September 2011

September 25, 2011

俺は相模の『原』だ!

よく利用する洗車場、そこのご主人は代々農家を営んで来た、この辺で言う「在の人」。このご主人との話がなかなか面白いのです。相模原市、その市名に話が及びました。織田信長に滅ぼされた甲斐武田家の遺臣がこの地に移住、「俺は相模の!」と名乗ったことに始まると言います。

武田信玄の子:勝頼が織田信長によって滅亡(「天目山の戦い(1582)」)。甲斐の国を統治する家康は、密かに武田家の遺臣を保護、後に原 胤従(たねより)ら10名の武将を家臣:「甲州衆」として召抱えます。「三方ヶ原の戦い(1572)」で惨敗を喫し、自らの滅亡さえも覚悟した家康は、後々まで「生涯の中で最も不覚な戦い」と語るほどに、武田家臣団の強さを知っていたからでした。

織田信長に代わって豊臣秀吉が天下統一を果たすと家康は秀吉の命により関東地方へ領地替えとなり、胤従(たねより)ら甲州衆もそれに伴って武蔵国の八王子に移り、「八王子衆」と呼ばれるようになったのでした。「関ヶ原の戦い1600)」に勝利、覇権を確立した家康は江戸に幕府を開き(1603)、甲州口警備強化と治安維持を目的に、正式な幕府組織:「八王子千人同心」を作ります。八王子だけではなく、その痕跡は下の橋本や淵野辺にも見られます。

八王子千人同心武州多摩は、西国の敵が江戸へ侵入の道筋にありその防御地として機能、「八王子千人同心」は、平時は農民として暮らし、徳川家危急の折には馳せ参ず、という。「日本の屯田の始まり」とも言われ、相模台地にあり水に不自由する当地では江戸時代後期になると、橋本小山村の名主・豪農:原 清兵衛(せいべい)が私財を投じて新田を開発します(1843)。彼が開発した新田は『清兵衛新田』と呼ばれ、現在も『清新』の地名を探すことが出来ます。新撰組隊旗-3

ほとんどが天領と呼ばれる幕府直轄領、税も少なく豊かで、豪農が多く、治安維持の為か、彼等の間では武道が盛んでした。流行していたのが天然理心流で江戸時代を通じて多摩一帯に広がります。幕末には数十の道場が開かれ、豪農出身の近藤勇や土方歳三、沖田総司等がこれを学び、その新撰組のパトロン:小島鹿之助も豪農でした。「鳥羽伏見の戦い(1868)」に敗れ、既に逃亡した徳川慶喜を追って江戸に帰った新撰組は、「八王子千人同心」の本懐を遂げるべく、甲陽鎮撫隊を編成し甲府に向けて江戸を発ちます…が、あろうことか、戦いが始まる前に凱旋気分、多摩各地で催された酒宴で酔いつぶれてしまい戦機を逸してしまいます。不様(ぶざま)でした。

20年以上前、町田にやって来て驚いたことが一つ、町田を含めた多摩地区で自由民権運動が盛んであったという。訪問したこともなく、詳しいことは判りませんが、「自由民権資料館」というものまであるそうです。今まで幕府の天領に在った豪農は自民党のようなもの、言わば当時の与党、これが明治新政府の時代になって一転、野党に転落しただけの話、新撰組のパトロン:小島鹿之助が今度は民権運動の擁護者に変わります。その後、町田を含めた多摩地区の自由民権運動は如何に日本の民主主義発展に寄与したのでしょうか…、残念ながら私は知りません。新撰組があまり好きではない私は、「坊主憎けりゃ〜」の勢いで、自分の住んでいる町田までけなしてしまいました。

元へ…。「相模台地の原っぱ」では面白くありません。やはり、こうあって欲しいものです。 「俺は相模の!」

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押して下さい。このサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 23:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Local | History_Japan

September 15, 2011

プラウド・メアリー Proud Mary

一時期、「やっぱり、日本語!」、歌詞や語呂を覚えるのがラク…ということで、日本語の歌が続きましたが、最近の傾向はクリーデンスクリアウォーター・リヴァイバル(Creedence Clearwater Revival, 以下CCR)です。
ccr4
CCRは1968年『Suzie Q(Dale Hawkins 1957年のヒット)』でデビュー、その後のたった4年間に、正に矢継ぎ早にヒット曲を世に送り出すことになります。CCRは、その演奏スタイル、曲作り、アレンジ…、全てがジョン・フォガティーのバンド、逆に、彼のいないバンドはCCRではありません。これが災いして、1972年に解散となってしまいます。

時代は、ベトナム戦争、反戦、ヒッピー、音楽で言うならば、フォークからサイケデリック・ミュージックの時代。クリーム(Cream)、E・クラプトンの『ホワイト・ルーム(White Room)』が大ヒットしていた時代です。

「シンプル & ストレートな」、それでいて、妙に「泥臭い・粘っこい・湿気を含んだ」、「ケイジャン風(Cajun)、スワンプ風(swamp)、ディープ・サウス(Deep Southern)」な…、思いついたままにこのロックンロールバンドを表す修飾語を並べてみました。もちろん、出身はルイジアナ、ミシシッピ、テキサス辺りかと思いきや、しゃきしゃきのウエストコースト、(花の〜)サンフランシスコの南、バークレーの出身でした。

一方、前述のE・クラプトンにして「彼等を聞いて、自分の音楽の方向を変えた」と言わしめた、ザ・バンド(The Band)が『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』でデビューしたのが1968年、彼らの『ザ・ウェイト』はその時代を写す映画:『イージー・ライダー』にも使われヒットします。彼らは、時には心情を…、時には政治を…、社会を…、宗教を…歌にしますが、CCRはただただ「シンプル & ストレート」、文学に例えるなら、マーク・トウェインの『トム・ソーヤーの冒険』を読むようなものです。どちらも、今で言うならば「ルーツミュージック」、好きです。

CCRの『雨をみたかい Have You Ever Seen The Rain?』、そして、そのアンサーソング:『Who'll Stop The Rain?』、当時はベトナム戦争中、アメリカ軍による北爆を歌った「反戦歌」だという話があります…が、おそらくウソでしょう。トム・ソーヤーの世界に浸っている彼等に遠いベトナムなど思いを巡らすはずもありません。

CCRの1969年の大ヒット、皆さんもよくご存じの『プラウド・メアリー Proud Mary』、E・プレスリーあるいはティナ・ターナー盤ではなく、CCRのスタジオ録音盤でやってみます。



やっぱり、日本語の方が良かった、か…?。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押せばこのサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 


express01 at 17:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Music

September 01, 2011

カフェ:『うい庵』訪ねてはるばると〜

友人に誘われ、彼の友人が始めたおうちカフェ:うい庵を訪ねてはるばる茨城県まで行ってきました。

茨城県稲敷市…、もちろん、聞いたことも、行ったこともありません。地図で調べると、利根川の北岸、ずっと下ると銚子、太平洋に出ます。
この近く…かどうかは知りませんが、…元祖御三家の一人、橋幸夫の1960年のデビュー曲:『潮来笠(いたこがさ)』を連想してしまいます。子供の頃には意味も判らず歌っていましたが、この歳になって…も、やっぱり、よく判りません。今、バンドでやっている洋楽も似たようなものですが…。
潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 〜
薄情そうな 渡り鳥 ♪
それでいいのさ あの移り気な 〜
風が吹くまま 西東 〜
なのにヨー なぜに眼に浮く 潮来笠 ♪



うい庵看板事前に現地道順の説明をメールで頂いたのですが、東京と言っても、西の端:町田市の住民である私には全くイメージ出来ません。悩んだのですが…、「やむなし!」とばかりに、カーナビに頼ることになります。中央高速道に入ってまもなく東京方面が大渋滞、やっとのことで新宿近くになるとその渋滞も緩和、ここで「今までのロスを取り戻さなくては…」とスピードだけでなく、テンションも上がってしまいます。カーナビが何やら「銀座方面に行け」、と言っているようですが、運転している本人は、自分の頭の中に既に出来上がってしまっているルート、東北自動車道〜常磐自動車道を走っています。

うい庵 庭から14時間にも及ぶ道のりを経て、そのうち1時間以上が新宿に向かう中央高速道の上でしたが…、利根川の大きな堤防の下に、ぽつんと目立つ(?)、『うい庵』の看板を見つけました。堤防の降り道がなかなか見つからず、付近を言ったり来たり、お店の裏、見渡す限りの田んぼに面した駐車場に入ります。

ご当主は女性、ガラス細工、うい庵 室内2ボタニカルアート、書道がご趣味の様子でお店には集められた和陶器、着もの、骨董品がよく似合います。私には、ガラス細工はよく判りませんが、彼女の描いた何点かのボタニカルアートが気に入っています。これをを見て、私も水彩画をやってみようと思うのですが、今まで幾度となく芽生えては消えて行ったこの思い…、いつになったら実行するのでしょうね。

うい庵 縁側広い敷地に、母屋と離れ、農機具を収める納屋が3カ所。古くはないが立派な(?)倉、彼女はこの倉をオーディオルームにすべく、大きなスピーカーを用意しています。そう言えば、お店に流れる音楽はジャズっぽく、加えて、昔のThe Supremes も流れていたようです。

昼食には、友人は肉料理、私は、何故か…海に近い…だけを理由に、魚料理を頂きました。

4時間もかかっては大変、と帰路はご当主のアドバイス通り、東関東自動車道〜銀座〜東名高速〜横浜青葉IC〜市ヶ尾を2時間で帰って来ましたが、これにあと町田まで加えるとやはり3時間の道のりでしょうかね。

ギャラリーの一層の充実、オーディオルームの完成が楽しみですね。
商売繁盛をお祈りしております。

Momo holding sign board-HKX Radio※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
   
Your Support, Please. ボタンを押せばこのサイトの順位がわかります。
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング 



express01 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | My Scrap Book
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search