December 14, 2018

2018年関西の旅<3> 伊賀上野 〜忍者と芭蕉の街〜

181118_伊賀鉄道猪田道駅舎
▲伊賀鉄道 猪田道駅

 伊賀上野の街、この忍者と芭蕉の街は、平成の大合併で伊賀市に変更されましたが、個人的には何故か伊賀上野の方が好きです。現在では、伊賀市の中心地、旧上野市の地名を表す言葉として残されています。
161101伊賀上野「一の湯」
▲一之湯
 古代律令制の時代(7C〜10C)の広域行政区画「五畿七道」でそこを通る7本の幹線道路のうち、平城京・藤原京、後の平安京を起点に、東山道(近世の中仙道)は草津で東海道へ、  守山・関ヶ原辺りで北陸道へ、3本もの幹線道路が湖東(近江国)から分岐していきます。その古代三街道をなぞったように走る近江鉄道、その南端の終着駅:貴生川(きぶかわ)でJR草津線と接続します。そこが甲賀郡(近江国)、その南に隣接するのが伊賀国です。伊賀国上野盆地(現在の伊賀市)「四十九(しじゅうく)町」は奈良時代の僧、行基に由来します。行基((668 - 749)は、修験道(道教、山伏)の開祖,
(えんのぎょうじゃ =役小角, 7C〜8C)の弟子にて、この地にはは山伏の修験道場「四十九院」があり、後の伊賀流忍術に発展して行く、者発祥の地でした。伊賀国及び近江国甲賀は隣接(「甲伊一国」)、都にも近いが、それほど高くはない山々に取り囲まれ、伊賀国の郡、名張(なばり)、ナバルは隠れるを意味し、は東大寺の荘園、黒田荘の住民は黒田悪党と呼ばれ、伊賀上忍三家(服部・百地・藤林)を指し、東大寺の支配に反抗した。彼等は河内の悪党、楠木正成(1294 - 1336)ともも呼応、後醍醐天皇に与して倒幕運動に参加、後に南朝側につくことになります。
181125_10月20日午前4時上野茅町駅
▲伊賀鉄道 茅町駅
 1962年、伊賀市の旧家から発見された「上嶋家文書」(江戸末期の写本)によると、服部家の上嶋元成の三男が観阿弥で、その母は楠木正成の姉妹であるという。これに従えば、楠一族と服部一族は婚姻関係であるだけでなく、楠木正成は修験道に起源する伊賀忍者を家来にしていたということです。申楽(猿楽)師は「七道の者」と呼ばれ、定住民からは差別的に見られていた。服部一族は一説では秦氏の末裔、養蚕・機織りの機織部(はたおりべ)が服部(はっとり)に変化したものです。

 徳川の時代に入ると、藤堂高虎は伊勢国と伊賀国を持ち、伊賀上野城には、伊賀忍者の上忍(じょうにん、頭目)だった保田采女(服部半蔵の甥)を養子に迎え藤堂新七郎家を造り、城代家老に据えました。1644年、芭蕉は、伊賀上野において、柘植(つげ)出身の無足人であった父、松尾与左衛門と、百地氏の出の母との間に生まれております。無足人とは一種の郷士、苗字帯刀は許されるが無禄であり、芭蕉は藤堂新七郎家、藤堂良精の三男、良忠(俳号:蝉吟)に台所用人・料理人として仕えました。主従共に忍者・山伏に繋がる一族出身、大道雑芸・文学・猿楽などの芸・術の素養の一つに、連歌、その最初の三句を「発句」、後の「俳句」を創造する素養があったのでしょう。最大のスポンサーである藤堂良忠(俳号:蝉吟)を亡くした芭蕉は、西鶴・近松など既に元禄文化の爛熟する大坂だはなく、処女作「貝おほひ」を上野菅原神社に奉納して、新天地、江戸に向かいます。江戸での最初の仕事は神田上水工事の監督でした。何故彼は治水工事の監督が出来たのか?大きな謎ですが、やはり彼の出身一族、雑芸(猿楽)>治水治山・土木>伊賀忍者・修験道に繋がります。

 少し時代は異なりますが、関ヶ原戦い(1600)に勝利した家康は江戸城及び関東の地を本格的に整備します。江戸城半蔵門から家康の脱出ルートと呼ばれる甲州街道、武蔵国の西端に八王子の街、そこを守るべく、を武田信玄のお抱え猿楽師、大久保長安が滅亡した武田・後北条の旧臣を組織して「八王子千人同心」を作り上げます。後に一族は家康に抹殺されることになるのですが、一介の猿楽師にすぎない大久保長安が治水治山・金山開発を行い、一時は金山奉行までに上り詰めました。彼は、伊賀国の南隣大和国出身、自の先祖を観阿弥と同じく秦河勝と述べており、猿楽・大道芸と鉱山・治水治山・養蚕・機織り、一方では修験道・山伏など山岳宗教集団、技術者集団の甲賀・伊賀忍者にも繋がって行きます。

 藤堂高虎が造った城下町、伊賀上野、外様でありながら津・伊賀の二カ国を手にし、一方では惣と呼ばれる伝統的な自治制度を温存、町衆による自主的な祭「上野天神祭」を保護、小堀遠州を師として茶の湯を広めました。その為か、街の大きさの割には多くの和菓子屋さんが存在します。
181207_上野湖月堂店内
▲和菓子屋「湖月堂」
 友人の奥さんの奨めで、 今回は「湖月堂」さんの最中「高虎」をお土産に買って帰りました。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 20:30|PermalinkComments(0)│ │Recent Event | History_Japan

December 05, 2018

Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘

181016_Rock 'n' Roll Xmas At 嵐が丘_Post Card

 お店のママに頼み込んで、むりやり恒例にしてしまった感のある、題して『Rock 'n' Roll Christmas Live at 嵐が丘』、開催日、12月22日(土)まで、考えてみれば3週間を切ってしまいました。ご披露する曲目が決まったのが1ヶ月前、前回(今年3月17日)演奏した14曲から7曲を引き継ぎ、新しく8曲(7曲+1曲)を加えました。

<1> Lodi
 我々K.A.Y.A. Band のルーツはと云えばC.C.R.にあります。ストレートなロックなのですが、<カントリーぽさ+南部ぽく>て好きです。今回も、この曲を含めて3曲を歌います。

<2> Black Is Black by Los Bravos
 非英語国(ポルトガル)出身で一時は英米のヒットチャートを席巻しました。我々の選曲からすれば異端ですが、皆さん知っている曲でもあり、レパートリーに加えました。<10>Del Shannonが亡くなる前、彼のオーストラリア公演で歌っていました。

<3> On The Road Again by Wllie Nelson
大御所、ウィリー・ネルソンの曲です。

<4> Peaceful Easy Feeling by The Eagles
 この曲が今回のライブの最大の難所の一つで、先ずは、ドラムKunさんの歌、私のバックアップコーラスに不安があり、次ぎにNobuさんのギターによる間奏がまだ安心して聞けるまでには至っていません。それに、好きな曲なのですが、やたらと長いのです。

<5> Proud Mary by C.C.R.


<6> Tequila Sunrise by The Eagles
 ギターのNobuさんが歌って、私がバックアップコーラスをいれます。私のセミアコギターのルンバ(?)ぽぃリズムにコードG6が効いています。何よりも救われるのは、曲が短いと云うことです。これも<4> Peaceful Easy Feelingと同じくThe Eaglesが当初、カントリーぽぃ路線を走っていた時期の曲です。 後に、彼等はジョー・ウォルシュを迎え、カントリーから離れていきます。


<7> Rock'n Roll Christmas by George Thorogood and The Destroyers
 唯一、クリスマスの曲。私はNobuさんの歌でこの曲を知ったのですが、どうも、ロックンロールが全盛の50年代の曲のようです。

ここで30分の休憩。

<8> Pretty Woman by Roy Orbison
1964年、全米・全英で第一位、1990年映画『プリティ・ウーマン』の主題歌として大ヒットしました。皆さんに楽しんで頂ける、今回の目玉の一つです。

<9> Who'll Stop The Rain by C.C.R.
 彼等の初期のヒット「Have You Ever Seen The Rain」のアンサーソングと云われていますが…。

<10> Runaway by Del Shannon
 目玉中の目玉。日本では飯田久彦(?)が歌って大ヒットしたことを知る人は今や70歳代です。本当は私が歌いたいのですが、サビの裏声が高くて出ません。名曲です。Nobuさんが歌って、私がバックコーラスをやります。

<11> Sister Golden Hair by America
 もう一つの難所です。Nobuさんの歌に、Kunさんと私がバックコーラスを付けるのですが、何回もやっているにも拘わらず、どこか不安の残る曲です。私がバックからはずれた方が良いかも…。

<12> Surfin' USA by The Beach Boys
 チャック・ベンリーの『Sweet Little Sixteen』の盗作、失礼、改作と云われています。



<14> Take It Easy by The Eagles
 やはり、これは名曲です。

<15> Johny B. Goode by Chack Berry
 誰がアメリカでロックンロールを始めたかは判りませんが、この人・この曲がすぐその近くにいた事だけは事実です。1985年の映画『Back To The Future』の高校のパーティ、マイケル・Jフォックスがギターの演奏を披露しています。

 バンドメンバー個々人の練習に加え、1週間前の16日、全員での練習日があり、なんとか難所を乗り越えたいと思っています。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 14:53|PermalinkComments(0)│ │Music | Local
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
The K.A.Y.A. Band
Search