February 2011

February 23, 2011

マスク姿、どこか昔の『霊幻道士』

先日、ドイツに旅行に行った友人の話では、参加した旅行者全員を前に添乗員から一言注意があった由。「感染者と誤解されるので、マスクはしないように。」

通勤客 マスク姿2いつ頃から全く逆なことをするようになったのかは知りませんが、日本人がマスクをするのは病原菌を吸い込まない為の自衛策と同時に、自分の咳やくしゃみを他人に浴びせないための、あくまでも感染予防と為です。逆に欧米では、感染予防と為に身につける習慣が無く、むしろ、マスクをつけているとよほどの重症患者か…あるいは強盗かと勘違いされかねません。

道を歩いていて不愉快になるのですが、今でも日本人男性は唾・タンをはきますが、欧米では見たことがありません。逆に、日本人はくしゃみや咳をするときは周囲に気を遣うのですが、彼らはそれほど気を遣っている様子もなく、鼻をかむことに至っては、とんでもないほど大きな音を立てます。唾・タンは有無を言わさず止めて欲しいが、いずれも生活習慣で誰もが当たり前のことと思っているのですが、この生活習慣の違いが何処に起因するかというと、人口密度ではないでしょうか。他人がそんなに間近にいなければ、誰だって遠慮なくくしゃみや咳、鼻をかんだりするのではないでしょうか。

昔は、風邪を引いて少々熱があっても、コンコン咳をしながらも、つらいのを押して職場や学校にやって来るのが美徳と思われた時期もありました。都心への人口集中が進んだ高度成長の時代、定員の倍もの乗客を乗せた通勤電車は、「授業に遅れる」、「私が行かなけりゃみんなに迷惑が…」とばかりにマスク姿が多くなったのではないでしょうか。日本人の生真面目さと人口密度の高さがマスク姿の氾濫につながったように思えます。
キョンシー6
それにしても今の日本、何か変にマスク姿が多すぎます。私など、暗闇で遭遇したら、昔の『霊幻道士、キョンシー』を思い出して卒倒していまいそうです。

先日の新聞によると、中高生とその親に伊達(だて)マスクが流行の由で、「先生に怒られているときマスクをしていると聞き流せる」と年中マスク姿、先生が注意しようも「風邪・インフルの予防」と言われればそれまで。「窓口で市民に激高されてもパニックに陥らずに冷静に話せる」、とはある公務員。「化粧してないから…」とか、「マスクをしていると落ち着く…」など、どうも『霊幻道士、キョンシー』のおでこに貼られたお札・呪文のようです。どれもこれも一昨年の新型インフルエンザ流行を機に、その対策のためではなく、全く違う理由でマスクが手放せなくなっているようです。

彼らにとって、風邪・インフルエンザ・花粉症はきっかけ、言い訳に過ぎず、マスク姿は居心地のよいことなのでしょう。こうなってくると、風邪・インフルエンザ・花粉症予防の為にマスク着用されている方には申し訳ないのですが、日本人のその姿はまさに病的、何らかの精神疾患を持っているようにも見えます。

朝の散歩でコーヒーを飲みに行くMAC、いつも見かけるおっさんが店を出て行くのが見えます。目で追うと、自転車で来ているらしく、前のカゴから手袋、帽子を取り出し、続いて、マスクをつけて、過ぎ去って行くではないですか。彼は風邪でも、インフルエンザでも、花粉症でも、対人恐怖症でもありません。

理由は簡単、「マスクって暖かい…」。


Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

express01 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Recent Event

February 13, 2011

レナウン、『ワンサカ娘』

60年代ファッション
小林亜星作詞・作曲の出世作。『レナウン娘』と思っておりましたが、正しくは『ワンサカ娘』でした。1961年かまやつひろしにより始めて歌われ、以降、デュークエイセス、ジェリー藤尾、シルビー・バルタン、アン・ルイス、弘田三枝子、久美かおり、ヒデとロザンナ、アン・ルイスなどなど、そうそうたる歴代の歌手が文字、イヤ、タイトル通り、ワンサカワンサ登場しました。個人的にはシルビー・バルタンが好きでしたが…。

「それでは次週を御期待下さい。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ...」と淀川長治の台詞で終わる『土曜洋画劇場』は楽しみな番組の一つでした。レナウンも主要スポンサーの一つでしたが、私の見た『ワンサカ娘』のCMもその時のものでしょう。

まだビデオもDVDもなかった時代、洋画を劇場ではなくテレビで見るというコンセプトは新鮮で、土曜のゴールデンタイム:2時間(9時〜11時)を掌握していた正にテレビの黄金時代であったことは今や昔の話、その主要スポンサーであったレナウンも中国企業に売却されてしまいました。因みに社名の由来はイギリスの巡洋艦の名前、RENOWN。その意味は「有名、高名、名声、声望」 、時代ですね。

『ワンサカ娘』が世に出て今年で50年ですが、今でも古さを感じさせません。多くの人に歌われ、親しまれて来たことをおもうと、この曲はやはり名曲と言えるでしょう。

でも、やはりコマーシャルソング、少々短すぎます。Nobuさんが、ジョーン・バエズ(?)の『Copper Kettle』をインストで加えてメドレーとしました。



Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング


express01 at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Music
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search