April 2007

April 24, 2007

リンボウ、Limbo

リンボウ、Limbo。日本人にとって、明るいカリプソのメロディーに乗って踊るリンボーダンスのイメージが強い言葉ですが、実は全く逆の意味のようです。「忘却・無視された状態、刑務所・監獄」を意味し、この<<リンボーダンス>>をとってみても、近世におけるアフリカ黒人奴隷が置かれた状態に起源します。

遡って中世、カトリックのドグマでは「天国と地獄の間にある地獄の辺土。キリスト降誕以前の正しい人・キリスト教に接する機会のなかった善人、洗礼を受けなかった小児や異教徒などが死後に住むという霊魂の世界。」を意味するそうです。

舞台はアラスカの小さな港町、都会から流れ着いた売れない女性フォーク歌手と前夫との間に出来た年頃の娘。その娘も母親の過去に絶望、自らの未来にも何ら希望を持ってはいない。過去の遭難事故を引きずり、妻にも逃げられ、今は町の便利屋で細々と生活する元漁師。やがて、場末の店で歌う子連れ女性歌手と便利屋は恋に落ちます。

観られた方もおられるでしょう。ジョン・セイルズが1999年に製作した「最果ての地(原題:Limbo)」です。mary_elizabeth_mastrantonio売れない歌手役のメアリー・エリザベス・マストラントニオの歌のうまいこと、映画の中で自身「エミルー・ハリスと似ていると言われるの」と言わしめ、その店の常連、人相の悪いブッシュパイロット役のクリス・クリストファーソンが彼女の歌を聴きながらプールに興じているシーンはカントリーミュージックが縁でこの配役が決まったのかなぁ、と思わせます。

この話はともかく、絶望の淵に立つ3人がこの町で身を寄せ合って新しい生活を切り開いていく…のか、と思いきや、ひょんなことから麻薬の運び屋に追われ、3人は冬の近づく無人島でサバイバル生活を始める羽目になります。

昔この島に入植した一家が残したと思われる廃屋での生活は、冬も間近にせまり厳しさを増していきます。vanessa_martinezある日、娘はその廃屋で入植者の娘、彼女と同年齢の子供が残した日記を発見します。たき火を囲んで彼女はその日記を毎夜1ページずつ朗読するのです。日記の内容は、日々生活の苦しさが増していくのを綴っています。彼女は自分以外の人間がこの日記を読むことを拒んでいましたが、ある夜、娘が寝ている間に、母親はその日記を盗み見ることになります。娘の朗読で聞いたページは日記にはなく、日記は何日も前に既に途切れてしまっています。

まさに絶望の淵。ある朝海岸で遠くに飛行機の爆音が聞こえてきます。視界に入った機体は徐々に大きくなり、やがてその水上飛行機は着水、浜辺david_strathairn_kris_kristoffersonまで接近するのを狂喜で迎えます。コックピットから降りたのは店の常連、クリス・クリストファーソン。「燃料不足から3人を搭乗させることも、無線故障で救助要請もできない。もう一度来るからそれまで待っていてくれ」と言い残して飛び立ってしまいます。

再び絶望感が漂う数日が過ぎ、あの爆音が近づき、あの機体が視界に入ってきます。

ここでこの映画は終わります。全くプッツリと終わります。
3人は「地獄の辺土」からの脱出に成功したのでしょうか?…とは愚問でしょうか。

※娘役のヴァネッサ・マルチネスが日記を朗読する、自らの日記を作るシーンが印象に残ります。

本業にもお立ち寄り下さい。↓
    Hong Kong Express
Hong Kong Express logo



express01 at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Movie

April 12, 2007

「ラブハーツ, Love Hurts」

Gram Parson 皆さんは「ラブハーツ」という曲をご存じですか。どこかの化粧品屋さんもその社名に使われていましたが、日本人的発想の「Love + Heart」は(ぺけ・バツ) 、「Love Hurts」が(まる)です。今の若い世代の方々には古いかも知れませんが、現代音楽が発展したのは60年代〜70年代(前半?)でしょう。ラジオ、それに続くテレビの世界的普及を背景に黄金時代を築きました。エヴァリーブラザーズに始まるこの曲は名曲の一つではないでしょうか。

 個人的にはその昔、The Byrds(ザ・バーズ)解散後、メンバーの一人であったグラム・パーソンとエミルー・ハリスがデュエットで歌う「Love Hurts」が好きです。
その直後にグラム・パーソンは事故で(?)亡くなります。

 YouTube を見ているとキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌って入るではありませんか。それもそのはず、舞台はグラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」、生前グラム・パーソンはキース・リチャードと親交があったとのことです。それにしてもキースの半分酔っぱらって(?)、ノラ・ジョーンズにしなだれかかりながら歌う様に、彼女が迷惑しているように映るのが気になりますが…。「ラブハーツ」が如何に様々な歌手にに歌われて来たかの記録がWikipediaにありましたので訳してみました。

 「Love Hurts(ラブハーツ)」はボードロー・ブライアントにより作曲され、1960年エヴァリーブラザーズによりレコーディングされ、その12月彼らのアルバム:「A Date With the Everly Brothers」でリリースされます。1961年3月、ロイ・オービソンは彼のシングル:「Running Scared」のB面で「Love Hurts(ラブハーツ)」をリリース、1962年にはアルバム:「Crying」にも収録。後にグラム・パーソンはエミルー・ハリスとのデュエットをアルバム:「Grievous Angel」で1974年にリリースされます。エミルー・ハリスは1988年のライブアルバム:「Spyboy」にもこの曲を収録。1975年秋、ハードロックバンド:ナザレスによりロックとして成功を収め、かれらのシングルヒットとなり、1976年始めには「ビルボード・ホット100」において8位に登りつめます。同じ頃、ジム・キャパルディのアルバム:「Short Cut Draw Blood」からのシングルカットはUKチャート5位、世界のチャート上位を占めます。「Love Hurts(ラブハーツ)」はシェールに依ってもアルバム:「Stars」に収録され、後に1991年リリースされたアルバムのタイトルトラックに再レコーディング、再リリースされ、ヨーロッパではシングルでのリリース、彼女の2000年代における再起を証明したもので、これが彼女のさよならツアーでした。1990年、ジョーン・ジェットはアルバム:「The Hit List」に収録。


省略

 2005年、グラム・パーソン追悼コンサート:「Return to Sin City」でキース・リチャードとノラ・ジョーンズのデュエットがこの曲を歌う。2006年、ロッド・スチュワートがアルバム:「Still the Same... Great Rock Classics of our Time」にこの曲を収録。

 1975年のナザレスまでは、その歌詞は変わりなく歌われていましたが、以降、オリジナルにある「love is like a stove when it's hot(愛はストーブのようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」は奇妙なことに、「love is like a flame burns you when it's hot(愛は炎のようなもの/それが熱くなると/あなたを燃やす)」と少々非論理的なものに換えられているようです。その定義からして、「ストーブ」とは違い、「炎」は熱いもの以外のなにものでもなく、オリジナルの歌詞の方がより妥当と言えるでしょう。

Support Me: にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ
Visit Us
hkx brand 340-41


以下原文↓続きを読む

express01 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Music

April 07, 2007

もも、ドッグランデビューは果たしたのですが…

「桜」といえば、小生がイメージするのは義理人情のやくざな世界、遠山の金さんが白州に座らされた犯人を目の前に、諸肌脱いできる啖呵(タンカ)、「この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!」。「これにて一件落着」で北町奉行の遠山左衛門尉の見せ場は終わり、舞台はつましい平穏な庶民の暮らしに換わります。「金さん」は面倒見の良い、どこか堅気(かたぎ)ではない、やくざに片足をつっこんだ市井の人に変わります。

わかりませんが、江戸時代中・後期、幕政の改革を行った田沼意次の時代が「金さん」の生きた時代のような気がします。改革の一環として賭博は桜に幕桜に短冊禁止となり、それを逃れる為に花札が生まれたということのようです。花札にも「桜」が登場します。図柄は「金さん」の入れ墨:桜吹雪と同じく明瞭なデザイン、「派手さ」「きんきらきん」。デザインとしては嫌いではないのですが、どうもしっくり来ません。


徳川家康の菩提を弔うために家光により建立された日光東照宮。世界遺産に登録されているそうですが、同じ理由で、あまり好きではありません。仏壇があのように派手になったのは、東照宮完成に伴い多くの宮大工が解雇され、彼らの多くが仏壇製作に関わるようになったのがその理由であると聞いたことがあります。

「散りゆく」、「朽ちてゆく」ところにこそ魅力があるように思えます。


講釈はこのぐらいに、今朝も尾根道緑道に行ってきました。今日・明日が「桜祭」、沿道には数百メートルに渡り露天商が並び、桜見客でごった返していることでしょう。
Holding Momo今回はこの箇所は避け、少々離れたところにあるドッグランに愛犬:「もも」を連れて行ってきました。普段の散歩ではおてんば・やんちゃ娘で通って入るのですが、大きな社会を知りませんでした。ドッグランデビューは既に果たし、今回は2回目なのですが、どうも多くの仲間達に上手く融け込めないようで、じゃれ合って負けそうになると両親の所へしっぽを巻いて逃げ帰って来ます。
まるで子供の時の自分の姿を見ているようですが、いつかは彼女もこの社会に融け込んでいくことでしょう。

※ ↑素顔は恥ずかしいのでサングラスをかけさせましたが、これがいけません。どうも中東風(?)の別人になってしまいました。昔の犬さらいではありません。似ておりませんが、「店長:イサオが愛犬を抱く」の図です。

桜の季節とともに新らしい社会に出られた方も多いことでしょう。どうぞ社会に揉まれてください。きっと、多くの収穫を手にされるはずです。

本業にもお立ち寄り下さい。↓
 
Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


express01 at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Recent Event

April 03, 2007

「花の色は〜」、やっぱりおすすめは尾根道

この季節、特に今年は桜が例年以上に満開のようです。今日付の朝日新聞に「咲き誇れ15秒 桜CM急増」のコラム。1〜3月に始まった桜が登場するCMを見ると、今年は31本で、昨年の2倍、5年前の5倍にあたるととのことです。コラムにもありますが、「和の良さの再発見」というここ数年来の現象(ブーム?)と、阿部首相の掲げる「美しい日本」(プロパガンダ?)が大きく影響しているのでしょう。

「花の色は  移りにけりな  いたづらに   
        我が身世にふる  ながめせし間に」  小野小町
        …とは昔々「古典」の授業にも出てきました。


「願はくは 花の下にて 春死なむ             
        そのきさらぎの 望月のころ」  西行

「散る桜 のこる桜も 散る桜」とは良寛の辞世の句

桜には「華やかさ」の隣に「潔さ」、「せつなさ」、突き詰めれば「死」
がつきまとい、華やかであればあるほど、もの悲しくなってしまします。英語のCherry には「陽気さ」の意味は含まれていても、「潔さ」、ましてや「せつなさ」の意味は微塵もありません。何処に由来するのかわかりませんが、古来より日本人特有の情緒なのでしょう。

…という思いに浸るのは別の機会に譲り、今しか見られない満開の桜を見るべく近所の名所:尾根緑道に行ってきました。

onemichi 4.ご近所にお住まいの方はよくご存じですが、桜並木が1〜2km、これに続いて10km(?)の自転車・歩行者専用道路が整備されています。野鳥保護目的のサンクチャリーあり、ドッグランあり、遠くには丹沢山系の向こうに富士山を望むことができるお気に入りのコースです。


Bike at Macそこは自営業、サラリーマンとは違い、お金はともかく、時間には融通が利きます。朝7時半より仕事を開始する9時までを自転車による体力作りと決めており、この尾根道を往路、登りを7kmで折り返し、復路の途中でマクドナルド、たまには奮発して、いや見栄を張ってスターバックでコーヒーを飲んで一服してから帰るのが楽しみです。季候の良い今から初夏にかけては最高です。ご近所にお住まいの方は是非走って見てください。

店長:イサオが近場の尾根道をリポートしました。
本業もよろしくお願いします。↓
 
Hong Kong Express
Hong Kong Express logo


express01 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote My Scrap Book | Recent Event
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search