September 2007

September 30, 2007

嬬恋、日本のサラダボウル

「嬬恋(つまごい)」とはいい名前です。神話の主人公としてしか知りませんが、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は大和朝廷による国内平定の英雄として、古事記・日本書紀に登場するそうです。朝廷の命による東征の途中、相模の国に居た神が嵐を呼び彼の一軍は進退窮まりますが、お后が入水して、自らの命と引き替えに嵐を鎮めます。タケルノミコトは妻の死を嘆き悲しみ、その後東征の帰路に立ち寄ったこの地で、亡き妻を追慕のあまり「ああ、わが妻よ、恋しい」と嘆き、悲しんだ故事があるそうで、地名はこれに由来します。今は「愛妻家聖地・嬬恋村」とのことです。

因みに、タケルノミコトが東国の平定を終え、東国を望みながら、なおも亡き妻を追慕して「吾妻はや(わが妻よ…)」と嘆いたことから東国を「あづま」と呼ぶようになったと言うことです。なかなか面白い話です。参照→ Wikipedia

嬬恋ヤマトタケルノミコト、日本の神話の舞台というよりは、どこか外国の景色です。今の季節は一面がなだらかなキャベツ畑が続き、稜線まで遮るものがありません。その向こうは大きな空。スタインベックの生誕地、「エデンの東」の舞台、サリナスのように映ります。さしずめ、嬬恋は「日本のサラダボウル」というところでしょうか。

恥ずかしい話ですが、つい最近まで嬬恋とは、2006年に30数年ぶりに行われたという「吉田拓郎とかぐや姫の嬬恋コンサート」のそれと思っていました。上の話題は群馬県吾妻郡、「〜嬬恋コンサート」のそれは静岡県掛川市と、全く別の場所と知ったのはつい最近のこと。初代「〜嬬恋コンサート」も知っていますから、30年以上も誤解していたことになります。幸いなことに、この誤解を人前でさらすことはありませんでした。

若き、吉田拓郎や南こうせつにとっても、「野外コンサートを…!」の構想は1969年の「Woodstock(ウッドストック)」、ニューヨーク州ウッドストックにある、ヤスガーの農場で行われたコンサートがその下敷きにあったのしょう。ゥ〜ン、やはり、私個人のイメージとしては「〜嬬恋コンサート」は群馬県吾妻郡の嬬恋なのですが…。



Support Me: にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ

本業にもお越し下さい。
     
  Hong Kong Express
Hong Kong Express logo





express01 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Music 

September 19, 2007

久しぶりの香港、ほとんど「お上りさん」状態

私のビジネスパートナーは香港人女性。お互いの国の言語は理解出来ず、コミュニケーションはもっぱら英語です。日本人同士でも時に誤解が生じますが、お互いに母国語ではない英語では推して知るべし、いわんや〜おや…でしょう。その2人が同意することは、2人の間のコミュニケーションはせいぜい70%の理解率ということです。言語・国民性・世代・性別そして個人の生い立ち・生活環境等の違いからして、満足しなければならない数値ではないでしょうか。


電話(あるいはSkype)とメールがあるにせよ、やはりお互いの顔を見ながら話すのが最善のコミュニケーションでしょう。Hong Kong Expressの過去の実績の検証・今後の施策に関するお互いの考えを知り、摺り合わせる良い機会です。

この目的の為には1日あれば十分で、香港出張は1泊2日、少し余裕を見て2泊3日というところではないでしょうか。…が、実際は3泊4日となってしまいました。航空運賃を調べるとノースウエスト航空が往復42,000円が最安値、キャセイ、ドラゴン航空となると68,000円。後先考えず、値段だけでノースウエストに決めてしまいました。

午後4時半頃の出発なのですが、香港到着が10時過ぎ、ホテルに夜
中に着いて寝るだけ。帰りは、朝8時過ぎの出発で、送迎用のバスがホテルにピックアップに来たのが朝4時過ぎ。不幸なことに、宿泊したホテルがその送迎バスの始発地、各ホテルをぐるぐる巡って客を拾います。お陰で1時間のロス。総合すると、安上がりでも何でもない結果に終わりました。良かったのは、成田到着午後2時過ぎ、東京都の西端(町田市)の我が家に5時には帰ることが出来たことぐらいでしょうか。

どうも今回の香港出張で疲れたのは上のことだけではないのでは…、と思い、その原因を探りました。「やはり歳か…」ではすまされない疲労感です。決してパートナーとの仕事がうまくいっていない、ということではありません。判りました。4月以降自宅で仕事をするようになり、以降町田市の繁華街へも、いわんや東京都内へも出かけることが少なくなってしまいました。この田舎暮らしに慣れきった人間が久しぶりに、新宿の3倍にも感じられる香港の人混みに、三段跳びに投げ出された全くの「お上りさん」状態になってしまいました。疲れるはずです。混み合った歩道を多くの人が、中国語で当然ですが、歩きながらケイタイでしゃべっています。入ろうとする、Starbuks等のコーヒーショップも一杯のようです。

star ferryというわけで、久しぶりにスターフェリーに乗船しました。九龍から香港島まで20分の船旅です。尖沙咀(TSIM SHA TSUI)の人混みを逃れ、海風を受けてベンチでゆっくりくつろぎながら、次第に近づいて来る対岸の摩天楼群をぼんやりと眺める。これが今回香港で最大の再発見でした。片道運賃5.30香港ドル(85円)。大いに価値があります。

本業にもお越し下さい。
     
  Hong Kong Express
Hong Kong Express logo




express01 at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Recent Event
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search