March 19, 2010

March 19, 2010

『メンフィス・テネシー』 あの子、あんたの何なの?

ようこそ!Kun さん。彼ののドラムが加わり、世間で言う『おじんバンド』の体裁になりました。歳は同じなのですが、30年ぶりにギターを押し入れから出してきた私とは違い、彼は学生時代から今日に至るまでの長いキャリアがあります。

昔、この3人は1年間だけ、大阪で一緒だったことがあります。彼はたった1年で東京に帰り、その成果は「今の奥さんを大阪で見つけたことだけ」、とは周りから聞いた話です。当時はフォークブーム、印象に残るのは、彼の歌う『神田川』の上手かったこと…。これに彼の奥さんは、まんまと…。

そんな3人が知っていると言えばやはり古い曲…、ロックンロールから始めることにしましょう。コードしかたたけない私には、それが2つだけ、というのは実に魅力的です。曲は『メンフィス・テネシー Memphis, Tennessee written by Chuck Berry』です。 



今さらながら、その歌詞を訳してみました。中学生当時ならいざ知らず、実は、今もあまり変わりがないのですが…、歌っていながらその意味もわからないのでは面白くありません。間違っていたらごめんなさい。

telephone operator時代は1950年代の末。長距離電話をかけるには電話交換手(オペレーター)に申し込んで相手につないでもらわなければなりませんでした。

場面は、歌詞の<1番>、都会に出てきた主人公が、遠い故郷に電話をかけようと、長距離電話案内(Long Distance Information)の交換手を呼び出します。

ここで質問です。
「彼がどうしても電話で話したい相手とはいったい誰なのでしょうか?」

話は歌詞の順番通り進んで行きます。
<2番>でその相手が 「僕のマリー」であることが判り、彼の切羽詰まった状況から、読者(聞き手)は彼女:マリーは彼の恋人であると想像してしまいます。ダメ押しの<3番> 、彼女の母親の反対が理由で別れ離れになったくだりで、彼女との悲恋を確信するに至ります。

「愛し合う二人、引き裂かれた二人…」、この流れが、突然<4番>でひっくり返って終わることになります。

「僕のマリーはまだ6歳」、「エッ?」…。

そうです、マリーは故郷に残してきた彼の娘、というオチで終わります。もちろん、彼女の母親とは彼の奥さんですが、この夫婦はあまり仲が良くないようです。

メンフィス・テネシー
<1番>
交換手さん、テネシー州メンフィスにつないでよ
僕に連絡を取ろうとしてきた人を何とか探してくれないだろうか
番号は残さなかったが、誰が電話をくれたのか僕は判ってる
叔父さんが彼女の伝言を壁にメモしておいてくれたからさ

<2番>
交換手さん、お願いだから
僕のマリーにつないでよ
テネシー州メンフィスから僕に電話をくれるのは彼女だけ
彼女の家は丘の向こうの、南側
ミシシッピ・ブリッジから1/2マイルの所さ

<3番>
交換手さん、助けてよ
彼女が恋しいこと、二人で楽しく過ごすこと
もうそれ以上は何もいらないよ
僕ら二人は仕方なく引き離されてしまったのさ
彼女の母親がそれを許さなかったし
テネシー州メンフィスの幸せな家庭を引き裂いたのさ

<4番>
早く帰って来てね、と涙で頬を濡らし(…どうも、これは演歌ですね)
マリーと手を振って別れたのさ
マリーはまだ6歳だよ
交換手さん、お願いだから
何とか、テネシー州メンフィスの彼女につないでよ

Support Me:
にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ  人気ブログランキング

Visit Us: Hong Kong Express, YahooHong Kong Express Banner

『メンフィス・テネシー 』原文▼
続きを読む

Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search