April 2012

April 23, 2012

しわがれ声が魅力でした

「1967年あるいは68年、彼等の『Music From Big Pink』は私の人生を変え、アメリカ音楽の進むべき道さえも変えてしまいました。」 

エリック・クラプトンは最高の賛辞を持って今から登場するザ・バンド(The Band)を紹介しています。
数々の名曲を世に出した彼等、ここではボブ・ディランの『When I Paint My Masterpiece』をレボン・ヘルム(Levon Helm)が、リック・ダンコ(Rick Danko)のバックアップコーラスを加え、「南部(?)のだみ声・しわがれ声」を聞かせます。

Levon Helmザ・バンド、他の4人がカナダ人で「どうして、アメリカの事を歌えるのだろうか…」と思ったりしたこともありましたが、レボン・ヘルムだけがアメリカ人、1940年、アーカンソーに生まれました。14歳の時にジョニー・キャッシュカール・パーキンスを、若いエルビス・プレスリーがスコッティ・ムーアのギター、ビル・ブラックのスタンドUPベースをバックに歌うのを目の前で聞いたのです。ミシシッピ・デルタの沸騰する鍋から吹きこぼれるように、ブルースが力強い、スパイスの効いた熱い、ロックンロールと呼ばれる、新しい音楽を生み出したのです。彼は、正に、しかるべき時に、 しかるべき 場所で、ロックンロールの誕生を目撃するにうってつけの人間でした。
Levon Helm2
The W.S. Walcott Medicine Show』、『Up On Cripple Creek』、 『The Night They Drove Old Dixie Down』、 『The Weight』は彼の歌うザ・バンドの名曲ですが、土臭いアーカンソーの綿花栽培農家に育った、「南部の(?)、しわがれた、頑固そうな」、彼の声が魅力です。喉頭癌を患った後も、彼のだみ声は奇跡的に復活、相変わらず彼は多彩な音楽活動を続けていました。

そのレボン・ヘルムが死去。71歳でした。心よりご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Music

April 16, 2012

ここは地の果て〜♪

ここは地の果てアルジェリア〜♪…、この歌詞が好きです。

人は「果て」、「端」と言う言葉に惹かCabo_da_Rocaれるようで、『ユーラシア大陸の最西端』と言えば、ポルトガルのロカ岬が、ユーラシア大陸の西の最果ての地、石碑には叙事詩の一節「ここに地終わり海始まる」が刻まれています。「最果ての地」、「最端の地」、と言えば辺境の地と同意義であると勝手に思いこんでしまいますが、このロカ岬、地図で見ると首都:リスボンから西へわずか20kmの距離です。

時代は、またもや、NHK大河ドラマ『平清盛』の時代、平家に莫大な富をもたらした日宋貿易、日本からの主要輸出品の一つが硫黄、その産地が鬼界ヶ島(=薩摩硫黄島)でした。日本の東の最果ては津軽半島東部の「外ヶ浜」、そして西の最果てが硫黄の産地と同じ「鬼界ヶ島(=薩摩硫黄島)」でした。国の辺境を指す代名詞であり、前者は蝦夷の住む土地、穢れを放逐する土地=流刑地と考えられていました。一方では、同時代の西行を始めとする多くの文化人が強い郷愁や憧憬を抱くのも不思議です。

1177年、後白河上皇を黒幕として、僧都俊寛(そうずしゅんかん)らが 謀反を企て 、『鹿ヶ谷の陰謀』と呼ばれます。事に及ぶ間もなく鎮圧され、首謀者の3人は西の最果て:鬼界ヶ島(=薩摩硫黄島)に流されます。…と言っても、3人にとって鬼界ヶ島は、決して絶海の孤島・辺境ではなかったはずです。硫黄の産地、積み出し港として、日宋貿易、朝鮮半島・琉球を結ぶ交易ルートにおける重要拠点の一つでした。朝鮮王朝初期の政治家:申 叔舟(シン・スクチュ1417−75)が著した『海東諸国紀』(1471年)には、この交易ルート上に鬼界ヶ島が明記されています。
海東諸国紀 鬼界が島marked

後に恩赦により平康徳、藤原成経は釈放されますが、俊寛だけは許されず島に留め置かれます。同じ不遇の身であった3人のうち2人が救われて、たった1人残される、これはもはや絶望です。2人を乗せた船が出るに及んで、俊寛は舟にすがって海の中まで追ってきて、終いには渚に倒れ伏し、幼児が母を慕うように、足摺(じだんだを踏むこと)して、泣き叫んだが、舟は遠ざかって行くだけでした。後白河法皇の側近で法勝寺執行の地位にあった僧侶、打倒平家を合い言葉に、謀反を企てた首謀者の一人、…にしては、俊寛の取り乱し様はあまりにも哀れ・惨めです。硫黄島港ライブ映像 「置き去りにしないでくれーっ!」、 遠ざかる舟を追いすがって渚を走る俊寛の後ろ姿(彫像)が見られます。

『カスバの女』、私は1970年頃のリバイバルでしか知りません。1955年、映画の主題歌あるいは挿入歌として、エト邦枝の歌として発表されたが全く売れなかったそうです。おそらく、 「アルジェリア独立戦争」 を意識して作られたのでしょうが、その映画も頓挫し、歌が復活するのは70年学生運動の頃でした。その後の俊寛に、この曲:『カスバの女』を贈りましょう。カントリーではありません。



Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote History_World | Music

April 06, 2012

FG-180 赤ラベル "YAMAHA"ロゴ

最近、「おっ!、これは」、という出来の曲がありません。

ステージ・デビューが決まり、そこで演奏する曲が決まると、自ずと我々の練習もそれらの曲に集中し、練習の密度も上がりました。最近は、集中してその密度を上げて行くべき目標がないのですから出来が良いはずがありません。加えて、「好きな曲」とは必ずしも同義語ではありませんが、歌詞一つにしても、自分の「よく知っている曲」そして「歌える曲」が減り、「好きだが難しい曲」が増えて、1曲を完成させる時間が長くなったのではないでしょうか。

ギターの技量は35年前から進歩するはずもなく、ただただ…、他のメンバーの足を引っ張らないように心がけるだけなのですが、ボーカルに関して、自分が選んだ曲の多くは自分でリードを取らなければならず、バック・コーラスに廻った場合にも、その一つ一つの音を「拾う・捉まえる」、それを「声に出す」…と、自分のものにするまでにはかなりの時間がかかります。Isao on stage

※ 如何にも…に見えますが、実は画像の眼鏡に色を付けただけ。

「ステージに立つ」など思いもよりませんでしたが、そんな私がステージで経験したのは「音楽」以前の問題でした。百円ショップで買った老眼鏡を掛け、ギターは昔のフォーク(アコースティック)ギターで挑んだのですが、この私と譜面台との間には、ボーカル用:,鵬辰┐謄ター用:△函計2本のマイクが割り込んで設置されています。リハーサルの時は綿密に設定、全く問題なかったのですが、バンドが入れ替わり、いざ本番、綿密に設定されていたはずのマイクの位置が全く変わってしまいました。

いざ、演奏が始まってみると、譜面台が遠くて、ボーカル・マイクがじゃまして歌詞が読めません。マイクから口元をはずすと、自分の声がモニターから聞こえません。「悪くはなかったよ」と慰めの言葉でしたが、少々惨めなステージでした。
Boston Glass上手くもならない音楽にお金をかけるのもいやな私ですが、バンドの皆さんに迷惑をかける訳にも行きません。まずは老眼鏡、眼鏡屋さんに相談。使わなくなったサングラスを持ち込み、レンズだけの交換を依頼しました。視力検査の結果、視力は今も1.0〜1.2、新聞・読書・パソコン専用の老眼鏡を1万円で作りました。

私のギターはYAMAHA FG-180、型番の通り当時1万8千円、アルバイト代、親から出してもらったお金で買ったものですが、当時としては高価なものでした。このFG-180(赤ラベル "YAMAHA"ロゴ 1967〜68年製)は『名器』と呼ばれているそうです。美品ならばヤフオクで12万〜14万円の値が付くそうですが、私のそれは、ボディの裏表に引掻き傷・打ち傷だらけ、「はて…、いくらから初めようか」と提示した値段が3万円。663件のアクセスがあり、あれよあれよという間に、延べ18件の入札があり、嬉しいことに、最終42,500円で落札されました。これで、中古のエレ・アコースティック・ギターを買うことが出来ます。ありがとう!FG-180。

やっとこれで、私と譜面台との間にはボーカルマイクだけとなり、しっかりと歌詞を読むことができそうです。
少々不安なのは…、エレ・アコに換えたら私のギターの間違った音も増幅される…、ことです。

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 


express01 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Music
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search