March 25, 2012

March 25, 2012

『平清盛』は面白い、…NHK大河ドラマはともかく…

宋(960 - 1279)は北方の遼、西の西夏、満州から南下した女真族が建国した金(1115)などの異民族の圧迫に悩んでいました。金と謀って遼を倒したまでは良かったのですが、遼の残党と南宋時代の地図手を組んで金を牽制、これが金の怒りを買い、中国史上における政治的中心地:華北を失います(1127)。長らく漢民族王朝がとってきた『以夷制夷 夷を以て夷を制す』政策が機能しなくなり、異民族王朝の出現を許すことになります。

これら異民族の圧迫により、唐の時代(618年〜907年)に発明された黒色火薬(硝石+木炭粉+硫黄)は実戦兵器への応用が急速に拡大します。金により、華北・東北地方の領土を失った南宋は、より一層、火薬の原料である硫黄を必要とするようになったにもかかわらず、国内にその産地を失い、日本に供給を求めるようになりました。

894年の遣唐使廃止以降も、中央の朝廷や貴族は貿易や交流にきわめて消極的でしたが、九州沿岸の商人たちによる私貿易は続いており、太宰府に代わって博多が中世都市として発展します。平清盛は1167年に太政大臣となり、権力を掌握、その基盤を西国に拡大し、音戸ノ瀬戸を開削(1167)、(機内)摂津国福原に大輪田泊を修築(1162)、安芸国厳島神社を造営(1168)、海上路を確保することになります。
torii_1
摂津国福原で奥州産の金・銀などを積み、鬼界ヶ島(薩摩硫黄島)の硫黄を宋へ運び,宋から大量の宋銭・香料・陶磁器などを持って帰るという三角貿易(鬼界ヶ島 → 宋(寧波) → 博多・摂津国福原)を実現。輸入された大量の宋銭は、従来の国産の貨幣を駆逐、貨幣経済の革命的な発展をもたらしました。これは正に、大航海時代、エリザベス1世(在位1558-1603)の時代、英国が莫大な富を得るアフリカ黒人奴隷(三角)貿易と全く同じ構図です。日宋貿易は院政否定、天皇擁護、福原遷都とならんで、清盛が東アジアを見据えた、如何にスケールの大きな政治家であったかを物語っています。
てつはう

宋が日本から大量の硫黄を輸入した訳を、清盛は知る由もなく…、また知る必要もないのですが…、次の異民族王朝:元(1271 - 1361)の時代、モンゴル軍は、「てつはう(炸裂弾)」を持って鎌倉幕府北条政権下の日本に侵攻します(1274/1281)。当時は十字軍の時代、イスラム教徒とキリスト教徒が闘い、そこにモンゴル軍が割り込んでくる、言わば、史上初めての、世界大戦の様相を呈した時代でした。

清盛は『平家物語』では傲慢な悪役として登場し、「貴族化した軟弱な平家が屈強な坂東武者に敗れた」や「奢り高ぶった平家から人心が離れた」とされますが、実は、朝廷、貴族、寺社(比叡山・興福寺)など、没落して行く支配階級側からの強烈な嫉妬・遺恨・敵愾心でした。武家の棟梁の座についた頼朝は、清盛の政策を踏襲して鎌倉幕府を開き、関東武士を結集しますが、どう見ても、チマチマした箱庭のような政権に見えるのは私だけでしょうかね。

モンゴル軍の炸裂弾に驚いた鎌倉武士でしたが(1274/1281)、ただびっくりしただけで、それが何であるかは興味もなかったのでしょうか…、次に日本人が鉄砲を目の前に持たらしたのは1543年、種子島に漂着したポルトガル人でした。中国 → イスラム → ヨーロッパ → 日本、あれから260年もかかっています。中国4大革命のうち、製紙・活版印刷はかなり初期の段階で、羅針盤は鎌倉時代までに日本に伝来したと思われますが、火薬も、中国から直接、あるいは朝鮮経由でもっと早い時期に伝来していたのではないでしょうか。

バグダッド陥落(1258)
グダッド陥落(1258)
NHK大河ドラマ:『平清盛』の人気は今ひとつ…、らしいですが、歴史上の『平清盛』は大いに見直されるべきでしょう。
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
  
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング  


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search