October 2010

October 20, 2010

ウォーク・ザ・ライン Walk The Line

walk the line on billboardまもなく始まろうとするフォルサム刑務所でのコンサート、舞台の袖に、復活を遂げたキャッシュが、妻:ジェーン・カーターとともにたたずんでいるシーンからこの映画:『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 Walk The Line 』は始まります。

貧乏/劣等感arrow 02-blackチャンス/開花arrow 02-black出会い/別れarrow 02-black挫折/薬物依存arrow 02-black再会arrow 02-black克服/再起arrow 02-black復活/成就

専門家の高い評価を受けているようですが、ミュージシャンの伝記物ではおきまりの筋立て、どうも私には理解が出来ません。少々くさい日本語の副題:『君につづく道』の通り、単純な恋愛物と理解すべきでしょう。ストーリーは面白くないが、音楽好きの私にとっては「ヘーッ」と感心することばかりです。高い評価の理由は、二人を演じているホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンの歌唱・演奏力、特に彼女の歌唱力がアカデミー主演女優賞受賞を可能にしたのでしょう。音楽に素人の彼らが猛練習して役になりきる。プロの俳優とはこういうものなのでしょう。

1954年、彼は、ジェリー・リー・ルイス、エルビス・プレスリー、カール・パーキンスロイ・オービソンと同じく、サン・レコードのサム・フィリップ (Sam Phillips, Sun Records)に見いだされたのですが、彼らの才能を見い出し、従来のカントリー(ヒルビリー)から白人のブルース、ロックンロール(ロカビリー)に時代が変わることを読み取ったサム・フィリップは類い希なる才能の持ち主だったのでしょう。同じ頃、チャック・ベリーが現れるのも不思議な思いがします。

残念ながら、私は彼の歌っている曲をあまり知らないし、知っているだけで、あまり好きではありません。二人が歌う「It Ain't Me Babe」を聴いたのはこの映画で始めて知りました。もちろん、これはボブ・ディランの曲ですが…、そう言えば、昔、『Girl from the North Country』をディランとキャッシュがデュエットしていたのを思い出します。当時は、何故彼らが一緒に歌うのかどうも理解できませんでしたが、二人に深い親交があったのを教えてくれたのはこの映画です。



カール・パーキンスをサン・レコードに引き込んだのもキャッシュだそうです。作った本人よりもエルビスの歌で大ヒットする『ブルー・スエードシューズ Blue Suede Shoes』、繰り返されるフレーズ:「But don't you step on my blue suede shoes」はキャッシュが兵役でドイツに滞在、誰かが「俺のブルースェードシューズを踏むなよ!」としゃべっているのを聞いた、というのがヒントだそうです。詳しくは『ブルースェードシューズ Blue Suede Shoes』をご参照下さい。

1968年、彼はフォルサム・カリフォルニア州刑務所でのコンサートを実現、ドイツ滞在中に作った彼の最初のヒット:『フォルサム・プリズン・ブルース Folsom Prison Blues』をオープニングに、そのコンサートは大成功、ここに彼の復活は完成したのでした。

カントリー歌手としての地位を不動の物にした彼は、ある時、ベーカーズ・フィールド出身の新人歌手:マール・ハガードとステージを共にすることがありました。

マール・ハガード:「サン・クエンティンではあなたのステージを大いに楽しむことが出来ました。」
キャッシュ:「あのステージに君が一緒に居たとは知らなかったよ。」
マール・ハガード:「いやいや、僕はあなたのステージでご一緒したのではなく、聴衆の一人でした。」

ジョニー・キャッシュはサン・クエンティン刑務所でも囚人慰問のコンサートを行いましたが、マール・ハガードはそこに服役中だったのです。3回もキャッシュのコンサートを見たというのですから、彼のムショ暮らしはかなり長かったのでしょうね。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands


express01 at 23:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Movie | Music

October 11, 2010

高画質でお笑い番組ですか?

「そんなこと、言われなくても、知ってるよ!」、と「アナログ」の表示を無視アナログTV-2-2してきましが、いつの頃からか、画面の上下に黒い帯、上の帯には「アナログ」の表示、下の帯には2011年7月にはアナログ放送は停止される旨の注意書きが現れました。おそらく、次に来るのは左右に追加され黒枠に、「アナログ喪中」のお知らせに、しまいには、中国における外国テレビ報道「劉暁波氏のノーベル平和賞受賞」の検閲・統制のように真っ黒になるのではないでしょうか。とにかく、目障りです。

1985年1月16日(月)に買って以来愛用してきたブラウン管テレビを買い換えることにしました。なぜ買った日付まで覚えているのかと言えば、大阪に逆単身赴任していた私は、次の日の朝、阪神・淡路大震災が発生、大きな揺れに驚いて飛び起き、本棚が倒れるのを目の前にして、何かしなければ…と、前日に買ったこのテレビを台から滑り落ちないように、とっさに押さえるのが精一杯だった体験があるからです。大震災の被害を免れたテレビですが、さすがに15年も経つと、リモコンのチャンネル切り替えや音量調節も出来ないシロモノになっていました。

以前よりニュース、ドキュメンタリー以外でテレビを見ることもなく、好きな映画(DVD)はパソコンで見ていたのであまり不自由を感じることはありませんでした。…が、しかし、その間、BS・CS放送が開始され、DVDもブルーレイに進化、最近では「エコポイント」の誘惑、この「黒帯」に至っては、もう我慢できず、一気に、テレビに加えてHDD/BRD プレーヤーまで買ってしまいました。

「有限な資源である電波の有効利用」、「高画質・高音質で視聴できる」がその目的のようですが、東京タワーに替わる、スカイツリーなるモノが建設中で、新しい観光名所になっているようですが、この建設費用も入っているのでしょうか…、アナログから「地デジ」に移行するには1兆円の費用がかかるそうです。「アナログからデジタル」へ移行の目的であることは理解できるのですが、何故、「衛星」ではなくて「地上デジタル」なのか…、ということです。

その技術分野に身を置いていた友人の話によると、「衛星デジタル」の場合は画像・音声が天候条件(雨・雷)に大きく影響されるが、「地上デジタル」の場合はほとんど影響ない由。今までBS・CS放送を見たことがなかった私にはどの程度の受信障害があるものかは分かりませんが、既にNHK、有料のWOWOW, Skyperfect、そして民放局が衛星放送を運営しているのを考えると、大した問題ではないように思えます。

詳しいことは知りませんが、全国で127社在る民放テレビ各社は県単位で認可され、その県内に独占的に放送することが出来ます。彼らの多くは独自番組を制作する力もなく、在京キー局で制作された番組を中継、それに地元スポンサーCMを付けて放送しているだけの存在です。うがった見方をすれば、技術的問題というよりは、民放テレビとその取り巻きの利権を守るために「地上デジタル」を導入したのではないでしょうか。

長期にわたる景気低迷はさらに加速、一般企業の業績が低迷するのですからスポンサーCMも減って当然で、少なくない数の民放テレビ局が赤字に転落したと聞きます。在京キー局に於いても状況は変わらず、どこのチャンネルを開いてもほとんど同じ、出演者だけが騒いでいる「お笑い・バラエティ」番組、そのスポンサーと来たら、ひと頃の消費者金融は何処へやら、今は「増毛とカツラ」が目に付くのは、私の個人的な関心事だけがその理由ではないでしょう。今に始まった話ではありませんが、ある意味中国のそれと似たところがありますが…、「お笑い・バラエティ以外の番組は制作してはダメ」という、愚民化政策に則った放送検閲・統制があるようにも思えてきます。

そんな景気低迷の中でも、NHK BS の契約数は契約数を伸ばし、WOWOW、 Skyperfect は横ばいながらも業績は好転しているようで、お金を払ってでも良質の番組を見たいという需要が拡大しているのでしょう。昔々、ステレオブームと呼ばれる時代がありました。興味のない、あるいは、好きでもない音楽をいい音で聴くより、少々音が悪くても、好きな音楽を聴くこと自体が私には格段に価値のあることでした。もちろん、いい音で聴くに越したことはありませんが…。

「お笑い・バラエティ」番組を高画質・高音質で視聴してどうするのでしょうかね。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Nobu, Kun & Isa Band の今までの曲は左サイド、I Pod 風のプレーヤーでお聴きになれます。
       
 Thanks for Your Support ▼: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ 人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express BannerHKX Brands

express01 at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Recent Event
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search