June 10, 2019

私の「居場所」

  昔から、カミさんは早寝早起き。夏に向かって行く今からの季節、日の出とともに、明朝のそれは4時25分、いやそれ以前に起床、愛犬モモと朝食を食べ、5時には二人で散歩に出かけます。

 私どもは団地住まい。窓部はかなり前に二重ガラスに交換、2年前の大規模修繕時に玄関ドアを交換したので、住居の密封性がさらに向上、言い換えれば防音・冷暖房効果が向上、二人(カミさんと愛犬モモ)が帰宅して玄関ドアを開けると、新幹線や航空機のドアが開いた時と同じように…、気圧が下がり部屋の中の空気が一気に外部に流れ出し、この気圧の変化を耳(体)に感じて私は起床します。

 夜は夜で、午後6時前後、カミさんの夕食が出来上がるのを見計らって愛犬ももが私の部屋のドアをノック、「ご飯ができたよ」と呼びに来てくれます。「ノック」というよりも右手(右前足)の爪でドアを上から下へ「ガリガリと引っ掻く」と言った方が正しいのですが…。こうして、家族全員が集い…、今となっては夫婦二人とモモだけなのですが、夕食は唯一、暗黙の内ながら公式に(二人の間で)認められた、夫婦間のコミュニケーションの場です。夕食が終わると、私は風呂に入り、上がると、テレビの在る居間には行かず、自分の部屋に入ります。カミさんは、その間に洗い物を済ませ、風呂を上がると居間にてテレビ、8時には就寝です。夜8時就寝、朝4時起床、8時間の睡眠は彼女の一貫した半生、私のそれとは少なくとも2時間の時差があります。この時間差、単に時間だけに限らず、人生観・世界観、考え方そのものに「2時間のズレ」があるようです。24時間中の2時間…、この時間差、人はこんな夫婦を「すれ違い夫婦」と呼ぶのかもしれません。

 テレビはほとんど観ることはなく、観るとすれば、録画したBS放送の古い映画を観るだけです。北向き、約9屐複蕎弱)の部屋が、我が家で私が100%自分の思い通りにできる、唯一の場所、「牙城」です。籠城しているわけではありませんが、睡眠を除いて、家の中で最も長い時間を過ごすのがこの部屋です。

スピーカー 今年の1月、今までだましだまし使ってきたパソコンがダウン、思い切って新しくモニターとともに購入。やっとのことで以前と同じように使えるまでになると、今度は、欲が出てきます。以前、凝り性の友人からBOSE社のサテライト・スピーカーとベース・モジュール(ウーハー)を譲ってもらいましたが、アンプなくしては音を鳴らすことは出来ず、かさ高いモジュールは私の部屋の中で長い間邪魔になるだけの存在でした。

 まずは、机の後ろに在るワードローブのハンガー掛けの半分を撤去、ピクチャーレールと絵_2撤去した部分に2段の棚を設置、衣類を畳んでプラ衣装ケースに入れて収納し、空いた空間(下部)に頂いたベースモジュール(ウーハー)を設置、ルーバーの後ろに隠しました。Amazonで購入したスピーカー・アンプを繋ぐと、録音したバンドの演奏、Youtube、Winamp(インターネット・ラジオ)の低音の効いた良い音が流れます。

 ディレクター・チェアと似たようなものを3脚持っていますが、部屋の大きさからすれば2脚がせいぜい、色違いの一脚をテーブルにすることにしました。天板を作り、それを背もたれをはずした脚部に載せてあるだけです。我ながら良い出来です。

 夫婦が食事を共にする、我が家で一番大きな部屋、リビング・ルームには入居当初は壁に絵画・写真を掛けるためのねじ穴みたいなものが設置されていたのですが、壁紙を張り替えた際に全て外から見えないように、壁紙で覆ってしまいました。人生のここまでやって来て、自分が絵を趣味の一つにするとは想像もつかず、今となっては悔やむことしきり。現状では、残念ながら、壁紙を張り替える計画はありません。

 私の支配が及ぶ唯一の部屋、最後はピクチャー・レールの設置です。天井から見た風景詳しいことは判りませんが、団地の集合住宅ですから建物は鉄筋コンクリートの壁に、室内側は石膏ボードに壁紙が張ってあるはずです。壁を叩くと、その場所によって音が違うのは判りますが、そこが中空なのか、あるいは芯材が入っているのか判りません。ネットで知ったのですが「下地探し」という道具があり、押すと先端から長い針が出て、石膏ボードを突き刺し、中空か芯材かを確認します。ビス止めする6箇所全てが中空なので、石膏ボードにアンカーを取り付けました。勉強になりました。

 ピクチャー・レールは多くのメーカーから売り出されていますが、私の希望は…できるだけ天井に近い壁面に設置、レール設置後に、どの位置でもワイヤー・フックを取り付け・取り外しが出来るものを探しましたが、この要望を満たしたのはラーソン・ジュール・ニッポン(株)のCLICK RAIL(ArtiTeq)だけだったように思えます。長さ2mの商品もあるが、長さを短く調整する場合もあり作業及び運賃を考えると、長さ1mを2本買った方が割安です。つなぎ目もほとんど気になりません。満足です。

 喫茶店「嵐が丘」における絵画展から引き揚げてきた私の絵も放ったらかしでしたが、壁にかけると、もっともらしく見えるものです。
絵+テーブル

 今からの夏、冷房は弱くても涼しい、居心地の良い部屋です。日の当たらない私の部屋に居る時間がますます長くなりそうです。

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       


express01 at 21:46|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Recent Event | Lifestyle

May 22, 2019

この曲<29> "Let's Twist Again"

「無事です」 災害発生時、家族に異常が発生した場合は「SOS」を、異常なしの場合は「無事」を示すマグネット・カードを玄関ドアに貼ることになっています。

 関西の友人から、安否を気遣う「LINEもご無沙汰、Blogの新たな投稿もなく、だいじょうぶ?」のメッセージあり。遠隔の友人にはこのブログが安否確認カードです。

 日曜日、私も組合員である管理組合総会に出席しました。同じ団地に住みながら、今まで話したことさえなかった者どうしが、2015〜2016の2年間、組合理事として種々難題(?)への対処を通じて、相互の団結が強まり、今回の総会においても同窓会の様相です。久しぶりの再会に「元気でしたか?」の挨拶。そういえば、最近は、外で会うことが少なくなった人もおられ、何らかの事情で外出する機会が減ったようです。洋楽ファンの皆様はよくご存じでしょう。昔(1970頃)、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)の歌う『Teach Your Children』、アメリカでは小学生のキャンプでも歌われるそうですが、その歌詞に"their father's <health> did slowly go by"、”父親たちもゆっくりと老いて行く”、というフレーズがありました。若い時には、長く感じられる一生から見ると老化は「ゆっくりと」進行するように思うのですが、この歳になってみると、「ゆっくりと」ではなく、階段を一段一段、ガクン・ガクンと下るようなもので、場合によっては足を踏み外してしまう例が周りを見回しても多く見られるようになりました。

 ※因みに、若い時の思いを『Teach Your Children』に寄せて語ろうと思ったのですが、調べてみると「health」が「hell」に変わっているではありませんか。ネット上でもちょっとした論争になっているようです。"their father's <hell> did slowly go by"は、”父親たちの地獄(の記憶も)もゆっくり失われて行く”という意味なのでしょうか…。「hell」とはベトナム戦争(の記憶)?。

 一寸先は闇。お金をかけないで…という条件は付くものの、人には迷惑をかけないことは言うまでもなく、やりたいことをやる。できれば、それが皆さんに喜んでもらえるのであれば尚よし…、とばかりに、夏の団地際のステージに出ようと考えています。我々のバンド、The K.A.Y.A. Bandは本来カントリー・ロックバンド。ドラム、ギター・アンプ、ボーカル・アンプ等のPA、出来ればこれらを調整するミキサーが欲しいところ、これらを主催者側が用意してくれることを条件にしています。団地住民で、先日、喫茶店『嵐が丘』でミニコンサートを実施したジャズ・デュオ(ほとんどセミプロ)がおられるなど、PAさえ用意してもらえば、団地内には1千5百世帯(4千人?)が居住、他にも出演するバンドがあるように思います。

 昨年11月、The Queenの映画『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』公開時の熱狂は、普段ロック、カントリー、ポップス等、いわゆる洋楽に興味がない人さえも巻き込んでの大騒ぎで、私には信じがたい風景でした。この「洋楽に興味がない人さえも巻き込んで…」が私にとっては重要、ステージに上がるかどうかは別にして、どこかで聞いたことのありそうな曲、「ノリ」のよい、あるいは「ノリ」だけのロックン・ロール、そして誰もが耳にしたことのあるオールデイズを中心にやろうと計画しています。

 今回は練習中の曲、チャビィ・チェッカー(Chabby Checker)の『 Let's Twist Again』(1961)をご紹介します。曲間のセリフは難題、バックコーラスは一部がずれており、完成度は高くはないのですが、ブログ更新(「無事」を知らせること?)を優先して公開します。上述のCrosby, Stills, Nash & Youngのズーッと前、さらにはビートルズの出現する数年前、私も同時代ではなく、三十数年前、東京に転勤した時、よく行った中高年の溜まり場『KENTOS』で聴いたのが印象に残っています。

 ※またまた因みに…、『マサチューセッツ(Massachusetts 1976) 』や映画『サタデー・ナイト・フィーバー( Saturday Night Fever 1977)』でおなじみのビージーズ( Bee Gees)は当時、オーストラリア在住、1962年、このチャビィ・チェッカーのシドニー公演で彼の前座を務めたそうです。

 「ノリ」だけの曲、歌詞を訳そうか…とも思いましたが、アホらしくて…止めました。私の時代、そう『Teach Your Children』の時代に比べると、歌詞にひねりがありません。


Chubby Checker – Let's Twist Again

Come on everybody!
Clap your hands!
All you looking good!

I'm goona sing my song
It won't take long!
We're gonna do the twist
And it goes like this:

Come on let's twist again,
Like we did last summer!
Yeaaah, let's twist again,
Like we did last year!

Do you remember when,
Things were really hummin',
Yeaaaah, let's twist again,
Twistin' time is here!

Heeee, and round and round and up and down
We go again!
Oh, baby, make me know you love me sooooo,
And then:

Twist again,
Like we did last summer,
Come on, let's twist again,
Like we did last year!

Twist! Yo!

Who's that, flyin up there?
Is it a bird? Noooooo
Is it a plane? Noooooooo
Is it the twister? Yeaaaaaaahh!

Twist again, like we did last summer,
Come on, Let's twist again,
Like we did last year!

Do you remember when,
things were really hummin',
Come on, let's twist again,
Twistin'time is here

Heeee, and round and round and up and down
We go again!
Oh, baby, make me know, you love me sooooo!
And then:

Come on, twist again, like we did last summer,
Let's twist again, like we did last year!

Come on, let's twist again,
Twistin'time is heeeere! 

Appreciate Your Support▼ご支援をお願いします
     にほんブログ村 歴史ブログ 諸文化の歴史へ  にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ       
 


express01 at 16:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
Profile

ISAO

映画・音楽・歴史、そして、自己流ながら、水彩画を描いています。思いついたことを、気の向いたままに、イサオなりに、深く掘り下げていきます。 ※お気づきの点、改善すべき点をどうぞお聞かせ下さい。

Back Issues At A Glance
QR 携帯電話から読み取ってアクセス!
QRコード
Comments
ISAO's Bookshelf
人気ブログ ランキング
NINJA
Search