Proud Mary』『Surfin' USA』、『Yellow River』、お口直しに日本語の『ワンサカ娘〜Copper Kettle』そして最近追加の『Take It Easy』の11曲がそれです。

もう一つ、録音の問題。私のギターも含め全員が電気楽器になった為、Nobuさんの声はでかいのですが…、やっぱり、ヴォーカルが負けてしまいます。マイク一体のPCM録音機の設置場所を色々変えて試してますが、満足出来る結果ではありません。録音というより、演奏の問題…?勢い、新曲は少なくなり、音楽関係の記事は減ってしまいました。

しかし、読者の皆さん!私の新境地を『白河の関』『「あづま」「坂東」「関東」』の記事にこっそり忍ばせたのですが…、お気づきでしょうか?実は、恥ずかしながら…、スケッチを描き始めたのです。大阪に住む友人は、人生の大先輩なのですが…、旅行に行くときは必ずスケッチブックを持って行きます。海外旅行に際しても必携、機内食を食べる前に、まず、そのスケッチから始まります。もちろん、スチュワーデスが何をしているのか…、とのぞき込むのを、待ってましたとばかりに…、話しかけるのが彼の常套手段、どうも動機が不純です。

これがうらやましくて、私もやってみたいと常々思っていました。最初から自信があるわけでもなく、白河の関を訪ねた時に描いてみると、初めてにしては、中々いいあんばいではないですか。
散歩の途中_3

夏は早起き6時起床、7時には自転車あるいは散歩(=流行の言葉ではウォーキング)に出発することが出来ます。その散歩のついでにスケッチを描き始めました。最近は、「見てよろしいですか?」との声に、何のためらいもなく、「はい、どうぞ」とは、私の心臓も強くなりました。
散歩の途中_2

人生の大先輩の友人とは違い、散歩のおばちゃん連中から声がかかることが多いようです。絵手紙でも描いておられるのか…?、こんな週日の早朝、まさか…、若い女性がいるはずもありません。そんなお一人から、「お礼に!」と、採れたばかりのなすびを頂きました。

Momo holding sign board-HKX Radio
※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング
 



express01 at 21:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | My Scrap Book

September 11, 2012

なんちゅうか、本中華!

インスタント麺であるにもかかわらず、「何と言うか、まるで本物の中華そばだね」…と、その意味を説明をするのも、そして、その意味を知っていること自体が恥ずかしい、昭和の死語(流行語)です。皆さんはどうでしょうか?前回に引き続いて、今回は「本中華」の中国です。

清朝(1644〜1912)は北狄:女真族=満州族の後金が自らの名を変えた中国の征服王朝でした。

円明園
19世紀、北狄の支配する中国に今度は南蛮:西欧列強が触手を伸ばして来ます。野蛮人の支配する中華帝国に別の野蛮人が侵入してくるという奇妙な事態に陥ります。1856年、アロー号事件を口実に南蛮:イギリスは、同じく南蛮:フランスを誘い、清に対して開戦,、清の完敗に終わりました。結果は、アヘンの輸入が公認化されるなど、一方的な不平等条約の締結でした。南蛮:英仏は無理難題を清朝中国にふっかけて戦争に持ち込み、負けた清ものらりくらり、これで勘弁してくださいという賠償の約束さえも実行せず、南蛮:英仏はそれに怒って清をさらに袋だたきにするという構図でした。1860年、英仏軍は清の砲台を占領、北京の円明園(Old Summer  Palace)に侵入した。フランス軍が金目のものを全て略奪し、イギリス軍は「捕虜が虐待されたことに対する復讐」として徹底的に破壊し、円明園は廃墟と化します。

その時に園内にに設置されていた十二支像が南蛮:英仏軍により破壊・略奪されたのです。2009年、この十二支像のうち2体がパリで競売にかけられることになり中国側が返還を求めている問題で、所有者のピエール・ベルジェ氏は「ダライ・ラマ14世をチベットに戻すことが条件」との言に対して、「フランスは当時、中国から文物を略奪し殺人や放火を行った。これらのどこに人権が存在するのか」と、両者の非難・応酬は我々の記憶に新しいのですが、もちろん、現フランスの昔の罪業への一言の謝罪もありませんでした。

南蛮:西欧列強による略奪・破壊・殺人・放火は、中国人をして狂信的な集団の排外的、民族的感情の暴発に走らせ、1900年の「義和団の乱」に至ることになります。その結果は、またもや、南蛮:西欧列強による、さらなる徹底的な略奪・破壊であったことは間違いないでしょう。この狂信的な集団の排外的、民族的感情の暴発は「義和団情結」と呼ばれ、「情結」とは感情がこびり付いて溶けないことを言うそうです。今日の中国共産党政府は、「義和団の乱」を「反帝国主義の愛国運動」と教えており、今回、駐北京日本大使公用車をBMWとアウディで襲い、日本国旗を奪った彼等は「愛国無罪」を叫ぶ「義和団情結」でした。

義和団は「扶清滅洋」(清朝を助け西洋を滅ぼす)を旗印に蜂起したが、北京陥落後はあっさり切り捨てられ、清朝に失望して「掃清滅洋」(清を掃い洋を滅すべし」に代わり、孫文による辛亥革命(1911)の重要な伏線となります。清は滅びました。

話は、前回の「小中華」韓国、李明博大統領に戻ります。NHK大河ドラマ『平清盛』が始まった頃、その登場人物が当時の天皇家を「王家」と呼んでいることが議論を呼び、「王家」の呼称は「天皇家の権威をおとしめる表現」との強い批判がありました。先日の朝日新聞朝刊、李明博大統領の発言:「〜日王(韓国では天皇をこう呼ぶ?)の韓国訪問で〜」とは、李氏王朝の再興はありませんでしたが、正に大韓民国では李氏時代の「小中華」が現代にも脈々と生き続けているようです。皇帝を名乗れるのは、地上(世界)に唯一無二の中国「皇帝」のみ、というのが中華思想の論理です。「白村江の戦い(663)」で、冊封関係にあった唐・新羅連合軍に敗れるも、その戦争目的は唐との対等外交の樹立でした。以来、日本人は「天皇」を中国「皇帝」と同格に位置づけています。多くの場合、特に隣国どうしでは、歴史認識を同じくするのは難しいことです。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. このサイトの順位は?ボタンを押して下さい。             にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ


express01 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | History_World

September 06, 2012

「小中華」 けっして、飲茶の話ではありません

李氏朝鮮は、1401年、明より朝鮮国王として冊封を受け、本家中国以上に儒教、とりわけ朱子学を重んじ、一種の国教として5百年間存続した王朝国家です。豊臣秀吉による「文禄(1592)・慶長の役(1598)」では、多くの技術者:陶工が拉致され、その彼等が、豊臣方西南各藩で働かされ、伊万里焼、有田焼、萩焼、薩摩焼の開祖となります。1600年、関ヶ原で徳川家康が勝利して覇権を握り、その覇権の永久化、支配の円滑化を目的に朱子学を武士階級の倫理・教養として利用した。一方では、李氏朝鮮との国交を回復、朝鮮使節は拉致された多くの同胞の奪還に成功、新将軍就任に際しては朝鮮通信使がお祝いに来日、幕府もこれに最高の礼を持って迎えていました。
朝鮮通信使

中国を範とした李氏朝鮮はやがて自らを中国と同質の文化を持つ国、「小中華」の国を標榜するようになります。しかし、ここで困ったことが起こります。文禄・慶長の役により疲弊、さらに北辺に興った(1616)後金の圧迫に堪えきれず、1644年、「大中華」の国:明が滅亡します。民族名を女真から満州に、国名を後金から改めたは山海関を抜いて北京に入り、中国を支配します。北狄オランケ」(蛮族)と軽蔑していた女真:満州族が中国を統一・支配したのですから、「小中華」の李氏朝鮮としては穏やかではありません。面従腹背(?)、表面上は清に従い、その実、過去の中国歴代漢族王朝にその範を求めます。中国が蛮族国家となった以上、李氏朝鮮が世界で唯一の中華思想国家でなければならないとの自負の念、ある種の偏執性執着、を強めていきます。今や李氏朝鮮は本家:中国以上に中華思想に凝り固まってしまいました。

19世紀、ヨーロッパ列強は東南アジアを浸食して植民地化、その触手は清朝中国に及びます。1848年、阿片戦争の結果、清朝中国はイギリスに敗北、この情報はいち早く幕末の日本にも伝えられ、続くペリー来航(1853)に幕府は震え上がりました。これら一連の「西洋の衝撃」は日本を倒幕運動へと走らせることになります。中華思想に固まった李氏朝鮮は、清末中国と同じく、自らがどんな国際状況下に置かれているのかを全く理解していませんでした。ロシアは既に、朝鮮の背後:満州・沿海州地方(シベリヤ鉄道の終点、軍港:ウラジヴォストークは「東方を支配せよ!」の意)に迫っていました。

1868年、明治新政府は新政府樹立の通告と国交を望む交渉の為、使節を釜山へ派遣しましたが、その国書に「皇上」、「奉勅」の文字が使われており、「王の国が皇を使うとは無礼。笑止千万!」とばかりに、李氏朝鮮は国書の受け取りを拒否しました。自分を取り巻く情勢の不明に加え、中華思想の李氏朝鮮からして見れば、交渉の相手が250年間友好関係にあった徳川幕府を倒した新政府であったこと、しかもその構成員の多くが、270年前、「文禄・慶長の役」で朝鮮に攻め入った、にっくき、旧豊臣方西南各藩でした。蛮族、東夷である、たかが倭国(日本)の王が、地上に唯一無二の中国「皇帝」を語って、国書を送って来たのは言語道断なことでした。もちろん、国書を突っ返された新政府側も激怒、これが「征韓論」の始まりでした。
征韓論

竹島の領有権問題をめぐり、李明博大統領宛ての親書を韓国側が受け取り拒否、韓国側担当者が持参したのを、こんどは外務省側が受け取り拒否、書留郵便で送り返す始末です。「親書」と「国書」、どのように違うか知りませんが、140年前の「明治維新」、400年前の「文禄・慶長の役 」、「朝鮮通信使」まで遡ってしまいました。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. このサイトの順位は?ボタンを押して下さい。             にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ


express01 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_Japan | History_World

September 01, 2012

Isao's Scrap Book もっと便利に、快適に!

『Isao's Scrap Book』にお立ち寄り頂きありがとうございます。
私がそうであるように…、「面白い」と何回も繰り返しお立ち寄り下さる方、「面白くいない」と二度と来られない方もおられるでしょう。しかし、まずは…、一度お立ち寄り頂かないと話は始まりません。そこで、「ちょっとのぞいてみるか」と暖簾をくぐってもらうように、ブログランキング:日本ブログ村に参加しています。ブログ末尾・ 右コラムのにほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ がそれです。

IN:『Scrap Book』 からブログ村に「入った」人の数(クリック数)  
OUT : ブログ村から『Scrap Book』へ「出た」人の数(クリック数)

ランキングは『諸文化の歴史』『カントリー』のように表示され、「IN」ポイントが多いサイトは人の目に付きやすいランキング上位に表示されますので比例して「OUT」が増えます。ということは、『Isao's Scrap Book』への来訪者が増えるということです。1クリック=10ポイントの由で、『諸文化の歴史』および『カントリー』に配分されます。

いつものご愛読だけでただただ感謝なのですが、もしも、さらなるご協力・ご支援を頂けるのであれば…、ブログ末尾のアイコン:にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へあるいはにほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへからブログ村に入っていただき、ランキングに在る『Isao's Scrap Book』をクリックしてください。ランキングの順位がUp、来訪者(Unique User)もUpして、私の創作意欲も上がるというものです。

この機会に、もう一つお願いです。
判りにくいですが、左コラム中に、Comment(コメント)欄を設けています。『諸文化の歴史』、『カントリー』をジャンルとして選んだのも、ただ単に、参加者が少なく、競争も厳しくないのでは…との不純な動機からでした。アメリカの音楽を聞き、上手い下手は別に、バンドで演奏するのも好きですが、洋の東西を問わず歴史も好きです。皆様のコメントをお待ちしております。

私はまだWidow XPを使っていますが、ブログの解析では28%の人が「Window 7」を、その中の82%の人がMicrosoft Internet Exprorer(MSIE) を使っているということは、おそらく、パソコンを購入したときに付属しているMSIEを何の抵抗も、疑問もなく、ただ使い慣れているから、既定のこととして使っておられる方がほとんど、と想像しております。

私はGoogle の他のアプリケーションとの連動を考えてChrome をメインに使っています。…が、やっぱり素人、Window Upadate などのダウンロードを考えればOSと同じMicrosoft の方が良いのではないか…、とその根拠は乏しいのですが、MSIE 8.0 を残して使っています(これ以上のアップグレードが出来ない?)。

そこで、いっそうのご愛読を頂くにはどうすればよいか…、もちろん、内容の充実を図る、更新頻度を上げるのが第一ですが…、大勢を占めるMSIE利用者を対象に、こうすれば、より便利になるのでは…、というヒントを挙げてみました。IE8.0が前提です。既にご存じの方は流してください。

拡大表示 ※画像クリック、拡大表示IE拡大
失礼ながら、読者の少なくない方々は、私と同じく、老眼かも知れません。そんな時は、プルダウン・メニューの【表示(V)】→【拡大(Z)】→倍率を選択、あるいは、画面の右下、拡大・虫眼鏡マークをクリックして倍率を選択します。私は125%に設定しています。


タブの設定 
よく見るサイトを【お気に入り(A)】に入れておくのもいいでしょう。【TAB=タブ】と言いますが、紙のファイルのインデックスのようなもので、この場合6個のタブが設定されており、そのタブをクリックすると即座にそのサイトに移動、あるいは戻ったり、複数サイトを比較・参照することが出来ます。
IE TabIE新しいタブの設定設定するには…、6個のタブの右の【新しいタグ】をクリック、お好きなサイトのURL(この場合はhttp://blog.livedoor.jp/express01/)を入力、ページを表示させます。これを保存するには…、【ツール(T)】→【インターネットオプション(O)】を開き、ホームページの欄にURL(この場合はttp://blog.livedoor.jp/express01/)を記入(コピー&ペースト)、【現在のページを使用(C)】→右下の【適用】→【OK】で完了です。

フィード(RSS)の設定
気に入ったサイトを「お気に入り」で管理されておられる方も多いでしょうが、『Isao's Scrap Book』など、情報が頻繁に「更新」されるブログには「フィード(RSS)」が最適です。

設定するには…、エクスプローラーバーにオレンジ色に表示されるfeed_iconをクリック、すると「このフィードを購読する」の表示。この日本語、「購読する」にたじろいではいけません。決して、何もお金を出して読者になる、という意味ではありません。「Subscribe to this feed」の意味です。ご安心下さい。【購読(S)】をクリックすると、【お気に入り】→【フィード】に入っています。登録しておいたサイトが更新されると「フィード」一覧のページ名が濃い黒字色で表示されます。
feed(RSS)feed(RSS)_2feed(RSS)_3





もっと便利に、快適に!有り難うございました。

Momo holding sign board-HKX Radio
※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. このサイトの順位は?ボタンを押して下さい。             にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ


express01 at 08:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | PC and Web
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search