January 11, 2012

January 11, 2012

忠生( ただお)、極めてローカルな話ですが…

幕末の『尊皇攘夷』は「水戸学」と呼ばれ、明治に入ると、近代国家の体裁を装って、『忠君愛国』に変わり、「皇国史観」と呼ばれるようになります。その思想は水戸光圀に依る『大日本史(1657開始〜1906完成)』に始まりますが、南朝を正統王朝とし、新田義貞や楠正成は美化されて忠臣となり、足利尊氏は逆賊とされます。

「皇国史観」に支配されていた戦前、この事が大きな論議を呼ぶことになります。正統南朝が北朝に吸収され、以降、北朝が正統王朝として連綿と受け継がれます。当然の事ながら、当時の昭和天皇は北朝の系統。昭和天皇に忠義を尽くすということは、南朝から皇位を簒奪した北朝を正統化することになり、足利尊氏を美化、義貞・正成を逆臣とすることになってしまいます。この大きな矛盾を幕末の志士はともかく、戦前の識者はどのように解決したのでしょうかね…。
大泉寺
既に書いた通り、小山田と称する地域は、平安時代には朝廷の馬を飼育する牧場で、小山田氏は代々その別当(=長官)でしたが、小山田有重の時、鎌倉幕府(1192)の有力御家人の一人になります。1199年、頼朝死亡、執権:北条氏の策略に依り小山田一族は離散、唯一6男だけは幼少を理由に甲州(山梨県大月)に逃れたようです。

小山田庄元弘 3年(1333) 、後醍醐天皇に呼応して新田義貞は上野国で鎌倉幕府打倒の挙兵。鎌倉街道を南下、「小手指ヶ原の合戦」、「久米川の合戦」、「分倍河原の合戦」で幕府軍を撃破、絶対防衛線である多摩川(関戸)を突破して小山田ノ庄に殺到します。新田義貞軍の侍大将:小山田高家は北条泰家を破って小山田ノ庄奪還を果たします。新田義貞は、かつては倒幕の共同戦線を張っていた、足利尊氏と戦うことになり、次第に劣勢に立たされるようになります。そして、「湊川の戦い(1336 神戸)」、新田義貞・楠木正成は足利尊氏に大敗、退却の際、小山田高家は自分の馬を主君:義貞に譲り、自らは討ち死にしてしまいます。

唐突ですが…現在。私の住んでいる近くに、『忠生(ただお)』という地名があります。明治22年(1889)、多摩の6つの村が合併して新村が作られることになり、「小山田高家という臣がまれた(?)地であるし、これからも義の者がまれ出ることを祈って」、『忠生(ただお)』と名づけられたようですが、あまり深い意味があったとは思えません。何となく、当時の村の長(おさ)、住民のレベルが判ります。

境川を挟んでこの地の反対側に、後醍醐天皇の皇子:護良(もりよし)親王を足利直義の命で殺害(1335)した淵辺義博の領地がありました。縁切り橋2

どうも…あんちょこな『忠生』命名より、「逆賊」の汚名を晴らすべく腐心したであろう、義博の『縁切り榎とわかれ橋』の物語に好感を覚えてしまいます。

より大きな地図で 忠生〜淵野辺義博居館跡〜縁切り榎〜縁切り橋 を表示

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search