March 2008

March 13, 2008

ジョニー・B.グッド Johnny B. Goode

back to the future映画:「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future) 」は20年以上も前、1985年の作だったのですね。その後、何回となくテレビで再放送されていますが、飽きることもなく毎回見ているような気がします。舞台はそこから30年前の1955年、今から50年前も昔になってしまいます。

特に好きなのは、この映画のハイライトシーン、高校のダンスパーティの場面。バンドのメンバーの一人が指に傷を負い、彼のパートであるギターが弾けなくなってしまいます。その代役を果たすのが、主人公役のマイケル・J・フォックス。役者以前にギターが上手いのでしょうが、彼の歌う(弾く)「ジョニー・B.グッド(Johnny B. Goode)」は上手いものです。

ステージに上がって、それでは…、「オールディーを1曲、いやオールディーから来たんだ(?…と意味不明)」。みんながキョトンとするところからこの曲が始まります。

始めて聞く音楽に全員が興奮状態、盛り上がっている中、指を負傷して演奏に参加できないメンバーの一人も興奮して外部に電話をしています。


「チャック!チャック!俺だよ、俺!」 →オレオレ詐欺ではありません。
「探している音はこれだよ! すごいぞ! 聞いてみろよ!」
そうです。電話の向こうはチャック・ベリー(Chuck Berry)だった、というオチです。

ジョニー・B.グッド(Johnny B. Goode)はチャック・ベリー1958年のヒット、以降、現在に至るまで、この曲はロックンロール、ロックを通して定番中の定番、彼はロックンロールの創始者の一人に数えられています。

カラオケにもあるようですから多くの人に歌われているのでしょう。私もこの曲を歌うことにあこがれているのですが、どうも、ここまでノリのいい曲は苦手です。今からでも遅くはないはず、練習するこにしましょう。

HKXからのお知らせお探しのオススメ商品、ブランドを簡単に見つけることができるようになりました。→ 商品・ブランドランチャー



Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search