June 2010

June 21, 2010

愛なき世界 World Without Love

そういえば、久しく、「流行歌」という言葉を耳にしたことがありません。中学・高校時代、いや少なくとも中学時代には確かに存在していました。

ああ上野駅私は当時関西でしたから、中学の修学旅行は東京、既に開通していた新幹線修学旅行列車で「上京」、…この言葉も既に死語か?…、したはずなのですが、東京タワーに登った以外はほとんど記憶にありません。
高校三年生
昭和30年代は日本の高度成長期、仲間との別れを惜しんで『高校三年生(1963)』を歌い、親元を離れて不安を抱えながら大都会にやって来た、そう、「上京」して来た、『あゝ上野駅(1964)』が「流行歌」の全盛時代だったのではないでしょうか。

あまのじゃくだったのでしょうか、中学で英語に興味を持ったからでしょうか、シングル盤が330円か340円は当時のこづかいの金額からすれば決して安くない金額、ビートルズを買おうか、ビーチボーイズを買おうか、大いに迷ってしまう洋楽派(?)でした。

残念ながら、洋楽派は多勢に無勢、多数派を占める歌謡曲派(流行歌ファン)が主導権を取って修学旅行バス内で歌う為の歌集を作っておりました。まあ、ビートルズやビーチボーイズの歌が旅行の歌集に載ったとしても歌えなかったでしょうが…。
ベンチャーズ
歌えない、ほとんど聞くだけの洋楽派に衝撃を与えたのがベンチャーズでした。「エレキブーム」です。インストで、歌詞がないのですから、楽器が全て。音楽を「聞いて楽しむもの」から「演奏して楽しむもの」に革命的変化を日本人にもたらしました。

若大将HP2:加山雄三の登場でした。同じ湘南の地に育ちながら、先代の石原裕次郎の田舎受けする「流行歌」とは違う、都会的なセンスが光りました。時代は雑誌『平凡』から『平凡パンチ』に移って行こうとしていたのでしょう。因みに、私が初めてギターを弾きながら歌ったのが『君といつまでも』でした。ウーン…、ギターを始めたのはこんなに早かったのに…、考え込んでしまいます。

当時、私も好きだった曲です。彼はどこで聞いたのでしょうか…、今度聞いてみます。ドラムのKun さんが歌う『愛なき世界 World Without Love(1964)』です。※ 関連記事はこちらarrow 01-black「I Go To Pieces」



残念ながら、歌詞を見ながらでないとバックを歌えません。ウーン…(2回目です)、国民的歌謡、団塊世代の応援歌:『高校三年生(1963)』なら、イントロを聴いただけで歌詞が次々浮かんで来るのですが…。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでも聴けます。
       

Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express Banner

June 12, 2010

漢字、 ひらがな、 カタカナ、ローマ字

「ひらがな」は漢字の全体をくずして、「カタカナ」は漢字の一部を借用した日本語の一音節の表記方法、とはモノ知りの友人の言。
7世紀頃には成立、以降、日本語表記には欠かせない便利な文字ですが、芸術性はともかく、本来、文字が持つべき「記号」という意味では明瞭さに欠くように思えるのは、単に私の字がヘタだからですかね。

先日、ニュースでタイでの反政府運動の様子South East Asiaを見ていると、デモのとばっちりを受けたレストラン内部の映像、メニューなのか、お奨め料理なのかは不明ですが、その壁にはローマ字表記で掲示されています。タイにはタイ文字があり、他の東南アジア諸国がヨーロッパの植民地化される中で、日本と同じく、独立を保持したその歴史を考えると不思議に思えます。

そう言えば、近隣諸国のインドネシア語、マレーシア語、カンボジア語、ベトナム語、あるいはフィリピンのタガログ語はローマ字(ラテン文字)で表記されています。外国人の私がインドネシアを訪れた時はこのローマ字表記のお陰でずいぶん救われた記憶があります。(似たような話→『「朝三暮四」、私も知りませんでした』

日本でも戦後まもなく、日本語のローマ字表記を唱えた言語学者がいたようですが実現しませんでした。「日本文化の破壊だ!とんでもない!」ということだったのでしょう。「書道ガールズ」、「漢字検定」の日本人にとって漢字は、カタカナ・ひらがなはもちろん。文化の一部、というより文化・歴史そのものと信じて疑いません。果たしてそうなのでしょうか。

戦艦ポチョムキン映画の古典:「戦艦ポチョムキン」を作ったエイゼンシュタインは漢字の成り立ちにヒントを得て彼の映画理論:「モンタージュ論」に至りました。漢字は単なる記号ではなく、意味のある絵画的な文字です。

それでは、漢字を使う中国人・日本人にどのような、「漢字ならではの」文化的(思想・芸術領域において)特徴があるのか、また、長い間中国歴代王朝の冊封体制下に在りながら漢字を排除した(?)朝鮮半島(ハングル文字)やベトナム(ローマ字)の文化が非漢字化が要因でどのように変化したのか?、その差異は?…。漢字の果たした大きな役割があると思うのですが、日本人にとって漢字は空気や水のようなもので、あって当たり前、考えるまでもない事なのか、どうも納得いく説明を聞いたことがありません。今年の漢字

漢字が苦手な人間の極論でしょうが、ひょっとしたら…、表記文字など文化とは全く関係のないところで使われているのかも知れません。東南アジア諸国が植民地時代の旧宗主国の言語表記を踏襲しても、表記方法そのものは文化にはあまり影響を与えなかったのではないでしょうか。

ローマ帝国の国語はラテン語、その表記は文字通りローマ字(ラテン文字)、帝国の拡大とともにヨーロッパ各地に広がり、特に、キリスト教の国教化(313年)はこれを加速、ゲルマン人の侵入により帝国は崩壊(467年)、中世に入りますが、ヨーロッパ各地に興ったゲルマン諸王国は、言ってみれば、侵入してきた蛮族、より高度な文明を持つ先住民族(旧ローマ帝国市民)を支配・統治して行かなければならず、そこで利用したのがキリスト教(ローマ教皇)でした。ゲルマン人王は自らキリスト教に改宗、ゲルマン人王はローマ教皇の権威を認め、その権威に基づき、ゲルマン王の支配・統治に正当性を与え、その見返りに、ローマ教皇は経済的・軍事的な保護を得、ヨーロッパ全土に宣教活動をローマ帝国領 トルコの位置行います。ローマ教皇を頂点として辺境の末端に至るまでキリスト教聖職者の言語はラテン語であり、これは現代のローマ教皇制度内にも受け継がれているそうです。

ヨーロッパ諸国言語のローマ字(ラテン文字)表記はローマ帝国及びキリスト教(ローマ教皇)勢力の拡大よるものでしょうが、個々の文化に影響を与えたのはローマ字(ラテン文字)表記ではなく、宗教=キリスト教(ローマ教皇)でしょう。逆に、今日我々が見るヨーロッパの諸国の近似性・同一性はキリスト教(ローマ教皇)に由来するものです。現に、アラビア文字からローマ字(ラテン文字)表記に変えたトルコはEU加盟を果たしていません。イスラム教国だから、というのがその理由です(東端にせよ、ローマ帝国領土内にあったのですが…)。▲上図参照

「ワープロを使い始めてから、どうも…」と、言い訳の多い人間の単なる思いつきを書いてみました。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでお聴きください。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express Banner

June 06, 2010

デニス・ホッパー Dennis Hopper

ベトナム戦争は山場を迎え、アメリカでアポロ11は反戦・公民権運動が激化、ウッドストック、アポロ11号が人類初の月面着陸を果たし、日本では学生運動が頂点に達し、大阪万博を控え高度成長に沸き、海外旅行ブームの時代でした。

学生運動民青・全共闘各派の入り乱れるの京都の大学に入り、…京都『』大学です…念のために、当時としては当然のごとく、彼ら新左翼の読むべき本はあらかた読みましたが、どうも学生運動にはなじめないところがありました。上手く言えませんが、漂う、あの「悲壮感」が好きではなかったのでしょう。

「前衛」、それが学生運動であれ芸術を含めた文化であれ、京都という土地柄か、街全体がそんな空気に包まれていたように感じられます。

本でしかその存在を知らなかったアンダーグラウンド(実験)映画、ケネス・アンガーの傑作:『起きあがる蠍(さそり) Scopio Rising 1964年』を実際に見ることが出来たのもそんな京都だったからなのでしょう。この「マーロン・ブランド、革ジャンとモーターサイクルを偏愛・溺愛する男の極めて個人な映画」を知ったかぶりして講釈する「青臭い」私でした。

1970年、時代は沸点を迎えます。


アメリカを探しに旅に出たが、何処にも見つけることが出来なかった」… 映画:『イージーライダー Easy Rider 1969年』の公開でした。

「仕事もせず、のんびり生き、気ままなにオートバイを走らせる人」の意味で、「腕時計を捨て、旅に出る」冒頭のシーンです。アンダーグラウンドの暗い密室から突然太陽の下に放り出されたような、逆光・露出過多の場面故か「白日夢のようにまぶしい」が第一印象とでした。The Byrds、The Bandをはじめとするロック音楽が効果的に使われていることに驚き、かっこいいキャプテン・アメリカことピーター・フォンダよりも、相棒のデニス・ホッパーの強烈な個性が魅力でした。

モータサイクルは二輪故に不安定、それに跨り、無防備に体をさらすからこそ反体制・反権威・反秩序の象徴になりうるのでしょう。マーロン・ブランド主演のハリウッド映画:『乱暴者 The Wild One 1953年』(余談ながら、あのバンド名はこれからとった、とか…)が下敷きにあったことはよく言われる話ですが、ホッパーのポップアート趣味、不良少年趣味(?)から見て、この『起きあがる蠍(さそり)』も念頭にあったことは間違いないでしょう。

The Byrdsの『The Ballad of Easy Rider』, 『Wasn't Born To Follow』以外は(?)全て既存の曲、全編ロケ、低予算とハリウッド映画の常識を破り、「アメリカン・ニュー・シネマ」といわれる時代の始まりました。

元来taxi driver持っていた病的気質か、それともアルコール、コカイン中毒によるものか、精神病院にも入ったこともある彼の偏執症的な妄想は、マーティン・スコセッシ監督の『タクシードライバー Taxi Driver 1976』のロバート・デ・ニーロ演ずる運転手:トラヴィス、そして地獄の黙示録、コッポラ監督『地獄の黙示録 Apocalypse Now 1979年』のマーロン・ブランド演ずるカーツ大佐に彼自身を自己投影することになります。

デニスホッパーが5月30日亡くなりました。賞賛、冷笑、畏敬、それ故の軋轢で終えた彼のハリウッド映画人生でした。哀悼の記事が多く寄せられていますが、このタイトルがいいです。『Dennis Hopper: Hollywood's Uneasy Rider デニス・ホッパー: ハリウッドのアンイージーライダー』、…「休むこと知らない仕事人(Uneasy Rider)」と訳したらいいのでしょうか…。

ご冥福をお祈りします。

Momo holding sign board-HKX Radio
※Profile下のI Pod 風のプレーヤーでお聴きください。
       
  
Support me: 今日の席順は?
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Vist Us:
Hong Kong Express Banner

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search