January 24, 2012

January 24, 2012

Standing on The Corner of Winslow, Arizona

『Sister Golden Hair』でYoutube デビューしたのが2008年1月21日、大げさに言えば、この日に始まる我々のバンド歴史において、何度も取り上げられながらも、結果的にはボツとなった、幻(まぼろし)の『Take It Easy』に再度挑戦してみようということになりました。振り返ると、どうも私の自己流バックコーラスが災いしていたようで、バンド結成4周年記念の先週末、これを期に乗り越えるべく挑んだのですが…、満足の行く結果を得るには時間がかかりそうです。少々残念ですが、途中経過報告…ということでお聞きください。


Youtube デビューの前月、2007年12月9日に『Take it Easy アリゾナ州ウィンスローの街角』を書いています。皆さんにもご理解いただけると思いますが、昔自分の書いた記事を読み返すと、どこか気恥ずかしい気持ちになってしまいます。

「(出身は) Winslow, Arizona です」。…の自己紹介の後には、間違いなく、あなたは聞かれることでしょう。「えっ、あの『Standing On The Corner of Winslow, Arizona』の出身ですか」、って。〜 
聞いてみようと…あれから4年、残念ながら、ウィンスロー出身の人は私の回りには現れませんでしたが…。
Route66-Arizona_2
州都:フェニックスの北200マイルにあるこの街、ウィンスローは生き残りをかけて必至にもがいていました。かつては、アメリカの大動脈:ルート66が通っていましたが、1970年代に入り、ルート66に代わって建設されたインターステート40号線がウィンスローを迂回、加えてサンタフェ鉄道の路線縮小と、ウィンスローは忘却の淵にまで追いやられたのでした。route 66 roadside attraction  winslow arizona

1990年代、シャッターが閉じた商店街の横に、Eaglesに触発されてこの街にやって来る旅行者に見てもらう何かを…、と作られたのが、安っぽいカラオケのように、歌詞のまんまの壁画、そしてギターを持った等身大のブロンズ像でした。これがStanding On The Corner Partkの始まりで、1999年にはウィンスロー市当局がこれを公認、以来、毎年9月には『Standing On The Corner Music Festival』を主催しているそうです。

ウィンスロー市民といっても、たったの10,500人、最低50ドルから始まる、アメリカ全土からの寄付に依って運営されており、一人一人のメッセージが記された煉瓦が敷き詰められているそうです。

2007年の時点ではたぶん不可能だったようですが、今や、Google Map-ストリート・ビューを使って、あなたもThe Corner of Winslow, Arizona に立つことができますよ。どうぞ、お試し下さい。そして、我々の『Take It Easy』完成には、今しばらくのご猶予を…。

より大きな地図で Standing on the corner of Winslow, Arizona を表示

下はストリート・ビュー2008年7月の画像。残念ながら、ウインスローの街角は工事中の様子で、無粋にもショベルカーが停まっており、歌詞とは違い、あまり良い景色ではありません。※Googleに、もう少し配慮があればうれしいのですが…。

♪ Well, I'm a standing on a corner in Winslow, Arizona and such a fine sight to see ♪
Corner of Wislow, Arizona
Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search