October 2011

October 19, 2011

ステージ・フライト Stage Fright

Nobuさんとデュエットを組んだのが2007年6月、それから半年後、2008年1月、『Sister Golden Hair』で衝撃のデビュー!。…というほどたいそうなものではありませんが…おっかなびっくり、ブログで紹介しましたが、「上手い」とか「下手」とか…、皆様からのコメントは一切ありません。それから2年後の2010年2月にはKunさんがドラムで参加して以降はバンドらしくなって来た、とは思われませんか?。

この4年間、Nobuさんは新しくギターを購入して、地元のライブハウスにも出たり、より一層自分の時間を音楽活動に費やしていますが、未だ現役で働いているKunさんはともかく、私は自分の音楽に耽溺するほどにはギターが上手い訳でもなく、35年ぶりに押し入れから出したギターを35年前と同じ技量で弾いております。

DDB_1It Never Rains in Southern California _1Let Your Love Flow_1More Than_1


pretty woman_1surfin' usa_1smokin boogie_1Wansaka_1



そんな我々ですが、誰からともなく「ステージ・デビューしよう!」という声が上がり、10月末の土曜日、いつもの鶴ヶ島での練習の後、東松山まで遠征…(?)、Nobuさん馴染みの店から出演の依頼があった訳でもなく…、もちろん、当方からお金を出して、オープン・ステージに立たせて頂くことになりました。以前にも書いたとおり、私と違って、あとの二人は大学時代からバンドの経験者、人前で演奏するのは当たり前、彼等は強い快感さえ覚えている様子…。

それに比べて…、かけ声に大いに賛同したものの、私には舞台に上がった経験がありません。「舞台の上では暗くて歌詞がよく見えない。老眼鏡ではなおさら…」、「練習では、お互いに顔・口の動きを見ながら出来たが、舞台の上ではそうは行かない…」等々、内心、その日が近づくにつれ、不安が募ります。

私の人生で最も好きなバンド:The Bandの歌う、最も好きな曲の一つ、『ステージ・フライト Stage Fright』を訳してみました。「舞台恐怖症、舞台負け、気後れ・場遅れ」、と訳するのもどこかヘンです。もう一つのRoot Music Band: CCR(クリーデンス・クリアウォター・リバイバル)の歌の様には行きません。難しいです。誰か正解をご存じの方、お教え下さい。              読みながらお聴きください。→続き


彼等の曲は、…好きなのですが…、歌えません。ハーモニーを聞かせる歌ということで、『Memphis』、『Lodi』、『Proud Mary』、『Bye Bye Love』を候補にあげています。ステージをお楽しみに!

Momo holding sign board-HKX Radio※今までの曲は左サイド、Music Player でお聴きになれます。 
Your Support, Please. ▼ ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 
続きを読む

October 07, 2011

もう一度見たい!傑作SF映画:『猿の惑星』

もう一度見たい!傑作SF映画」の第一位は『猿の惑星 Planet Of The Apes (1968)』のようで、私も全くの同感、もう一度この映画:『猿の惑星』について考えてみましょう。
the bridge on Kuai
この映画:『猿の惑星 (1968)』をさらに遡ること10年、もう一つの映画:『戦場にかける橋 The Bridge on the River Kwai (1957)』、どちらもフランス人原作者:ピエール・ブール(Pierre Boulle1912〜1994)に辿り着きます。『地位の逆転』 支配者と被支配者、看守と服役者、主人と奴隷…、植民地経営の監督者の地位から捕虜 の地位に転落するという屈辱的な彼の体験そのものでした。『猿の惑星』の猿は『戦場にかける橋』における日本軍捕虜収容所長であり、連合軍捕虜は長い間支配者として植民地を統治してきた白人でした。

planet-of-the-apes-1024x576第二次大戦に勝利したのもつかの間、次なる東西冷戦、核戦争の恐怖の時代に入ります。新たな敵:共産主義に対してマッカーシーによる『赤狩り』が猛威をふるい、それを背景に作られたのが映画:『猿の惑星』でした。猿はもちろん非白人を現し、オランウータン、チンパンジー、ゴリラの違いはその階層を現すのでしょう、…ニホンザルは登場していませんでしたが。

1877年、正に文明開化の頃、アメリカ人動物学者:エドワード・モース(Edward S. Morse)が当時の欧米で最新の学説であったダーウィンの「進化論」を東京大学で講義したのが始まりでした。欧米でキリスト教会の猛烈な反対を受け、あれだけ議論が沸騰した「進化論」でしたが、「人間は動物・植物と同根」、「人間は自然の一部である」という日本人の思想とは馴染みやすく、モースが拍子抜けするほどすんなりと受け入れられます。

欧米のキリスト教社会では、「創造主なる神」によって天地万物の全てが創造されたとする。「人間は地を這うもの全てを支配させるために、神が特別に造った存在である」、人間はどこまで遡っても、あくまで人間であるように、すべての動物・植物もそうである。その姿・形は「神様が造ったそのまま」から一切変化しない。この欧米キリスト教の「創造説」は16〜19世紀、大航海時代、黒人奴隷制度を正当化・補強する重要な役割を果たしました。この時代に反奴隷制度の立場で登場したのがダーウィンの「進化論」でした。

「進化」、「自然選択」、「存在し続けるための努力=生存競争」、その後、自然選択をわかりやすく説明する語彙として「適者生存」が使われるようになります。こうして帝国主義の時代、「進化論」は欧米のアフリカ・アジアの植民地政策を正当化、「優生学」はナチスによるユダヤ人抹殺を科学的に補強、日本では皇国史観と「進化論」は共存することになります。scarecrow at forbidden zone『猿の惑星』、一切の立ち入りが禁止され、その理由は不明、口にするのもタブーとされている『禁断地帯(Forbidden Zone)』

猿の聖典(聖書)が書かれたのは1200年前。この地の2000年前の地層から精巧な冶金技術がないと作れない道具が発掘された。我々(猿)の文明以前に、よりすぐれた(人間の?)文明があったのでは…。

コーネリアスは禁断の学問、『進化論=猿の祖先は人間である』を証明するために…、テイラー(チャールトン・ヘストン)は人間の優位を証明するために…、彼等は足を踏み入れます。
Last scene of the planet of the apes

過去10年間に行われたギャラップ調査において、アメリカ人の44〜47%が次のように答えています。

「神が過去1万年ほどの間に、人間を現在のような形で創造したと信じている」

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search